この世界の片隅に

人間は思い出に別れを告げることはないと僕は思うわけで。その中で、僕は自分のしてきたことや、やってきたことを常に笑って生きて行けるようなそんな人生を僕は一生過ごしていきたいです。

夏の蜃気楼のプレゼント


夢を見ましたよ。夢を見ました。夢を見たの。夢見た。

もう時間が経ってしまってどんなんだか忘れちゃった。けど覚えてる。あの娘が現れたことだけ。久しぶりに会いました、夢の中で。

昨日学校帰りに似てる人を見た。だからそれで多分あの娘のことを思い出して、きっと夢にまで出てきてしまったんだ。昨日寝る前に少し考えた気がする。

僕はもう好きって気持ちはきっともうどっかにいったんだ。あの娘に誕生日プレゼントにもらったあめ玉を食べて綺麗さっぱり忘れてしまおうか。確か寝る前にこんなこと考えた。


そしたら夢に出て。



なんだかまた思い出してしまったな。もう遙か遠い人。きっと僕だって好きっていう気持ちも薄れてる。

でも今でも大切に想っています。



そういえばあの娘に貸した銀杏BOYZのDVDはまだ返ってきません。でももういいよ。あの娘から連絡が来ないかぎり僕はもうメールはしないよ。多分。だからもうあげるよ。一回しか見てないけど。




さぁさぁ、あの娘の事は思い出にしまって恋をしなくてわ。ね。




なんか女の子を見て、僕がこの人と付き合ったらどうなるんだろみたいなの考えてるとなんだかだめです。


夏は恋してたいよー。でももうだめだー。





明日から梅雨みたい。最低ね。神様どんだけおしっこ溜めてたんでしょ。この日のために。何日間おしっこ出し続けるんだよ。あなたのおしっこ大っ嫌いよ。早く終わらせてね。


もうすぐ暑い季節が来る。

一緒に幸せも連れて来ておくれ。

夢は現実と


怖い夢を見た。それが現実と関係することですんごくドキドキした。ジャングルの中でカマキリがいて、そのカマキリがすんごく大きいの。いきなり変なおじさんでてきて。うん。怖かった。
目が覚めたら夢で面白かったに変わったけど。




夢って楽しいな。

魅力 魅力が包み込む


起きたの5時。夕方のね。なんども起きたけどなんども寝直した。

夢を見ていました。卒業式の夢でした。泣いていました。たくさん泣いていました。それが妙にリアルで。目が覚めて僕は悲しさと寂しさに包まれました。
もう残りわずか。焦りながら送ろうと、そう思いました。ほんとに、ほんとに、卒業式は明日です。そんな事思っただけで、目ん玉がギョッと開いてドキドキしてしまいます。
ドキドキしてしまいます。もうなんかできることはないかな。なんかなんか今高校生でつまらない毎日を送っているのがもったいない気がします。
今、今、なんにもしなくたっていい。もう卒業だけだもん。そんな退屈な日々を変えられないでしょうか。学校へ通えるのもわずか15回くらいかな。
なんかなんかもっともっとやりたいんです。

そう思う僕の心境。









ずっと寝てたな。すごくよかった。起きたらベース弾いて。ライブのために新しい曲覚えて。疲れたからまた寝ましたの。それで今日はおしまい。

すごくすごく短い。今日は土曜日。明日は日曜日。そう感じていました。そうであって欲しかった。もっともっと寝たい寝たい。明日学校に行くのが嫌です。つまらないですもの。

バンド、バンド、ずっとずっとやってたいね。最高だもん。いつまで経っても僕はパンクキッズ。壊れていたいね。イヤホンをしている間がこんなに幸せなんだって。思った。静かな静かな部屋に僕の脳みそだけに響きわたる声。誰にも聞こえないように幸せに包まれる。その時時間を忘れる。
音楽っていいね。







僕は見たの。台所の茶碗に水がたまってて、そこにゴキブリが仰向けになってもがいていました。それをボーっと見ていて2秒後、ゴキブリは全く動かなくなりました。溺れました。水死しました。逝ってしまいました。
僕はなにもしていないよ。あの子が勝手に死んだだけ。僕はそれを見ていただけ。

ざまあみろ。








学校行きたくないな。





ベース弾こ。

Start of sunny day

c0c02cf4.jpg

31日の続き




年が明けて、腹が減り、飯を食いに行くことになりました。米が食いたいということで、今年初の飯は吉野家ということになりました。吉野家の豚丼特盛りつゆダクダクで。

初めてつゆダクダクにしたんですが、ダクダクとはすごいものでした。もうお茶漬けかと思うくらいにつゆが入っていました。

食べ終えて、だらだらと1時間近く居座っていました。なにかと言葉に「初」とつけて、初うざいとかいろいろ言ってました。


4時頃店を出たのかな。もうすんごい眠気に襲われました。健吾はガキ使を見るために帰りました。



僕と清沢は初日の出を見るために野島の展望台に向かいました。ホカロンを買って向かいました。





自転車をこいで向かっている頃には空がだいぶ明るくなっていました。

今年も太陽が昇ります。





展望台に着いて寒い寒い。コンバースを履いた足はもう凍り付いてるかと思うくらいでした。


夜の間、雲一つない綺麗な空だったのに、太陽が出ようとするときには少し雲が出ていました。





7時ちょうど。眩しくオレンジに輝いた光が雲の間から顔を出しました。その時、たまたま後ろを向いた僕は、ずっと遠くに、白くて薄く富士山の姿が見えました。みんなが太陽のほうを見ている中で僕は反対側の富士山を見ていました。太陽が登った正反対の方向に富士山が見えました。

日本の国旗の日の丸の太陽と日本を代表する富士山に挟まれて、今年はいいことがありそうな予感がしました。とてつもなく日本に包まれた感じになりました。そして富士山に向かって手を合わせて願い事をしました。



帰り道に近くの神社によってお参りをしました。


300円でおみくじを買いました。なんとも微妙に中吉でした。


人のために尽くすことで自分自身が成長できるときです
心身共に充実した毎日を過ごすことができるでしょう

健康運 順調に発展する兆しです

恋愛運 あなたの長所をいかしてください

金銭運 思わぬ喜びがあるでしょう



だって。んー、なんとも(笑)






家に帰ったらもう親は起きていて、あけましておめでとうと言いました。

眠かったのですぐに眠りました。初夢を見れる事を想いながら。




そしたら早速初夢を見ました。起きたらもう外は真っ暗でした。5時になろうとしていました。

初夢をしっかりと覚えています。

女の人が現れました。
白と水色のボーダーのニットのセーターを着ていました。顔も覚えているような気がします。いや、もしかしたら思いこみかもしれません。あの人だった気もします。あの娘ではないですよ。


そんな夢を見てしまいました。この夢にはなんか意味があるのか。こんな夢を見たからには今年こそなんらかの出会いがあるような気がします。と言うより願っています。

思いすぎてこんな夢を見てしまったのでしょうか。

どちらにしろ出会いがあることを願います。




目が覚めて、ケータイを手に取り、みんなに一人一人あけおメールを送りました。








では、今年も1年間よろしくお願いします。今年も毎日更新していけるように頑張ります。





おっと、今年の目標を発表するのを忘れてた。

今年の目標は自分らしくとでも言っときましょうか。多分、去年とあんまり変わんないんだけどね。やりたいことをやるみたいな感じかな。うん。とりあえず言葉を変えて自分らしく(笑)

あとはたくさん友達作りたいなと思っています。
新しい生活も待ってるし。



そして今年こそ彼女を!(笑)

毎年の目標だな(笑)



まっ、こんな感じかな。







あっという間に、あけましておめでとうございましたー\(^O^)/
61006025.jpg
247accb8.jpg
6fc0e63d.jpg
2b89105e.jpg
662c419d.jpg
93bdeb04.jpg
01104933.jpg

夢ならば醒めないで

1dd7126a.jpg

友達から僕の事を気になっている女の子がいると聞きました。

そんなこと聞かされたからもうニヤケてしまいますよ。相手はどんな子にしろ自分の事を好きになってくれたら嬉しいもん。嬉しいもん。


嬉しいもん(笑)












でもね、目を開けるともうその光景はなかったの。そう。夢だったの。起きたら暖房付けっぱなしだったせいか汗かいてたし。時計を見たらもうバイトへ行かないといけない時間だし。

ハァー


すんごい嬉しい夢だったのに。夢のなかでもドキドキしてたのに。


起きたら曇ってて寒いしよ。もう寂しいったりゃありゃしない。


あぁーあ、夢のなかはなんて幸せなんだ。現実の世界だったら絶対にありえないことが夢の世界だったらありえちゃうかもしれないんだもの。芸能人とだって付き合えちゃうかもしれないんだもん。昔の記憶にも戻れちゃうかもしれないんだもん。いっつもいっつもいい夢を見る訳じゃないけど、目が覚めた時は楽しかったーって気持ちになるよ。







それにしても今回の夢は残念だぜ。一人くらい僕の事を気になる女の子くらいいたっていいじゃんかよ。でも、ちょっぴりリアルだったから正夢なんかになったりしないかなー。ドキドキしちゃうぜー。






そんな気持ちでバイトにいったら、「なんか良いことあったんですか?」だって。すごいニコニコしてたらしいよ。絶対そんなことないのになー。
しかも、そのあと、「なんかいい夢でも見たんですか?」だって。
すげーや。僕そんな顔してたのかな。そこまで顔にでちゃったのかな。

確かにいい夢でしたよーだ!






ケッ、どうせ夢だぜ。












なんとかクリスマスの予定ができたぜ。女の子はいないけど楽しく過ごすんだもーん。


男と遊ぶ方が絶対に楽しいんだもんねーだ!

あの娘は誰?

bd3a9316.jpg夢見れたや。きっといい夢見れたに違いないんだけど。だってあの娘が出てきた事は覚えてるんだもん。でも、どんな内容だったかまでは覚えてないや。でもきっとあの娘に夢で逢えただけでいい夢だったに違いないんだわ。たっぷり寝たからどんな夢だったのかも覚えてないんだわ。

目が覚めてあの娘にメールしちゃおうかと思ったけど送らなかったや。だって今送ってもバイトで返事返すの12時頃になっちゃうしさ。結構悩んだ末に結局送らなかったんだわ。

今日も1日バイトで終わるんだわ。起きたとき外は曇っててクリスマスを感じたよ。今だにクリスマスの予定は未定だぜ。一人は嫌だぜ。バイトなんて絶対嫌だぜ。男達だけでいいから夜遅くまで遊んでたいんだぜ。クリスマスにカップルでイチャイチャしてるところなんて絶対に見たくないんだぜ。クリスマスなんて大イベントの時に一人で部屋にいるなんてできないんだぜ。僕はお祭り事が大好きなんだぜ。騒ぎたくて仕方ないんだぜ。


おーい、僕はクリスマス暇ですよー。誰か一緒に過ごしませんかーい。



コンチクショー










おーい、見てるかーい?

バイトの時、たくさんあの娘ネタの話されちゃったや。好きじゃないって言ってんのによー。



このブログ、知り合いにたくさん見られちゃってるから書きたいことも素直に書けたもんじゃないんだよ。クラスの誰かが見てたらどうしよ。どーでもいーけどー。まっ、大したこと書いてないからいっか。












んー。メールしてみるかな。とりあえず、文化祭のライブを見に来てくれた事をありがとうって言いたいんだよね。あとは進路は決まったかなんて聞いてみたいかな。好きじゃないのになー。













あぁーあ、明日はやっと給料日だわ。嬉しいぜ。頑張ったぜ。冬服買わないとやばいぜ。財布も買いたいぜ。カラオケも行きたいぜ。

明日はなにしよーかなー。一人で横浜にでも行っちゃおうかなー。誰かに遊びに誘われないかなー。








寝んべー

恋と微笑み

テストオワター\(^O^)/

ヤバ、ヤバ、ヤバー\(^O^)/


15分で終わったし。てか、爆睡だったし。起きてテスト中だったこと思い出したし。こりゃダメだー。



ペリー出たらしいよ。1番最初の問題に。昨日、予想してたくせにできなかったぜー。まさか、ほんとにでるとわ。
こりゃ赤点だわー。
2問くらいできたかなー。







1日の気分は、朝の一声で決まるのかな。今日なんとなく朝「ハロー!」とあいさつをした。それからなんだか今日はテンションが高いみたい。テスト期間だからかな。 朝いい事があるとその後なんだかルンルンだもん。やっぱ、朝が大切なんだなー。



今日はテスト1時間だったから帰って寝ますた。


また夢見たよ。おもろいで。


説明してもわかりにくいから書きたくないや。紙芝居にしたいね。


とりあえず学校の前にでかい木があって、その木に軽音部の3年女子が登ってて、それよりちょっと低い木に軽音部の3年男子が登ってて、女子が「ワー」、男子が「イエーイ」なんて言ってどっちがうるさいか対決みたいなのやってた。。僕はこの前の夢と同じ格好してて上半身裸。ワイシャツの上に寝そべって坂をすべってた。
坂はもちろんアスファルトなわけで、ワイシャツがビリビリになってて、上半身裸の僕は体にケガを負ってたよ。痛々しかった。



そんなとこで、現実の世界で僕のまわりを蚊が飛んでいたようで「プーン」と言う音にゾッとして目を覚ましたよ。目が覚めて蚊をぶっ殺したよ。



ほら意味わかんないでしょ。おもしろい夢だったんだけどなー。





明日もテストかー。ダルフィス。政経とライティングだっけかな。







カラオケ行きてー

たった今ユーモアな夢見ました

よくわかりませんが、なんかの専門の体験に行っていました。


いや、なにをしていたのかよくわかりません。


1度家に帰り、また外に出ると外は一面中が雪になっていました。


そこにいたのは、健吾、清沢、森本良太(全然仲良くない(笑))、あと一人くらいいた気がします。


みんな全裸で雪合戦をしていました。
僕は上半身だけ裸で参加していました。


いきなりどこかへ行く事になりました。


健吾と清沢は車で僕は何故か熊谷の原付で(熊谷の原付タイヤパンクしてるんです)

あまりにも遅すぎて10キロくらいしかでないので、原付を捨てて走りました。


気付けば誰かに追われていました。


薄緑色のゴミ収集車で追い掛けてきます。





走って逃げていきます。


昔住んでいた町に来ました。今、僕は昔の家に住んでいるようです。


そういえばこの夢には前があって、前の話になりますが、手榴弾が2つ家にありました。父が軍隊だったらしく持っていたようです。

よくわかりませんが2つとも僕がピンを抜いてしまいました。おっことしただけで爆発してしまうようです。




と、その夢の話を思い出し、手榴弾を家にとりにかえってゴミ収集車に投げてやろうと思いました。が、気付けば家を通り過ぎていました。


途中で健吾と清沢はどこかへ行ってしまい。


なぞのゴミ収集車から怯えながら逃げていました。まるでかくれんぼのように。


壁にかくれながら覗くとゴミ収集車があきらめたように停車していました。


そのとおりを走って見つからないように通り抜けようとしました。



でも、夢の中で逃げている時ってとてつもなく足が遅いんですよね。気持ちは走ってるのに足が動いてないみたいな。


あと1歩というところでゴミ収集車の運転手と目が合ってしまいました。「どうしよう今目があったよね。また追い掛けてくるかな。」

走って逃げました。

逃げているとガソリンスタンドがあったのでそこに入りました。未来のガソリンスタンドだったようです。

ドラえもんに出てくるような未来の生きもの達がたくさんいました。




そこでクリーム色のゴミ収集車を盗んで逃走しました。



120キロで走っていました。


走っていた道は小学校の時よく通った川沿いの田舎道でした。




前からパトカーがやってきました。赤灯を回して、サイレンを鳴らして走っていました。ほかの車を追い掛けていたからこっちには来ないだろうなと思っていましたが、いきなりパトカーが曲がって追い掛けてきました。


パトカーとゴミ収集車に終われてます。まるでドロケイ。




「パトカーに見つかっちゃったよ。この車盗んだヤツだし、スピード違反してるし、捕まったら終わりだー」


目の前に橋がありました。


僕はそのまま橋に突っ込んで海に落ちようと思いましたが、予想外に飛び越してしまい、その向かいの家に突っ込んでしまいました。










と、こんなところで目覚めてしまいました。

時計を見ると13:31。






今日もいい天気ですね。予定なくて暇だわー。







いい夢で、スリリングで、ドキドキの夢だったー。






出演:河原崎健吾、清沢亮、未来の方々、謎のゴミ収集車


スペシャルサンクス:熊谷の原付





監督:北見の脳細胞













THE END

Summer Vacation 41Days

夢を見た。

あの娘の夢を見たよ。キッドと前田と健吾もいたよ(笑)


なんかよくわかんないけどデートしてたよ。キッドと前田と健吾も一緒に着いてきてたよ。


あの娘と健吾が仲良く話してて嫉妬してたよ(笑) キッドと前田はよくわかんないよ(笑)


それだけだお(^ω^) 妙にリアルだったし(笑)


昨日のオールのせいで起きたら3時。家には僕ひとり。危うく寝過ごしてバイトに遅刻するところだった。



あと1週間くらいはバイトばっかり。今稼がなければ。8月からバイトないから。

全然部活行けてないよ。でも、明日はバイトもないしちゃんと行けるのだ\(^O^)/


明日早く起きれるかなー?\(~o~)/


寝るぞー\(^O^)/

夢で逢えたら

今日の夢に出てきてしまった。どんな夢だったか覚えていないけど、へんなしゃべり方だったような気がする。
なんで夢になんか出てきちゃったんだろう。しゃべったこともないのに好きになるわけないのに。今思い出そうとしても顔もどんなんだか思い出せないのに。
なんでなんだろ。全然考えてないのに。だから、うれしくもないよ。なんでだろうと不思議な気分。


そんな夢を見て、起きたら3時50分。親がなんか食べる?って部屋に来てくれたから起きた。
起きた瞬間。あっ、やべっ!バイトだ!って。今日も5時からバイトだったの。

ただ寝てただけ。バイトに行っても暇で。

僕の土日なんて最近そんなもんさ。ただ寝るだけにあんの。たまに予定を入れてバイト休みにしてお出かけしたり。幸せだ。

大学に行く人はこれから予備校に明け暮れるだろう。遊ぶ暇なんてないくらいに。僕はなにをやってるんだろう。予備校なんて行きたくないし。


進学、就職、フリーター。


進学。

大学、専門。



僕はどこへ行くんだか。

やりたいことやりたいという僕の考えがなにをやりたいのかわからなくしていくよ。


父の日って今日だったの?
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
最新コメント
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ