光のなかに立っていてね

人間は思い出に別れを告げることはないと僕は思うわけで。その中で、僕は自分のしてきたことや、やってきたことを常に笑って生きて行けるようなそんな人生を僕は一生過ごしていきたいです。

過ぎ去りし日々の事

ハローマイフレンド 君と僕は一生の友達さ


銀杏BOYZの新曲、エンジェルベイビーについて、書こうかとちょっと思ったんだけどそんなことではなく、やっぱりこのブログは自分のことのすごく狭い世界。

昨日たまたま行ったDJイベントがすごく楽しくて、それはもう、失ってしまったあの日のようで。さっきまでツイッターに酔っ払って垂れ流しにしてた。

僕は初めて付き合った彼女と別れて、それからなんだか別の世界に行きたくて、新しい人たちに会いたくてそれで初めて行ったDJイベント。そこで銀杏BOYZ好きな友達にたくさん出会って、それからDJイベントで僕らが好きな青春パンクを爆音で浴びて楽しんだ。あれは22か23歳くらいのことだ。彼女と別れたタイミングで初めてついた会社も3年で退職することにした。もうなにもかも変えたくとその時は思っていた。あの頃、僕はまた自由になって、というかそれからもうものすごく自由になって、あの頃はフットサルをやっていたりもしたし、バンドもずっとやっていたし、それで銀杏BOYZ好きな友達とも出会って、それはもう同じ音楽が好きってだけで言葉交わさなくても「この人たちも同じ気持ちなんだな」。そんなすべてがわかったわけでもないんだけどそんな風に気兼ねなく一緒にいれた。きっとみんななにかあった。あの時出会った人たちはみんな同じタイミングで六本木のゴイステ銀杏ナイトにいて。あの夜は最高の夜だった。
あれから僕は少しずつ上を向いて行った。
気が付けばずっと悲しんでいた元カノのことも忘れて、僕はもう随分みんなの知らないところへ来たと思った。新しい幸せだった。
今思えばあれは第2の青春時代のようだった。
そうだった。

それももう終わってしまった。
僕が別れたせいなのかな。

いや大好きな人たちは今もいるんだけど、だけどもう会わない。それにあれから5年でみんな生活も大分変わった。結婚したり、結婚したり、子供できたり。そりゃそうだ。やっぱり僕が1番子供で。そんなことが起こっていくことも想像していなかったし、まさか僕の周りがそんな風に普通に?笑 というか結婚とか子供とか産んだりするなんて本当に想像していなかった。
僕は本当最近になって思った。
今年で29歳になる。やべえ、おれも結婚してえ、と笑。
大分いい年になっていたことに本当に全然気が付いていなかった。百瀬が30歳になるまでに企業するって話を聞いても自分が30歳になるなんてはまるで思っていなかったみたいだ。それがなぜだろ。またミッチーの影響かな?笑
ミッチーの家にみんなで遊びに行った時かな。同級生の男の子が家を買った。それはもう立派な家で。28歳で、おれと同い年で家なんて買えるんだ、みたいな。僕はいろんなことに興味がないんだなと思った。家も欲しいなんて思ってない。ただ、変わっていく周りの人たちを見て、僕もやっぱりこんな幸せ欲しいなんてのはいつも思う。
まず結婚だよな。いや、それより先に彼女、、、涙

ただただ35までには結婚しよう。いや32くらいがいいかな。いや本当はやっぱり30歳で結婚したいけど今相手いないしこれからやること考えると無理だってなって。なので32くらいにどこかの誰かと結婚したいです。なんて思った。いや全然自分の人生に対してこの歳までになにしたいとか今まで考えてもなかったのでこれは素晴らしい目標なのですよ。

そんなことを話したかったわけじゃないんですけど。

そう、第2の青春の話だった。

昨日のイベントであの頃、渋谷のBAR COME ON ROCK(略してバカモン)で鳴らしていた2人の大好きなDJを見て、あの頃、たった2年くらいまであったのかな。あの時の同じように楽しくて、ドキドキもあって。そのことを思い出しました。
そしたら、「ああ、こんなこと思ったってことはあの頃はもう終わったんだな」とか思って。高校を卒業しても、専門へ行ってもずっと高校時代に戻りたいと思っていたあの頃の僕のように。今そんなにあの頃に戻りたいと思っていたわけではなないけど、そう高校時代の青春のように好きな音楽を通して、きっと同じような気持ちでいた人たちと離れ離れになってしまったのが寂しくて。昨日は最高に楽しかったけどその反動で今日はもうからっぽ。
楽しかったなあっていう言葉しかでない。

大好きな人たち。
ハローマイフレンド 君と僕は一生の友達さ。
さよなら 美しき、最後傷だらけになってしまった青春よ。

ロックンロールであなたたちと出会って、世界を変えて、涙を抱き締めて。

ロックンロールは世界を変えて
エンジェルベイビー

またここにしかないどこかへ
いざここにしかないどこかへ

image
image
image
image
image
image

もう一度

d19a64a9.jpg

今日久しぶりに母校を訪れました。高校の時組んでいたバンドメンバーで。空は灰色でした。ポツンポツンとほんの少し雨が降っていました。

学校帰りに直接行ったので慣れない道のバスに戸惑いました。バスから見える景色が学校へ近づくほどに懐かしさがこみ上げてきました。久しぶりと言ってもつい1ヶ月ほど前にも同じ道を通ったのだけれど、それでもあまり来ることのなくなった道に寂しさと懐かしさを感じました。

なんだか空が晴れていないのが惜しい。青々とした緑が登校までの道に広がっているはずなのに、曇り空のせいで暗く、静かでした。

この道を何度登校したのだろう。いつも遅刻して一人で歩いていたんだ。久しぶりに登る学校までのちょっとした山道は卒業して4ヶ月経った僕の足を疲れさせました。

遅刻していてあの角からあの娘が現れたときも僕はあの娘に声を掛けられなかったんだ。おはようの挨拶も。その前の日にメールもしていたのに。

なんて思い出してみたりもしました。



あぁー これが僕が毎日通った校門か。校門の近くまで行くと、もうギターの音などが部室から漏れて聞こえてくるんです。僕の耳にも届いてくるんです。


部室に行くと後輩がしっかりと練習していました。湿気がすごくて蒸し蒸しした部室。一曲合わせるだけで汗が出てくるほどだった。後輩はだいぶうまくなっていた。そうだよな。僕らが卒業して出ていった時まだあいつらは1年生だった。一緒にバンドを組んでいたからそんなに年下に感じなかったんだ。今やっと2年生になったのか。今が一番成長する時期なんじゃないかな。3人の気合いが伝わってきた。それが格好良く見えた。僕なんかより全然先輩に見えた。僕らが合わせているときもこんなんだったのだろうか。


少し時間をいただいて僕らも3人で合わせたんだ。3人で合わせたのは卒業ライブ以来だったのじゃないかな。大した演奏もできないのにみんな集まって見に来た。僕らが卒業した頃に入学して来た1年生たちもだ。僕のことなんて知らないのに。




DEAR MY FRIEND
STAY GOLD
SATURDAY NIGHT
MY FIRST KISS
銀河鉄道の夜



演奏の終わったあとのなんとも微妙な空気は、やっぱり僕は卒業してしまった人間なんだと思った。きっと1年生なんかは「なんだこの人たち」なんて目で見ていたのかもしれない。


暇だったので僕は一人で校舎を歩いた。いろいろと思い出したかったから。懐かしさに浸りたかった。僕らの教室があった廊下を歩いても誰もいなくて切ない。少し悲しい気持ちになったらあの頃の風景が目に浮かんだ。ここでなにをした。そんなことがいくつも。一人で教室を眺めて思い出していた。


ひとつひとつみんなのクラス回ったんだ。

あの娘の教室の前を通るときいつもどきどきしていたんだ。教室のドアを覗けばすぐ手前にあの娘の席があったから。僕はいつも横顔ばっかり見てたんだ。面と向かって話したことなんて5回くらいしかなかったんだな。

なんだかな。あの娘の教室が一番思い出にあったのかも。僕がいることを知ってもらおうと用事のないあの娘の教室によく行ってたんだな。ちらちらとあの娘を気にして。あの娘の座っていた位置も覚えてる。僕は教卓の位置からずっとあの娘の席を眺めてた。もうあの娘は座っていないのだけれど。あの娘の席に座ってしまおうか。そんなことも一瞬浮かんだけどやめました。変態ではありません。座ってしまってもよかったけどなに考えてんだと思いやめました。

それと一番記憶に残っているのは卒業式の日にあの娘と二人きりで会った教室でした。
この席であの娘が僕の卒アルにメッセージを書いてくれていて、僕はあの娘に誕生日プレゼントを渡して、

短い時間の出来事。あの日最後だと言うのになんにも言えなくて自分自身に腹が立ったんだ。悔しくて仕方なかったんだ。


あの時の教室で思い出しました。そしたらなんかなんか目が熱くなってきて。なんだか懐かしさに悔しさを感じて。なんでもうみんななくなっちゃったんだろうと。

なんで僕はもうここにいないんだろう。なんでみんな僕の周りにいないんだろうって。

そんなことが込み上げてきて目が熱くなりました。でももっともっと自分を悔しくてしたくて、もっともっと懐かしさを感じたくて、僕はもっと浸りたくて音楽をかけました。

そしたら僕の懐かしさと、切なさと、悲しさと、悔しさが調和して、どこかの空間に飛んでいきました。瞼の裏側に飛んでいきました。目を閉じて。


目ん玉が少し潤い始めて。なんで僕はこんなに素敵な思い出持ってんだろうって。なんで僕はこんなにたくさんのことに悔しさを感じているんだろうって。


どんな悔しかった思い出も素敵な思い出の一部だから忘れてしまいたくない。だからいつまでも頭の一番上の引き出しにしまってあるのかもしれない。忘れないように、忘れないように。


あの思い出は、思だしたときに切なさに変わる。



忘れられないし、忘れたくない。






素敵な思い出たくさん思い出したんだ。もう一度夢でいいから逢いたい。





僕の頭の中にそんな想いが詰まっている。




もうやってこないのはわかっていても。

僕の青春BGM
BABY BABY/GOING STEADY
d685621b.jpg
dc67e6b8.jpg
81f2d257.jpg
bbcbd8ca.jpg
0cdd8eb9.jpg
70db0b58.jpg
12187cb2.jpg

駆け巡る青春

18ccbee2.jpg
先日ケータイが壊れて今まで撮った画像がすべて消えてしまいました。それが悔しかった。



んですが、今日いじっていたら違う保存先にすべて詰め込まれていました。それが嬉しくて。



今のケータイにしてからたくさん写真を撮ってきた。高3の10月くらいからかな。画像が見つかって眺めていたらいろんな場面が止まったまま写っているじゃない。その場面を見ただけであの時はあぁだったんだよななんて思い出す。一つ一つ、見る度に少しドキドキしちゃったりして。

放課後の校舎から空を眺めていた。空には飛行機雲ができていたからそれを撮ったんだわ。それはなんとなく。なんとなく校舎の窓から外を覗くのが好きだった。向かい側の校舎に女の子がいて、手を振ったら振り替えしてくれた。そんなこともあったな。


いつも見下ろしてたのは緑が気持ちいい中庭。特に高3になってからはよく眺めていた気がする。



中庭には僕にとっては大切な思い出がたくさん詰まってる。放課後退屈で「幸せを探そう」なんて言い初めて四つ葉のクローバーを探したことがあった。水遊びをしたことがあった。軽音で水浴びをしたこともあった。確か僕はスカートを履いて水をかけられないように逃げ回ってた。あれは夏休みだった。
雪合戦もしましたね。緑の中庭も冬になると白くなりました。




なによりも中庭での野外ライブ。高校生活のすべてを軽音に捧げた。あの感動は忘れられない。泣いちゃえばよかった。

最高だったよ、あの時が。









駆け巡る。青春の日々。


場面を見れば思い出せるほど。今思えば素敵な思い出でいっぱいだったんだわ。

誕生日が七夕


なんか今思い出したんで書きます。

もう7月になりましたね。それでもって7月にはイベントがありましたね。忘れてました。7月7日は七夕の日。僕の地元の方では花火大会があるらしいですよ。僕は七夕なんて忘れていたのでバイトですよ。どうせ行く相手もいませんよ。


「七夕かー」なんて考えた時、思い出しました。

7月7日っていう日はとても覚えやすい日です。人の誕生日なんてすぐに忘れてしまう僕でも覚えてました。


過去のことを掘り返します。


高一から高二くらいの時かな。僕は恋をしてたんですよ。好きな人がいました。あの娘じゃないですよ。




その時、好きだった女の子の誕生日が7月7日でした。うん。ただそれだけ。その子とはなんにもなかったの。だから今好きって感情は全くないですよ。あの人はかわいすぎたんですよ。僕には吊り合わなかったんですよ。


うん。ただそれだけです。それだけを思い出しました。好きな子がいたことを。



それもまた思い出ですね。もう昔のことです。






暑いですね。恋をしてたのはいつも夏でしたね。花火大会に誘うのにどれだけドキドキしたことか。





今年の夏はそんなこともなさそう。ドキドキした時間は過ごせなさそう。夏までに恋をしたいって楽しみだったけどもう目の前。






今年の夏はドキドキのない夏でいきましょう。



好きな人は無理矢理作らないの。気がついたら好きになってるの。


そんな恋を待ってるから今年はお預けかもね。





一目惚れだって大ありだけどね。









期待しないで待ってる。


言葉とは反対に期待して。

戻して欲しい


やっと一週間が終わったや。学校に行くのが楽しみじゃない。学校にいたくない。授業は楽しくていいんだけど、なんか環境的に居心地のいい場所ではありません。もう勉強だけって感じ。だから早く休みの日が来て欲しかったんだ。毎日毎日つまんないよ。


なんかな。こんなんじゃなかったのにな。希望に満ち溢れていたのに。すんごく楽しみにしてたのに。すんごいお洒落な人はいないし、友達なんてできないし、学校帰りに友達と一緒に買い物に行くなんてないし。こんなんじゃなかったのにな。

すんごいお洒落な人がいて、その人たちからいろいろ学んで、友達と一緒に買い物をするはずだったのに。全然そんなのないや。想像してた未来とは違ったや。こんなにも違っちゃうと嫌になっちゃうね。こんな今が大嫌いだから平凡だったはずの過去がすんごくよかったんだななんて思っちゃうよ。




卒業式の三日前くらいからもうドキドキだったな。なにがなんだかわからなかった。どう変わっていくかなんてわかんなかった。1日はあっけなく過ぎていって。卒業式の間だって別に大したことなかったんだ。でもなんであの日からみんなに会えなくなってしまったんだろ。

卒業式の日の思い出はもうやっぱりあの娘のことでいっぱいだったな。僕はなにがしたかったんだろ。なんにもできてないんだな。卒業式の日、放課後の教室にあの娘と僕、二人だけ。それだけだったのかな。でも放課後の教室で二人で話したいと前から思ってた。だからそれだけで嬉しかったんだな。なんにもお話できなかったんだけど。
その日、僕はすんごい後悔したんだけど。

だけど卒業ライブでまたあの娘と会うことできて。手紙を受け取って。でももう会うことないのかな。


去年の今頃かな。あの娘とメールをし始めたの。懐かしいな。



やっぱり好きだなー。なんで忘れられないんだろ。なんにもなかったのに。あの娘はいい子だったに違いないんだろうな。なんであの娘と僕は付き合うことができなかったんだろ。

なんでなんで。



僕なんて気持ち悪いから夢であの娘に逢えますようにってボージョボー人形にお願いしちゃった。夢で逢えたらなにかあるような気がして。夢の中だけで幸せでいたくて。もう夢なんて醒めなくていいのに。

でも夢で逢えることはなかったよ。


なんか今が嫌だから久しぶり卒アルを見返しちゃった。あの娘からの手紙もまた読み返しちゃった。


もう、もう。戻りたいよ、戻りたい。僕には戻りたい過去がある。





希望なんてどっかいっちゃったよ。





しがみついてばっかだよ。

暑い夏 熱い夏 厚い夏 篤い夏

39cd5abe.jpg














これが僕らのライブだったのか。

右手を繋いで

ちょうど1年前、なにがあったか覚えてる。


ライブしたんだ。その日の風景も目に浮かんでくる。その日の言葉も、その日の気持ちも。

きっと深く傷ついてる。


悲しみはやってこないけど記憶には深く刻まれた。


そんな事を思い出そうとしても何にも変わらないけど。






でもあれから1年が経ったって事を、あの記憶から1年が経ったって事を深く覚えてる。なんにも意味はないことだけど。












悔しかったあの日のこと。

あなたに

君と付き合えたあの日の事は僕は多分一生忘れられないだろう。なんせ僕の人生で初めて自分の力で動いていけたと思うから。
僕のものさしでは多分君を計ることは事はできなかったんだろう。昔、君と一緒に乗ったバスに乗っています。
しょうもない事で僕が君に疑いばかりをかけてたことが、今になると自分の馬鹿さが改めて痛感できます。

想いになってしまった事は月が経つにつれ目が覚めるからこれからもっと君との出会いをすばらしかったと思うに違いない。

人と人とがわかりあうなんてありえないと思ってた僕を120度くらい変えてしまった君は僕の心の本当に偉人でした。

君はあれからどんな想いをしながら生きているのでしょうか。僕は多分次の彼女ができるまで多分君の事が好きでいると思う。


あぁあ、君よ幸せになれ。素直になんか思えないよ。




今日は君の気分が晴れるまで一緒にいるよ。






国道二号線(改)/ガガガSP

黒い屋根の上

中3の夏。



僕は後輩(成田)と遊び歩いていた。



成田と学校帰り、部活さぼって、万引きしたものを持って、自転車で2ケツして野島の展望台登って、僕の街を見下ろしながらタバコを吸って、万引きした飲み物やお菓子食って。




海が見えて、夕焼けが見えて、僕の街が見えて。






僕の自転車の後ろに乗っていたのは女の子じゃないけど。そんな思い出もよかったかもしれないけど。


僕の後ろには部活の後輩がいて。



中学時代の思い出の1ページです。







悪いこといっぱいしたけど、大人にたくさん迷惑かけたけど。




僕が犯した過ちも、全部よかったことだと言える。






大人の階段を登っているのかもしれない。







1段1段歩んできた道が僕を成長させている。自分でそう感じられる。




決して悪いことなんてしてきてない。







僕は今、17段目の夏にいる。

中学時代

昨日、久しぶりに小学校、中学校同じだった友達に会った。その友達はあまり友達は多くない。中学の時とかガキっぽかった。でも、僕はそういうヤツも好きだった。どうでもいいと言うか、絡みやすい。基本的に誰とでも話す。ほかの人は嫌っていたかもしれないが僕は気にしていなかった。
あの頃はガキっぽくて体はでかいのに小学生のようなシャツとか着てたな。

あの頃は…


僕は気付かなかったんだ。あっちから手を振ってきて。よくわかったなぁ。メガネかけてたのに。最近よく昔の友達に会うんだけどすぐに僕に気付く。あんま顔は変わってないのかな。アイツ、オシャレになってたんだ。ジャケットなんて着ちゃって。随分大人っぽくなってた。『おぉ』って思ったのは一瞬で、アイツはそれまたオシャレな自転車に乗ってて、立ち止まらずすぐに行ってしまったんだ。少し話したかった。アイツは工業高校に行ったから卒業したらすぐに就職なんだろうな。あんなにオシャレになっちゃって彼女でもできたかな。高校は楽しんでいるのかな。仲のよかった友達は今でも仲良いのかな。なんて話もいっぱいしたかったな。ほんとは呼び止めようともしたんだ。でも僕も急いでて。あんまりあえないからなぁ。もしかしたらもう会わないかもしれないのになぁ。同じ街に住んでいてもあまりあわないんだもんなぁ。連絡先とか聞いときたかったな。また会えるといいな。いつかまたどこかで会えるといいな。そしたら話したいことがいっぱいある。いつかまた会えるよね。その時、立ち止まって、呼び止めて、少し話をしよう。また会おう。

そういえば、中学の時、同じ部活で、家も近くて、毎日一緒に帰った友達とも高校に入ってからもう1度も遊んでないなぁ。連絡が来るのはメールで『アドレス変えました。』だけ。忙しいんだろうな。僕も忙しくて遊ぶ暇もないんだけれど会いたいな。またあの頃のように遊びたいな。野球とかしたいな。懐かしいなぁ。

もうみんなに全然会ってないんだよ。かわり他の友達がいるんだ。でも、今でもまだ友達だよ。もし時間があって会う機会があったら一緒に遊びたいな。話したいな。

またいつかどこかで会いましょう。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
最新コメント
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ