光のなかに立っていてね

人間は思い出に別れを告げることはないと僕は思うわけで。その中で、僕は自分のしてきたことや、やってきたことを常に笑って生きて行けるようなそんな人生を僕は一生過ごしていきたいです。

思ったこと

ハローマイフレンド 君と僕は一生の友達さ


銀杏BOYZの新曲、エンジェルベイビーについて、書こうかとちょっと思ったんだけどそんなことではなく、やっぱりこのブログは自分のことのすごく狭い世界。

昨日たまたま行ったDJイベントがすごく楽しくて、それはもう、失ってしまったあの日のようで。さっきまでツイッターに酔っ払って垂れ流しにしてた。

僕は初めて付き合った彼女と別れて、それからなんだか別の世界に行きたくて、新しい人たちに会いたくてそれで初めて行ったDJイベント。そこで銀杏BOYZ好きな友達にたくさん出会って、それからDJイベントで僕らが好きな青春パンクを爆音で浴びて楽しんだ。あれは22か23歳くらいのことだ。彼女と別れたタイミングで初めてついた会社も3年で退職することにした。もうなにもかも変えたくとその時は思っていた。あの頃、僕はまた自由になって、というかそれからもうものすごく自由になって、あの頃はフットサルをやっていたりもしたし、バンドもずっとやっていたし、それで銀杏BOYZ好きな友達とも出会って、それはもう同じ音楽が好きってだけで言葉交わさなくても「この人たちも同じ気持ちなんだな」。そんなすべてがわかったわけでもないんだけどそんな風に気兼ねなく一緒にいれた。きっとみんななにかあった。あの時出会った人たちはみんな同じタイミングで六本木のゴイステ銀杏ナイトにいて。あの夜は最高の夜だった。
あれから僕は少しずつ上を向いて行った。
気が付けばずっと悲しんでいた元カノのことも忘れて、僕はもう随分みんなの知らないところへ来たと思った。新しい幸せだった。
今思えばあれは第2の青春時代のようだった。
そうだった。

それももう終わってしまった。
僕が別れたせいなのかな。

いや大好きな人たちは今もいるんだけど、だけどもう会わない。それにあれから5年でみんな生活も大分変わった。結婚したり、結婚したり、子供できたり。そりゃそうだ。やっぱり僕が1番子供で。そんなことが起こっていくことも想像していなかったし、まさか僕の周りがそんな風に普通に?笑 というか結婚とか子供とか産んだりするなんて本当に想像していなかった。
僕は本当最近になって思った。
今年で29歳になる。やべえ、おれも結婚してえ、と笑。
大分いい年になっていたことに本当に全然気が付いていなかった。百瀬が30歳になるまでに企業するって話を聞いても自分が30歳になるなんてはまるで思っていなかったみたいだ。それがなぜだろ。またミッチーの影響かな?笑
ミッチーの家にみんなで遊びに行った時かな。同級生の男の子が家を買った。それはもう立派な家で。28歳で、おれと同い年で家なんて買えるんだ、みたいな。僕はいろんなことに興味がないんだなと思った。家も欲しいなんて思ってない。ただ、変わっていく周りの人たちを見て、僕もやっぱりこんな幸せ欲しいなんてのはいつも思う。
まず結婚だよな。いや、それより先に彼女、、、涙

ただただ35までには結婚しよう。いや32くらいがいいかな。いや本当はやっぱり30歳で結婚したいけど今相手いないしこれからやること考えると無理だってなって。なので32くらいにどこかの誰かと結婚したいです。なんて思った。いや全然自分の人生に対してこの歳までになにしたいとか今まで考えてもなかったのでこれは素晴らしい目標なのですよ。

そんなことを話したかったわけじゃないんですけど。

そう、第2の青春の話だった。

昨日のイベントであの頃、渋谷のBAR COME ON ROCK(略してバカモン)で鳴らしていた2人の大好きなDJを見て、あの頃、たった2年くらいまであったのかな。あの時の同じように楽しくて、ドキドキもあって。そのことを思い出しました。
そしたら、「ああ、こんなこと思ったってことはあの頃はもう終わったんだな」とか思って。高校を卒業しても、専門へ行ってもずっと高校時代に戻りたいと思っていたあの頃の僕のように。今そんなにあの頃に戻りたいと思っていたわけではなないけど、そう高校時代の青春のように好きな音楽を通して、きっと同じような気持ちでいた人たちと離れ離れになってしまったのが寂しくて。昨日は最高に楽しかったけどその反動で今日はもうからっぽ。
楽しかったなあっていう言葉しかでない。

大好きな人たち。
ハローマイフレンド 君と僕は一生の友達さ。
さよなら 美しき、最後傷だらけになってしまった青春よ。

ロックンロールであなたたちと出会って、世界を変えて、涙を抱き締めて。

ロックンロールは世界を変えて
エンジェルベイビー

またここにしかないどこかへ
いざここにしかないどこかへ

image
image
image
image
image
image

メンヘラ


なんでこんなことするの?
これから一生自分に問いかけ続けなくちゃいけない。

僕は前の正社員の仕事を辞めて今パン屋さんでアルバイトを始めたところだ。なんでパン屋さんで働きてるかって、来年百瀬とハンバーガーを始めるまでの修行なんだ。

「へえ、いいね。」

「できたら行くよ!」


そういう声ばかり。
悪い気持ちもしないが別になんとも思ってないんだと思う。

僕もあんまりなにも思っていない。

自分がこれからやろうとしてることに、すごいだろ?おれはやるんだ。とか思ってる。


でもあまりにも僕はまだ無知過ぎる。
今日、ズバズバと言われて、それを素直に受け止めて、そりゃあ凹んで。

「他人に自分の夢押し付けちゃダメだよ」

ってごもっともなのに。
そうしてたよね。
それを言い訳の理由にしてた。
もしその言い訳がなかったら僕はなぜ百瀬と一緒にやるのか。自分でもよくわかっていない。


今年に入ってなぜだか勢い付いて百瀬と来年一緒に会社やろうと思い仕事を辞めると言い出して。

もうこれしかない。これしかない。
おれはなにやってもダメなんだ。もうこれしかない。一か八か。いや百瀬とならなんとかなる気がする。失敗しても大丈夫。
だから今、一度人生を賭けるしかない。
なんて思ったのかも。

百瀬がやろうとしてることがかっこよく見えて、おれもかっこよくなりたくて。「待って!それおれもやる!」なんてそういう感じか。


僕は一度人生を賭けたことがある。
と言っていいのかな。
今思えば、あの時、挑戦していた。
たった短い間だったけど、アシスタントデザイナーをやっていた時。たった3ヶ月くらいか。
辛い時期があった。
たまたま話がかかったものだった。
そのチャンスに乗った。このワンシーズンでおれは成功すると思っていた。
すごい機会が設けられていた。
アシスタントデザイナーになってからメインデザイナーさんの想像したものを僕が縫い上げて形にしていった。
メインデザイナーの話や参考ビジュアルをもらってそれを生地のグラフィックに落とし込んだ。たった3ヶ月ほどだったと思う。入った途端から初めてやることばかり。縫う技術もあげて、感性はメインデザイナーさんと合わせて、短期間でぐんぐん成長していたと思う。
展示会の日の朝まで服を作り続けた。
出来上がっていなかったから。僕は最後眠ってしまった。メインデザイナーさんが慣れないミシンを踏んだんだと思う。
服が完成してそのままデザイナーさんの運転で表参道へ。
伊勢丹のバイヤーさんの前とかで展示会をしたんだ。
それが最初で最後の僕のコレクション。

きっとメインデザイナーさんこのワンシーズンに賭けていた。もちろん僕も賭けていた。でもメインデザイナーさんにしかわからないきっと財政状況とかもあって、そのシーズン契約がつかなくて、多分あれはメインデザイナーさんの配慮だったんだと思う。僕はクビになった。

メインデザイナーは尊敬できる人だった。
僕は物事の考え方、瞑想、精神力、いろんなことを教わった。
辛く、やりがいの日々だった。
ただやりたいことをやっていたはずなのに次第に辛いだけしかなくて、意地でやっていて、本当になにが幸せなのかわからなくなっていた。報われてなんてなかったらからだと思う。
これが幸せなら僕は違うかも。そんなこと思っていた。

だから、朝いつも通りアトリエに行って、「今日は大切な話があります」と切り出されて「みーくんは今日で最後です」と言われた時、泣きながらホッとしたんだ。
終わったと思った。終わったんだって。

きっとおれの幸せは違うってメインデザイナーさんはそう思ったんだと思う。

おれもその時、終わった、よかったと思ってしまったんだもの。

おれは何者になりたいんだ。
デザイナー時代、仕事ばかりして自由な時間もなくて毎日が過ぎて、これで幸せなのか?と思った。

それが前に一度賭けたことがあるときの答えだった。



僕はこの前の家族旅行が、それは涙が出るほど良いものだったと思ったんだよ。ずっと気付くこともなかった父の気持ちを知れたことが1番嬉しかったのかな。
あの日4人で撮った写真、それを見て、おれもこんな家族が欲しいとその時初めて思った。おれだけが家族で繋がっていなかったかも知れないけど、やっとおれはそう思えた。嬉しくて泣いた。


こんな家族が欲しい、こんな家庭が欲しい。そう思った時におれはまた人生を賭けてなにか始めようとしている。

本当にこれで良いのだろうか。
これがおれの本当に望む幸せに繋がっているのだろうか。

もうそんなことはわからない。

でも何度だってそんな思いがサイクルするんだよ。おれこのまま行って大丈夫なのかな?大丈夫なんだよな。
なんとなく全然不安はないんだ。ないんだけどこれはなにをもって幸せと言えるのか、どこがゴールなのか、いやゴールなんて死ぬまで続いてて、その中で僕は普通の幸せを手に入れることはできるのだろうか。やっぱり大好きな人たちがいて。
それは家族だったり友達で。そういう人が僕にはたくさんいる。
勝手に成功して友達にも幸せな気持ちを分けたいだとか思ってたりするけど、もし失敗したって誰も助けてやくれないし誰もそんなこと望んでいないのに。
なんでなんでなんで、どうして僕はそうするの。


いろんなこと言われて、友達はみんな僕のことを思っていってくれるから、「百瀬はそんなに信頼できるやつなのか?」とかよく言われる。僕はそれを相手の納得行く言葉で返してやることができない。
でもいろんなこと言われてなぜだか大丈夫な気で、まだ引き下がる気にはならないんだ。いや本当に馬鹿だよ。
自分でもこいつとなら大丈夫なんて確信なんて知らないんだから。怖いよ怖いよ怖いよ。

今日は色々言われちまったんだ。

その言葉ありがたく受け止めて、
僕はまだ立ち向かうことにするよ。

本当にそれはなぜなのか。

いやもう、今すぐ幸せになりたいよ。
やっぱりなんでこんなことしようと思ってるのとか思うよ。


神様、神様、

いけるかな、
光の射す場所へ。


お願いだよ。
ただ幸せになりたいだけ。
幸せになれればなんだっていい。


なにでなにしたいとかおれにはわからないよ。なにもしたくないし大切な人をずっと守りたい。


できないなら早くおれなんて死んでくれ〜

時をかける


「時をかける少女」見たねー。僕的には「耳をすませば」の方が青春まっしぐらで好きかな。なんか似てるけどね。


それにしてもタイムリープ使いたいね。タイムリープ使えたらいつに戻ろうか。そんなに前じゃなくていいな。高一に戻ってみたいかな。高一の時、俺とKID英語の時間同じ教室で席隣だったよねー。それで仲良くなったんだよねー。なんかあの夏の日が今、目に浮かぶんだよね。真っ白なYシャツ着て、体育の授業のあとで暑くってだらしなくYシャツの裾だしてさ。開いた窓から通る風が気持ちいいんだ。窓から青い空が見える。今も見える。記憶の中に。


タイムリープが使えたならあのときに戻って、好きだったあの娘と付き合うことができるかな。あの娘に彼氏ができる前に。いつも自分の気持ちに気が付くのが遅すぎるから。




そんな夢見たいな。

ボブの女の子がかわいく見えてしょうがない


もー 恋なんてイヤ!なんちゃって。恋なんてしてませんけどー。


付き合ったことないんだけど付き合いたくないと思います。付き合ったことないんだけど友達の相談とかのってあげたりしてめんどくさそーって思います。きっと付き合ったらアカンのです。付き合って、片思いの時あった好きって感情が、慣れて薄れていってしまうのが怖いのです。好きな人はずっと好きでいたい。好きな人のために頑張ってる片思いの方がいいんじゃないかなって思います。






そんな僕はもちろん童貞です。なんだかここまで来ると童貞を誇ります。誇るってほどじゃないけど大切にします。
童貞ソー・ヤングのCDにオナマシのイノマーの言葉が載ってる。


-----
童貞とボク…

ボクは23歳で童貞を捨てるまでに多くのことを学んだような気がする。23年間という童貞の蓄積があったからこそ、今、こうして生きていられるような気がしてならない。もし、仮にボクが15歳くらいでセックスを覚えてしまっていたら、きっとつまらない大人になっていたはずだ。童貞という想像力と妄想だけの海の中、ボクはもがき苦しみながらも、何かを得ようと必死になっていた。が、正直言ってしまえば、その、“何か”など大して意味もないくだらないモノだったはずだ。
童貞にしか見えないモノやことが、この世には必ず存在する。「王様は裸だ!」と叫んだ少年はきっと童貞だったのであろう(当たり前か?)。が、要はそういうことだ。トトロは子供にしか見ることができない。いい大人でトトロが見えるという男は100%童貞である。くだらないことやどうでもいいことの奥にある、ちょっとした優しさや真実や大事なことに気づくことができる力を童貞は持っている。それはセックスをすればするほど薄らいでいく力である。童貞のささやかな魔法。が残念なことに童貞時代にはなかなか、その特殊な力を自分で意識することはできない。後で気づくのである。あ〜、あのとき、ボクにはあんな力があったんだ… って。

“一発やるまで死ねるか”

23歳まで、ホントにこんな気持ちで毎日過ごしていた。中学、高校とまともに女子と喋ることさえなかった。モテるクラスの友人たちが恨めしくて仕方なかった。みんな、死んでしまえばいいとさえ思った。高校生ぐらいになれば、クラスの中にもセックスを体験する奴が出てくる。「実はB組のA子とやったんだよ」なんていう昼休みのくだらない会話にボクはいつもファックオフサインを送り続けていた。が、家に帰り、パンクロックのCDを聴きながらふと思う。アイツらはオイラが中指を立てている間に、中指を女の子の大切なところに入れてたんだ、と。

-一部省略-

---------


こんな言葉が書いてある。この言葉は童貞の奴らに希望をくれたに違いない。恥ずかしいから僕が童貞ってことは内緒だよ。今日の日記はすんごく気持ち悪いな。

僕の目の前でセックスの話をしないで欲しい。くだらない会話に僕はいつも中指を立てている。ファックと叫んでいる。耳を塞ぎたい。






なにが言いたいんだかわかんなくなってきた。てかなんでこんなこと書き始めたんだかわかんない。下ネタとか大っ嫌いなのに。







わかんね。わかんないけどきっと僕はガキだ。ガキのようにピュアだ。純粋だ。そんな僕を僕は結構好きだ。自分に自信はないけど。18年間生きてきて僕は未だ純粋だ。いやむしろたくさんのことを反省して輝きを増している気がする。いろんなことわかったんだ。体験してないこともたくさんあるけれど。無のようにやさしくなれたらと思う。


やっぱ付き合ってみたい。付き合ったことがないから。なにもわからない。付き合わなくちゃわかんない。

経験のない僕の目には妄想だけが浮かび上がる。幸せだろうか、めんどくさいものだろうか。妄想世界には幸せしか見えてこない。彼女の笑顔に癒されるんだ。



気持ちわりい。





やっぱ意味わかんない。







終了。







妹のバンドが童貞ソー・ヤングやるってよ。

BGM♪
童貞ソー・ヤング/GOING STEADY

桃色の片思い


今日バイト中に言葉のナマった娘が来たなー。

「久しぶりやからテンション上がってしまうんやけどー」




うわー 萌えるー


どこの言葉やろか?関西弁なんかな?
なんか元気があるように聞こえてとてもかわいらしいです。あんな感じに明るい娘がいい。


「うち恋しとる目しとるでー」




ズキューン





なんちって。





冬に向けて好きな人が欲しいぜよ。片思いがしたい。北見は面食いらしいよ。北見って僕ね。面食いなんて嫌ね。なんでこんなんなってしまったんでしょ。そりゃ18年間も独り身ですもん。でもそんなの関係ない。好きになったら好きになるもんだ。好きになられても好きになるもんだ。多分。でももし告白されても付き合わないかもな。中途半端な気持ちで付き合う気は全くありません。わかんないけど。



告白されることなんてないけどー。











冬の桜木町、女の子と歩きたいねー。あんなところに1人だったら寂しくて死んじまうもん。周りはカップルばっか。原爆でも落ちればいい。電動ノコギリでバラバラにしたい。



彼女欲しいけど、彼女いらないかな。付き合ってしまったら、もし恋が実ってしまったら、それまで味わってたドキドキもいつしか忘れていってしまいそう。付き合ってからじゃないとわからない喜びとかもあるのかもしれないけど。僕は知らない。でもドキドキが欲しい。ドキドキしてるだけでいいかも。片思いのドキドキってのは相手からの反応が気になって、その反応しだいで僕の心は遊ばされて。
それでもあの娘の事で頭がいっぱい。


ドキドキやー。



もう失恋はしたくないけど片思いはしたい。両思いなのにお互いに告白しようとしないとかいいな。なんというか駆け引き。恋の駆け引き。



ドキドキやー。





若いな。ピュア。センチメンタルボーイ。










どうにもこうにも好きな人ができないと始まらない。

星に願いを

37992f34.jpg
誰にでも恋してしまいそう。本当は好きになりやすい。少しでも女の子と話す機会があれば誰にでも恋してしまいそう。

そんな些細なドキドキをちょっと楽しんでる。夏だもん、ドキドキしたい。


昨日は本当に素敵だった。夜は僕を包み込んだ。いつもよりももっとやさしく。花火は僕に輝きをくれた。流れる星は僕に夢をくれた。流れ星を見るのは初めてだった。素敵だった。いくつも見たんだ。流れるのを見つけるたびに大きな声で叫んだ。こんな明るい僕の街の中でもお星様は負けずに輝いてくれている。空は高く、なんだか憧れる。夏の黒というよりは紺色の夜空。吸い込まれる。吸い込まれる。

やっぱり素敵だよ、夏は。大好き。18の夏。




僕に本当に彼女は必要なのかな。欲しくなるけどいらない気がする。デートだってしてみたいけどなんだかな。片思いをしているときが一番楽しいんじゃないかな。実らなかったらそれは悲しいものなんだけど、それでも片思いで頑張ってる時のドキドキは付き合って互いに慣れてしまった時には味わえないドキドキなんじゃないかな。ドキドキという心の落ち着かない感情も僕は好きみたい。刺激的なもの大好きだもんね。うん。わかんないけど愛より恋が好きかも。




女の子に、話してると僕の世界に吸い込まれると言われた。僕がなにを吸い込んだ。前にも誰かに言われた気がする。吸い込むか。へー。


僕のどこかに魅力があったらな。あったら僕のこと好きになって欲しいな。





夏が終わる前に。

最後に言わせてくれ


あるカップルたちの物語。



そしてその物語は唐突に崩れ去った。




僕はそのカップルの中立者みたいなものだったと思う。二人をよく知っていた。




男が言った。

「俺がどれだけ相手のことを好きだったかなんて誰にもわからない。証明できるものなんてないんだから。」






ベンチに座り二人で話していた。何故だか僕まで悲しくなった。悔しくなった。


男は俺が悪かったと反省していた。












僕がなにをすればいい。

二人繋ぎ直したいと思った。



ごめんなさい。お願いします。

恋の病


うざいぞ、うざいぞ、この気持ち。


違うんだ。なんでこんなに考えてんだろ。




いきなりどうしたんだ。やめてくれ。話を聞いて欲しい。整理ができないんだ。




毎年、毎年


夏は恋の季節か。

好きという感情


気になるというのは好きという感情に繋がってしまうと思う。少なくとも好意をもっている。

そんなことは認めたくない。



どっかの誰かが「あの子はどう?」なんて言うから意識して見てしまうようになってしまった。それは好きという感情を他人に操作されたよう。


僕は自分で気付くんだ。好きな人は作るもんじゃない。気付いたらそこにあるものだ。感情だ。




好きな人が現れれば僕の恋は始まる。その子はどうか優しい子でありますように。時間が掛かっても付き合うことができますように。

僕は奥手だから横からどっかの誰かに奪われませんように。








いつもあとで後悔してばっかりの僕だから。



素敵な恋をしたいだけ。恋をする相手は一人だけでいいんだ。

きっといつか素敵な女の子が現れるはず。

甘く、すっぱく


今日たくさん寝たんですね。たくさん夢見ました。高校時代の友達に会えました。


ダメですね。あの娘と繋がってしまったために思い出してしまうじゃないですか。彼氏さんのお家にお泊まりしただのってなんだか悔しくなってしまうじゃないですか。



だめよ、だめ。





もう7月ですね。あっと言う間に6月が過ぎた。春だってあったのかわからないくらいに過ぎ去った。夏が来る。夏が来るのか僕らが行くのか。


楽しいこといっぱいあって欲しい。幸せに包まれたい。











僕、生まれ変わりたい。性格とかを治したいとかじゃなくて。また始めから人生をやり直したい。

だって僕はずっと子供でいいんだ。なんて18歳になってまでこんなこと言うの気持ち悪いかも。
これ以上歳を取らなくていいよ。シワクチャになったらなにもできなくなっちゃうから。

僕はずっと悩んで、しょっぱい恋して、なんで生きてるのかわからなくて、そんな人生でいいんだ。20歳になったらまた10歳からでいいからやり直させて欲しい。


ずっと青春のなかにいたいんだ。子供と大人の間の自分の考えと社会への不満が入り乱れる時期に。




いつまでも甘く、すっぱく、人生を送りたい。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
最新コメント
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ