ちょっと、一ヶ月くらい前に組み始めた新しいバンド「生と死と性と詩と精子に捧ぐ」

初めてやる、オリジナルバンド。
下ネタ歌詞にして叫んでます笑


ボーカル、フロントマンは去年のAIRJAM2011から仲良くなったふっくん。あの日はずっと一緒に暴れてた。戦友みたいだ。

昨日、横須賀のBARで初ライブだった。ぼくたちみたいな下品なバンドがやるとこじゃなかったけど、思いっきりやった。楽しかった。爆発した。ぼくはいつもベースを弾きながら歌っていたけど、いまのバンドではベースだけで、だけど、楽しかった。歌いたいけど、その代わりもっと暴れられた。このバンドの4人はやばいやつらで、もうメンツがやばい。熱過ぎる。ヘタクソだけど、魂だけは持ってます。音楽を聞かすためにやってるんじゃなくて、魂をわくわくさせてやろうって感じ。

まだまだだけど、9月15日の野外のチャリティライブもっといいライブできるように頑張ります。そのライブのために新曲作ります。
ぼくたちの歌ってる歌は銀杏BOYZみたいに荒々しく、ビートルズみたいにポップな曲だと思います。

ふっくんはすごいやつで、そいつの隣でやってるからおれもものすごく熱くなってきて。昨日は一緒にやれてよかったなあ。おれと新井とふっくんとバキさん。全員爆発系。
これもROCK。きっとおれたちのROCK。ROCKは魂だから。
綺麗な音は出せないけれど、生きてるという熱い部分感じさせてあげます。

ライブ終わったあと、知らない子に、人妻らしいんだけど、セクシーな服着てて、パンク好きだったみたいで、おれのベースにキュンとしたと言われて、もうそれだけでよかったです。ありがと様でした。


生と死と性と詩と精子に捧ぐをよろしくお願いします。