歌ったさ。声出して歌ったさ。家までの帰り道。

誰かと付き合って別れて傷ついて、歌を歌ってまた好きになる。ああ僕はなにかやらかしてみたいそんなひと時を青春時代と呼ぶのだろう。
とても苦しい時だってあるのになんだかなんでか笑顔見せるよ。ああ君と会えて本当によかった。そんな僕らを青春時代は包むだろう。



ああああ

やっぱり止まったままだった。高校生時代で止まったままだった。蘇るな〜。それなのになぜだろう。三浦のおなかに赤ちゃんがいるの笑
ああなんでだろう。



変わらないさ。
いつまでも。よろしく頼み申す。
幸せになってくれよな、友よ。

ああ