文庫から家まで歩いてて銀杏の青春時代が流れた。

寒さを忘れた。涙が流れそうだった。


ただそれだけさ。


わかっちゃいるさ。知らねぇさ。



いいな〜。