僕は学校に慣れてきてそれとなく頑張っていける仲間ができました。


今日学校帰りにその友達といろんなことを話しました。同じクラスの高校のようにはしゃいでる人たちへの愚痴やら将来やりたいことやら。


みんな同じこと思ってたんだなって少し気が楽になりました。






あと1ヶ月で夏休み。早い。


夏休みははしゃごう。若さを取り戻そう。専門で隠している姿をさらけ出そう。


高校生活を失って、なんだか僕は青春を失った気がします。専門に入ってからは青春なんて言葉の意味は全く感じません。

刺激、恋、馬鹿、そのようなものがありません。







青春時代は終わっちゃったのかな。3月31日を境に僕の青い春はどこかにいってしまったのかな。


高校生活楽しかったなってつくづく思う。この思い出の輝きは永遠で、戻りたいほどの輝きを放っていて、これ以上の楽しかった日々はこれからやってこないんだなと思います。



僕はなにか大切なものを失ったんだ。輝きを一つ失ったんだ。その輝きはもう二度と手に入れられることのない過去の光。

僕は後ろを見てばっかり。過去の輝きばっかり見てる。



悔しいけど輝きは思い出の中に。







もうやってこないんだわ。