今日は花火大会。今年最後の花火大会。

夕方5時に起きました。

花火大会は7時から。





海の見える公園。去年は痛い思い出もありつつ、立ちながら友達と2人で見ていた。



久しぶりに軽音部のみんなで集まって、砂浜に座って打ち上がる花火を見上げた。花火は大きくて、近くて、座っている僕に降り掛かってくるかのように光っていた。



花火が終わってもその場に残ってみんなで遊んでいた。



そのあと、場所を変えてオールをする事になった。



山に囲まれた公園。夜は静かで電灯の灯りだけが照らしてて、大騒ぎするわけでもなく、和やかな感じだった。


ブランコに乗りました。後ろには木があって、真っ暗で、ブランコをこいでいてもなんか後ろが気になって、少し恐怖を感じ、真っ暗な闇の中に人が立っていたらどうしようなんて想像してしまい、どんどん恐くなっていき、ブランコを降りて、後ろを見ると、ちょうど人が歩いていて、それを見てドキッとしてしまい驚きました。こんな夜中にタイミングよく出歩かないでくれよ。

一夏の恐い体験となりました。


あんまり会話もなく、時間は過ぎていき、時計を見るたびに1時間が経過していました。


空が明るくなってきて、おじいさんおばあさんが朝早くから出回り始めました。朝のお散歩ですね。ずいぶん早起きですね。


気付けば公園中、じいさんばあさんだらけ。

お散歩をしたり、犬の散歩したり、体操を始めたり、中年のおじさん達が野球を始めたり。


太極拳をするお年寄り達。僕にはあなたの気が見えません。



だんだんみんな寝てしまい、僕はボーッとしていました。


いつのまにか太陽は隠れてしまい、吹いている風は冷たく、少し鳥肌が立つほどでした。

もう夏も終わりますね。もう風は秋ですね。短い夏でした。夏休みもあと5日。

今日も僕の思い出に残るでしょう。




やっとみんな起き始めて解散。







9時頃に家に着いて眠りに就きました。0052c78c.jpg