光のなかに立っていてね

人間は思い出に別れを告げることはないと僕は思うわけで。その中で、僕は自分のしてきたことや、やってきたことを常に笑って生きて行けるようなそんな人生を僕は一生過ごしていきたいです。

March 2017

PUNKS NOT DEAD SPRING FINAL


おれの人生これからどうなるんだろ、、、ランちゃん。
なんて弱気になったら元カノのこと思い出して、なんか優しくされたい気分。

すごく思い出してるけど、君は今どこでなにをしているんだろう。

もう君からメールは来ないかな。

あの時こうしていれば、あの日に戻れれば、今日はどんな日だったんだろう。

おれもう結婚は無理か。
最近よく友達に言われてしまう。

もうだいぶおれに問題ありのようだ。
どうしてこうなった。
本物のおれを追求した結果だよ。

自分に嘘をつかずに気持ちよく素直にいることがかっこいいと思って。
それはただの自分勝手で相手を傷付けてもかっこいいと言えたのだろうか。
相手側からまったく理解してもらえるわけない。正義と正義がぶつかったんだからしょうがないか。

弱くなるとすぐに思い出す。思い出す人は君なんだ。

本当に君は元気してるのかい?
あれからどうなんだい?


また話聞いてくれたら嬉しいな。
なんで、もう会えないんだろう。


人生やり直してえええ

頑張れ その夢にGO STRAIGHT


言ってきたよ。
上司に仕事辞めさせてもらいますって。

そしたら、
そうだよね。ってあっさり受け入れられちゃった笑 前はすごく引き止められたからちょっと笑 まあおれが引き止められたところで曲がらないのはすぐにわかったのかなと思う。

ああもう僕はこの会社からいなくなるんだなあ。なんでこんな風に進んだんだろう。本当によくわからない。人のせいにするわけじゃないんだけど、僕は自分でこんな風になると思ってもいなかったよ。
ただ、今年の元旦に、退屈で、なんかつまらないから熱い話がしたいなと思って百瀬のところへお邪魔して、でもその時話したのはハンバーガー屋のこととかじゃなくて、今年イベントやろうって話で。
そこから、イベントやろうって、やろうってところからなんでかだんだんと百瀬のお店の話になって、一気に熱くなっちゃったのかな。このタイミングで仕事やめるのは遅いと思うんだけど、この話の流れになってから仕事を辞めるまでは中々早かったと思う笑 むしろ本当なにも考えてなさ過ぎて、それでも行動だけ先にしちゃってて。
本当におれやばいな。

今の仕事全然辞めたいと思ってた訳でもないから。なんなら今の仕事にも夢を見ていたよ。本当にここで働けてよかった。
それを思い起こせば、今働いてるのは前の彼女のおかげで。
でもその彼女とも別れてしまって。1年。
またいろんな関係を壊してしまったから。
そして僕もまた人生を棒に振る。

やり直しだよ。やり直しなんかじゃないんだけど、本当仕事探すとか、また新しく始めるってすごくエネルギー使うじゃん?もう考えるだけで死にたくなるじゃん?
おれなんて能力低いし就活なんて全然うまくいかないし。せっかく3年働いていいポジションになってきた会社もなんでか辞めてしまった。

アホだなあ。

お母さんに話したらさ、いつものことだけどさ。おれの親に理解なんて出来るはずもなく。また悲しい思いさせちゃって。

おれはなんのために、だれの幸せのために生きているのか。

自転車の旅をした時、目的地へ向かうにつれてだんだんと家族の元から離れていくのがすごく寂しく感じたんだ。本当は怖くて怖くてしょうがなかったから。もう帰りたい、帰りたいと思いながら目的地の方へ、家族の元とは反対の方向へ、前へ、進んだよ。あの時の気持ちがまた浮かんだんだ。
同じなんだろうな。
怖くて、帰りたい、帰りたいと思うこともあるんだろう。本当は危険な目にあいたくない、そりゃあいたくない。それでも何故やってしまうんだろう。

おれはなんなんだ。
平凡がいいし、普通は嫌だし、絶対に嫌だし、でも楽はしたいし、楽しく生きたいし、幸せになりたい。
なんもねえ。


今の会社はとても良かった。
夢を見させてくれる社長がいた。

やっぱり夢があるっていいな。
夢がなくちゃ働けないやおれ。



だから百瀬と一緒に夢を追いかけるわ。
その方が楽しそうだから。
本当それだけだ。こっちの方が楽しそうだから。まだ何にもなくてすっごい怖いことなのに、楽しそうって気持ちの方が勝っちゃったんだね。本当に怖いよ。
なんてそれすらも本当はわかってない。

でもきっと大丈夫だ。
大丈夫じゃないと困る。


また頑張るね。
おれの愛した人たちへ。


https://youtu.be/eB2F3DjTJDE

GO STRAIGHT


拝啓、僕の好きな人たちへ。

僕はまた仕事を辞めることになりました。
明日上司へ話してきます。

今年になってなんでこんなに話が進んだのか自分でもわからず、まだわけもわからずですが、ずっとあったものがあって、それがもうすぐで、なんでか僕は今更になって気が付いたようで、焦って、わけもわからずみたいな感じで、でもこれからやることはあって、そのためです。

結局僕は百瀬の言っていた大人になったようです。すごいなあ。
北見はこんな人生になるって百瀬はまだ高校生の時に見てたんだもんな。おれが変わらなかったのかもしれないけど。

おれなりに変わろうといろんなことしてきたつもりだったんだけどな。根本的には変わらないんだよね。

人生なんてイかれたゲームなんだよね?
おれはそんなこと思ってなかったよ。
そんなクレイジーなつもりなかったのに、そういう人とか好きで、気が付いたらおれも周りからクレイジーとか頭ヤバイとか言われてるし。それはおれが若い頃から変わらない気持ちを持ったままで周りがどんどん大人しくなっていったからじゃないんだろうか。僕はとても怖いよ。大人になれなかった僕が。

でもその怖いって感情って考えてみれば人生には必要だよね。当たり前のように生きていることをやっぱり当たり前に思ってはいけないと思うから。そんなこと中々感じない世の中に生きているけど、明日僕が死んでも、、、そういう感じで生きていかなくちゃ、生きたかったのに死んでしまった人に申し訳ないし、生きている僕はこの世の中と僕の人生を全うしないといけないと思う。


そんなに心配しなくてもいいよね。
ダメなら死ねばいいっていっつも口では言ってるけど死にたくないし、本当は幸せに生きていたいのに。全然幸福を感じなくて好きだった大切な人とも別れてしまうし、人を傷付けてしまうし、ねぇ、おれはなんなのさ。


変わらないなあ。
君のことが大好きだから僕は歌うよとか言ったり。全然変わってない。
ずっと自分に自信はないから。
愛してる人とも別れてしまって。
かっこ悪いって思ってます。
本当は今好きだった人に甘えて抱きつきたい気持ちだもの。



また明日、よろしくね。

君は今なにしてるかな。
ハロー今君に素晴らしい世界が見えますか?



またおれ頑張るから、また会えたらいいな。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
最新コメント
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ