どおりでね。
なんでだろう。そういうのあるのかね。なにかあるのかね。流れってのが。空気ってのが。
なんだか28日から急にムードがマイナスになった気がしていたんだ。なんかいろいろうまくいかなくて最終的に自己嫌悪に陥ってた。

そうか、そうだったのか。

あいつとあいつが結婚したのか。

まさか、まさかね。
始めは思っていたよ。全然お似合いじゃないし、嘘だろ?って。

でも、そうなるんだね。
あれからもう4年も経った。

清沢とは今年の初めに会った。
久しぶりに話した。普通のふりしながら心臓バクバクしてた。昔みたいに笑って話した。心臓バクバクしてた。


結婚したのね。

あやは美女と野獣のベルのドレスを着てた。美女と野獣好きだったんもんね。結婚のときは着たいって言ってたもんね。ちゃんと夢叶ったんだ。笑顔素敵じゃん。少し痩せたのかな。ドレス着るためにダイエットしたのかな。懐かしい顔だ。



始めは嘘だって思ってた。
4年前。続きっこないから早く別れろって思ってた。なり行きだろって。

だって清沢、おれと彼女が2人で写ってる写真この写真いいねって言って、自分の部屋に飾ってたじゃないか。

まさかだよ。


親友はいなくなった。
これからも会わなそうだ。
だってあいつにはもうおれは必要ない。
昔あんなに一緒にいたのにな。あんなに支えたのにな。それはもう10年も前の話になる。


あいつらは進んでた。
おれも進んでたよ。

別々の道を。



大丈夫だ。
いいんだ。
おれは最高の選択をした。
最低な男だった。
だからもっといい男にならなくちゃいけないと思った。だから今おれはここにいる。


おれはあの日をバネに、ここまで来た。
すべてを捨てて、やっとまたここまできた。すべてなんて言えるほど大それたことじゃないね。でもあの時は本当に苦しかったんだ。親友と彼女を同時になくしてもうなにも信じられなかった。
そんな悲しい思いからやっと自分に目を向けられるようになって、人生をやり直そうと、世界を変えようと、仕事も辞めて0から始めてみようと思ったのです。

そして今やっとここ。またみんなと同じところらへんまで来れたかな?
経験はそれなりにいろいろ積んだし、技術もまあまあだよ笑 まあ会社につかなくても1人で稼げるんじゃないかってくらいにはできるようになったつもりだよ。でもまだまだ。

でもまだゴールじゃないし全然幸せじゃない。今は面白いことなんてないし。すべてを捨てて僕は生きてる。


こんな話をしたから今の彼女とも別れてしまいそうだよ。
いよいよ僕は本当にどうしようもない男になりそうです。
いや、これこそが男なのでしょう。
もうこれしかないのです。
1番には彼女より自分の未来、これしかないのです。そんなの当たり前だ。
そうなのか?
結婚したら簡単に、フワッとした幸せが手に入りそうだけど。でも僕はいつか嫌になってしまうんでしょう。ああもうだめだ。こんなんなんだ。

愛してるは嘘じゃない。
ただ、愛してるは優しさじゃない。

1番に愛してるのは自分だからなのか。

自分のことがちゃんとしたら、なんにも心配いらないくらいに君を愛するから。

待っててなんて言えない。
そんなのわからないし。

ただそういう気ではいる。

本当に君を幸せにできるようになったら僕と結婚しよう。

そうだよな。そうでなくちゃ。

自分を自信いっぱいの人間へ成長させなくちゃ。
万が一のときがあった時愛すると誓った人を助けることもできなかったらそんなの、それで本当に幸せにします!なんて言えるのかっつーの!





自分を取り戻すために俺は少し離れた場所にいる
甘く狂った生活から逃げ出したいんだ
君とはしばらく会ってないけどそっちの生活はどうだい?
でもこれさえわかっていればいいや
俺はここにいる 今君はそこにいる

これだけは伝えたいな
生きるって気持ちがいい
やりたいようにやるよ
誰も邪魔なんかしないはずさ

空は青く太陽は眩しい
それは誰にだって同じこと
またいつか会えるんだから
「さようなら」は言わないよ


親愛なる友よ
今でも君は自由なんだろ?
親愛なる友よ
俺の声は届いてる?
親愛なる友よ


「愛」ってなんだろう?
「幸せ」ってなんだろう?
「おれ」ってなんだろう?

過去、現在、そして未来へ

人生は続いていく