光のなかに立っていてね

人間は思い出に別れを告げることはないと僕は思うわけで。その中で、僕は自分のしてきたことや、やってきたことを常に笑って生きて行けるようなそんな人生を僕は一生過ごしていきたいです。

November 2014

泣くもんか


ずっとずっと前に進んで、
もう誰も後ろに見えないくらいいったら、
そこにはなにがあるのだろうか。
本当にそこに僕の望む世界があるのだろうか。どんなに進んでも納得いくことはないかもしれない。

それなのになぜ。
若者はまた歩き始める。

考えてもいってみないとわからない。


なんていってみてもおれはどれだけ進んだろうか。
進んだんではなく曲がっただけなのかもしれない。怖いね。

いつまでもあのままでも幸せだったんだ。なにも怖くならないほど幸せだったかもしれない。

人生は長いね。いろいろあるね。
うまくいくといいな。

泣きそうになってきたね笑泣


まだ誰かが俺を救ってくれるなんて心の隅で思ってるんだね。
覚悟を持って、自分一人で生きていかなくちゃ。

ああ〜 泣きそうだ。

涙拭う胸と、熱く燃やしてくれる言葉が欲しい。


明日はどっちだ。

徐々に色褪せていくならいっそ燃え尽きた方がいい


これから掴んでいかないといけないものはたくさんある。もう25歳という歳。

僕の悪い癖で失くすときはとことん失くしてしまう。辛いことをいっぺんに起こしてしまう。きっと気がマイナスの方へ向いているときだと思う。それはよくない。勢いでいろんなことをめんどくさくなってはいけない。
これからの自分にとってなにが大切でなにを大事にしなくちゃいけないのかはよく考えなくてはならない。

自分の選択する道はすべて自分の目指すところまで導くため。



人生はこれからまだまだ面白くなる。
もっと命を燃やさなくては。

あいつはhideでおれはカートコバーンだった。

死んではならない。
死ぬまで生きてやろうじゃないか。

ラストライブ


生と死と性と詩と精子に捧ぐというオリジナルバンドを始めて3年くらいかな。

今日のライブを持って脱退しました。


脱退の理由はそんな綺麗にまとめられないのでやめときます。
ただ、気持ちよく生きるために辞めたということでいいじゃないでしょうか。

好きなもの、すべて持っては走れない。
新しいものを手に入れたかったら今持ってるもの、握ってる手を放さないと掴めないかもしれない。ましてや走れない。
たくさんのものを持って走っていたら落っことしてしまう。


僕はいろんなものを抱えたままだった。
興味のあるあれこれすべてをやってきた。


バンドをやっていくことは可能だ。
でもそれは、おれとバンドのためにはならないんじゃないかと思った。
お互いに進めないままになってしまう気がしてた。

おれが辞めてもバンドは続いてくと思うとちょっぴり悔しい気持ちになる。自分から勝手に辞めると言ったのに。
おれだけ出て行くような。誰もなにも言わなかった。
でも今日ボーカルがライブ中に言ってくれた。なんて言ってたかは忘れてしまったけど笑
おれのこと話してくれてたね。


最後、いいライブができたね。
うちのバンドのなにがかっこいいのかは説明できない。自分でもよくわからない。ちょっと恥じているところもあった(脱退の理由につながる)。でも確実にどこかかっこいいんだと思う。わからない。
でもかっこよかったと言ってくれる人がいる。よかったと言ってくれる人がいる。泣けたと言ってくれる人がいる。僕にはわからない。
今日も知らない人に「お疲れ様です!めっちゃかっこよかったです!本当かっこよかったです!」って。お世話かもしれない。でもそこまで言うなら本当なんじゃないかって今日は嬉しくなったんだ。
ステージから降りたらもう輝きは失ってるからなにも話せなかったけど。おれはこのライブで最後だったから前を向けなかったけど。目も見れなかった。
それでもありがとう。

受付のお兄さん、その言葉は本当に嬉しかった。



なにかよくわからないままステージに立っていた。
モテたくてバンドやってるわけでもなく、このバンドで伝えたいことがあるわけでもなく。闇雲に、暴れてるだけかのように。あのバンドは1人1人自分と戦っている気がした。なんのもまとまりもないメンバー。息も合わない。
でも1人1人すごいいいもん持ってるのはわかってんだ。それが出てんだよな。爆発してるんだよな。だからよくわからないんだよ。一つのバンドの中に収まりきってないような。めちゃくちゃなんだ。そのめちゃくちゃがうちのバンドのいいところなんじゃないか。完璧じゃないけどかっこいいと言われる理由なんじゃないか。

最後、結果を出せた気がして、
「かっこよかったです」の一言が聞けて。悔いなしです。



生と死と性と詩と精子に捧ぐFOREVER

2014-11-02-16-38-15

2014-11-02-21-39-19

2014-11-02-22-07-07

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
最新コメント
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ