光のなかに立っていてね

人間は思い出に別れを告げることはないと僕は思うわけで。その中で、僕は自分のしてきたことや、やってきたことを常に笑って生きて行けるようなそんな人生を僕は一生過ごしていきたいです。

January 2014

好きなものばかり持って走れ!


http://nk881212.tumblr.com/

おれやっぱファッションが好きだ。
アシスタントデザイナーの仕事やめてから全然思い出そうとしてなかった。辛かったのかな。好きなことやっててもなにが幸せなのかわからなくなったんだよ。あれもやりたいし、でも友達とも遊びたい。甘いよね。プロになんてなれない。なれなくて仕方ないと思った。ならなくていいと思った。
おれはただ素敵なものを見てたい。自分の好きなものを。だからお洒落して自分の周りは素敵なもの集めて、友達と遊ぶときは気持ちを大切にして、想いを大切にして。
人生を素敵なもので埋め尽くしたい。


歳を取るごとに、わがままになっていく。
自由とわがままはちょっと違う。大人になるということはわがままをしてもいいということなのか?説教臭くなって、頑固になって、そうやって自分の世界を作り上げていこうとするものなのか?
自由に、伸びやかに、川の流れのように澄みきったままでどこまでもいけたらいいのにな。僕はいってしまいそうだな。
素敵のものずっと見てたいよ。
だって人生を素敵にしたいだもん。
もう一度人生を変えようよ。
極彩色で塗りつぶせたらな。
僕の見てる世界は僕のもの。
人生は思い通り。望むようになれるよ。きっと。

ずっと好きだよ。

Hello, my friend


Hello my friend 君に恋した夏があったね
みじかくて 気まぐれな夏だった
Destiny 君はとっくに知っていたよね
戻れない安らぎもあるとこを Ah…
悲しくて 悲しくて 帰り道探した
もう二度と会えなくても 友達と呼ばせて

Hello my friend 今年もたたみだしたストア-
台風がゆく頃は涼しくなる
Yesterday 君に恋した夏の痛み
抱きしめるこの季節走るたび Ah…
淋しくて 淋しくて 君のこと想うよ
離れても 胸の奥の 友達でいさせて

僕が生き急ぐときには そっとたしなめておくれよ

悲しくて 悲しくて 君の名を呼んでも
めぐり来ぬ あの夏の日 君を失くしてから

淋しくて 淋しくて 君のことを想うよ
離れても 胸の奥の 友達でいさせて

悲しくて 悲しくて 君のこと想うよ
もう二度と会えなくても 友達と呼ばせて

今日のおやすみBGM♪
Hello, my friend/松任谷由実
http://youtu.be/BG1CoQ9OHKA

でもあの子さえいれば、ドニ•ラヴァンみたいにPOPになれんだ


ガガガSPを聴いているとあの頃のぼくを思い出して、どこまでも遠く手の届かない過去に吸い込まれるように、もうアタマの中が宇宙みたいに真っ暗になって、どうしてもうあの頃に戻れないんだろうと本気で病みはじめてしまうよ。たまらないね。

峯田くんの日記がよかったし、ガガガSPを久しぶりに聴いたらまたぶり返してしまったし、ユーミンのHELLO,MY FRIENDがなんだか気分にあったんだ今日は。

やりきれない今日だし、明日にも可能性はないし、近い未来のバンドの練習と、新井とフリマいく約束と新年会と2月9日のライブとランちゃんの誕生日会とそのくらいしか楽しみがないよ。いやこんなにもあるのかも。毎週楽しみがあるわけなんだから。幸せもんなんだぞ?本当は。

ときめきなんてどこにもないくせに、恋人を探そうとしてる。こんなの間違ってるよ。こんなの恋なんかじゃない。ときめきはどこから?ぼくはここから!どこから?ときめきが先にやってきて欲しいよ。どんな瞬間でもいいんだ。君の好きなところを一つみつけたい。そこから大好きになっていくんだから。

あの娘は冬の教室で一目惚れだった。

あの娘は一緒にいるといつもドキドキした。いまでも。

あの娘は一緒にスノボへいって恋に落ちた。

あの娘はぼくを救ってくれる運命の人かと思った。

あの娘はもう自分を大切にして欲しいと思った。ぼくが守りたいと思った。




好きになった人に共通点なんてなくて、ぼくのタイプなんて好きになった人がタイプですって感じなんだからどこに恋のかけらが落ちてるかなんてわからない。
いまはもうどこかに恋のかけらは落ちてないかなんて探す日々だし、かっこよくなんてないんだけど、始めからかっこよくなんてないしな。そんなことより就活しろって感じなんだけど、男の子が頑張るのって女の子がいるからだと思うわけで、この世界にもし男しかいなくて、それでも子供が作れて子孫が残せるとしても、多分きっと人間は絶命していたんじゃないかと思うくらい女の子は奇跡なんだと思う。絶対女の子、絶対女の子がいいなあ。
女の子の可愛さにときめくからぼくは今日も頑張れる。そう思うと、まず彼女を作る方が先決かと!それは違う!

まあいいんじゃない。気分なんだから。
お互いを高めていけたらいいよね♪
なんて思います。いまから彼女作らないと30歳くらいで結婚ってほんと夢のままで終わってしまいそうで、25歳になった途端に急に焦り感じて、周りもみんなリア充になってたしね。しかも今年入ってまだ一ヶ月しか立ってないのに年内に結婚する人が3人も友達にいて。おいてかないで〜

彼女がいたときはちゃんとしてたもん。
貯金だってしてたし、仕事だってしてたし、彼女を喜ばせることたくさん考えたし。今みんな大人になってたくさんサプライズをしてるけど、おれだってあの頃はまだ学生だったりもしたけど、それはもう素敵なサプライズをたくさんしたんですよ。
いまはもうそんなサプライズできんのかよと思うほどときめきにかけているけど。
ずっとずっと好きな人のこと追いかけてるくらいがちょうどいいと思うんだ。男は女の子のために頑張ってないとなにもいいところなんてないんだから。

あの娘は睡眠薬が好き。そんな女の子はちょっと嫌だなあ。
B型のサバサバ感が好き。そう、だからあの娘はきっと永遠の憧れなんだろう。天然っぽさも絶妙でね。ああ。


オナニーしたので寝やすっ!
セックスしてー!


ぼくあの娘にときめきをあげられたと思うんだ


ぼくあの娘にときめきをあげられたと思うんだ。思い出しただけキュンとしちゃう。自分でやっていたのにね。
あの娘もぼくもきっと社会に飲まれてしまった。ときめきなんてありゃしない。学校生活がどれだけ魅力的なものだったか。
ぼくはもう死にきれないよ。どうしてあの娘と付き合えなかったのか。付き合わなかったのかわかりもしない。君と一度だけデートしたあの日のことはぼくは一生忘れられないだろう。なんせぼくの人生で初めて自分の力で動いていけたと思うから。
高校生活が終わってしまったあの日のことも忘れられはしない。あんな、あんな純情可憐なラブストーリーがあっていいのだろうか。ラブストーリーなんてもんじゃない。おれが勝手に思っているだけだ。でもぼくの中ではとても綺麗なラブストーリーだったんだよ。もしもあの娘に彼氏がいなかったら卒業式のあと、みんなが帰った教室でぼくとあの娘は2人きり。告白していただろう。それでもあなたが好きでした。やっぱりあなたが好きでした。一目惚れなんて、他にあったことない。なんでかな〜 なんでかな〜 君のことが大好きなのに〜
今はまた新しい彼氏がいるんですか?いないんですか?好きな人はいるんですか?ぼく君のために頑張るから。なんだってするから、もう一度会っておくれよ。そんな男の子じゃ嫌なのかい。オラオラ系の方が好きなのかい?もうGOING STEADYは聴かないのかい?夜王子と月の姫はもう忘れたかい?銀杏BOYZは好きじゃなかったかい?新しいアルバムが出たんだよ。聴かないかい?そしたらぼくはまたあの娘に会う口実ができるのに。
最後に来てくれたライブで君はなにを思ったんだい?なにも話せなかった。あのライブ、一番力を込めてやったのに、自分勝手だった。そんなことよりあの娘を口説いてればよかった。そんなことできなかった。もうすぐまた春がやってきますね。君ももうすぐ25歳になるよね。恋はしていますか?恋をしませんか?

ときめきなんてありゃしない。

ときめきなんてありゃしないいいいいいいいいいい

友達はいいもんだ


すごくいいタイミングで、久しぶりにすうみんから電話がきた。

どうしようもない話聞いてくれる相手がいるだけで、幸せだと感じました。

久しぶりにすうみんのこと思い出したら、出会ってからもう3年くらいたったのか〜って思い出した。ちょうど俺が人生を変えたいと意気込んで金髪だった時期だ。
あの時もすうみんに救われたし、それからおれもすうみんの手助けをできたりしたと思うんだ。一緒に支え合えながらこれて、今すうみんは大変なこともあるだろうけど、以前と比べたら幸せそうで、本当にただよかったなあと思う。

すうみんと初めて出会った頃、僕は運命の人キター!って感じで盛り上がっていたんだよね笑 別れて、前を向こうとしてた時期だったから、神様がそんな僕を見てめぐり合わせてくれたんだなんて思って、そんなタイミングだったんだ。
おれのライブ見てすうみんから話かけてくれたんだ。それから遊ぶようになって、年は自分より上なんだけど、そんな風に見えないほど若く見えるし、可愛いし、僕は最初好きだったんだ。仲良くなっていくうちにすうみんのことをよく知って、守りたいという気持ちは、好きという恋愛の感情ではなく友達の好きに変わっていき、お互い支え合っていける関係になりたいと思った。
すうみんから告白されたこともあったけど、付き合いはしなかった。
生まれて初めて告白されて、それはとても嬉しかったよ。今だから言えるいい思い出だね。

すうみんは今彼氏と同棲をしてて、きっともうすぐ結婚で、本当心の底から嬉しく思う。幸せそうでよかった。

友達からの立場だから支えられることもたくさんある。これからも変わらないよ。
それがすごくよかったなって。

今日は僕も助かったよ。ありがとう。

画像1

愛と絶望とキャミソール


毎日つまらないから眠れない
ほんと高校の時みたいだ

これじゃダメなんだ
なにか始めなくちゃ

目標を持って力強く生きていかなくちゃ


こんなん嫌なんだ

あの子今の僕と会ったらどんな風に思うだろう

優しくしてもらいたい

あかり


早見あかり可愛いわ〜 いろんな表情してていいわ〜
顏だけみるとこういう顏が好きなのかもね〜
可愛いくてもたくさん見てると飽きちゃうけどね。あんま飽きないかも。

可愛い女の子見てると癒される



ネガティブ過ぎて鬱みたい。
こんなのおれじゃない。
なーんでこんなに落ちこぼれちゃったんだろう。死にたいってのは今の本音。今の状態のまま生きてたって面白くねえよ。
モチベーションあげなくちゃ。モチベーションの上がる話をしなくちゃ。クソみたいなやつらと一緒にいたくない。諦めたくない。なにかやらなくちゃ。必死になって生きたい。生ぬるく生きてたくない。頑張ることは好きなんだから。生きたいよ。このままだったら死にたいよ。脱出しなくちゃ。変えなくちゃ。

誰かと話したいな。熱い話をしたい。モチベーションあげたい。世界を変えていきたい。簡単だろ?難しいことじゃないだろ?
なんでこんなにダメなんだ?
ほんとクズだな。

くそくそくそ


変えてやるし

絶対彼女


女の子と6時間の長電話をしたよ。
こんなことは元カノと以来なのか、覚えてはいないけど。
最近女の子とメールをするんだけど、まだ好きになってもいないから、メールで話したいことも聞きたいこともなにも浮かんでこないもんだからめんどくさくなって返すのやめちゃうんだよね。こんなんじゃなんにも発展しないよね。でもまあいいかって。
彼女作りたいだけど、そんなことを頑張ってると思うとすごくダサく感じるし、イケメンでもないんだけど、彼女なんてそっちの方からおれのこと好きになってくれればいいなって思ってるから、彼女できない。

勝手におれのこと好きになってよ。
おれのいいところ自分でもアピールしようがないから勝手に見つけておれのこと好きになってよ。

こんな草食男子を象徴するようなフレーズを書いてしまうくらい、草ってる。腐ってる。


最近考えた好きなタイプをあげていこうと思う。
芸能人とか可愛い人見てて自分が好きだと思うタイプは、ハーフ顏だってことがわかった。鼻を見てるかもしれない。高い鼻で綺麗な顏が好きなのかもね。まあ美人だなって思うだけなのかな。
好きになる人はそんなの関係ないんだけどね。そんな顔の人、高嶺の花で自分には釣り合わないなって思ってしまうけど。
サバサバしていて、自然な人がいいね。女の子っぽいよりボーイッシュ。元気そうな子。

僕は、冬にあの娘が教室で寒いからといって全然可愛らしくもないジャージを履いてストーブの前で漫画を読んでいたことを忘れられないし、あの娘が「気持ちいい」って言って履いていたサンダル脱いで裸足で歩き始めたことが愛おしくて忘れられないよ。

そんな子が好きなのさ。

あの子さえいればどこまでもPOPになれんのに。

純情可憐な君をひっちゃかめっちゃかにしたい

夢で逢えたら

おやすみBGM♪
絶対彼女/大森靖子
http://youtu.be/zlcpLLJz1J8

あなたは僕の始まりで あなたは僕の終わり


2014年1月15日、銀杏BOYZの新譜「光のなかに立っていてね」と「BEACH」が発売された。9年ぶりのアルバム。
前のアルバムが出た時は僕はまだ高校生だった。

ロックなんて興味も、知りもしなかった僕が、高校に入学して、中学からの仲の友達に誘われ軽音部の仮入部へいったことによって僕は人生が変わってしまったんだろう。それが良いのか悪いのかはわかりませんが、そして今の僕がここにいる。

そして、初めて自分で好きになったバンドがGOING STEADYというバンドだったんだ。軽音部に入った僕は先輩が練習していた曲を聴いて、このバンドはなんていうバンドなんだ?この音楽のジャンルはなんていうだ?パンクっていうのか?ロックとなにが違うんだ?でもロックよりパンクって言葉の方がかっこいい!!!俺が好きになったこの音楽はパンクっていうのか?パンクだったらいいな!パンクだろう!

ゴイステを好きになり、わけもわからずパンクに惚れた。
ゴイステや銀杏BOYZをかっこいいから聴けよなんて、そんなオススメはしない。かっこよくないと思う。すごくダサいと思う。でも僕は他のどんなバンドよりもかっこいいと思ってる。銀杏BOYZはもはや人間そのもので、アートのようにも感じる。
かっこつけようとすることが1番かっこ悪く見えてしまう。そんなんじゃなくて、ありのままで、むしろさらけ出して、体一本で、体全体で表現していく。それが本来あるべき人間そのものであって、現代においてそのままの状態で世間に出ていけることがものすごくかっこいいことだと思うんだ。僕はそれをロックだと思うし、パンクだと思う。どいつもこいつもかっこつけて、中身空っぽで、どうしようもないんだよ。中を濃くする必要がある。銀杏BOYZはドロッドロしてる。

新しいアルバム、ゴイステから銀杏BOYZになって、そして9年ぶりのアルバム。メンバーはボーカルの峯田だけになった。変わってく。アルバムがいいか悪いかはよくわからない。好きな曲もあるし、まだ聞き慣れない曲もある。別にそんなこともどうでもいい。変わらないバンドの方がつまらない。時代も変わる。ファッションも変わる。流行も変わる。変わらない良いものもあるけど、必ずどこかでなにか吸収してるはず。

峯田くんは言った、「銀杏BOYZはなくならないよ、俺が歌えなくなっても他のやつらにやらせる。サッカーのクラブチームみたいに100年、200年って続くんだ。銀杏BOYZの哲学を教えて。」

なんともまあって思ったけど、新しい感覚で、それもありだよなと思った。銀杏BOYZは新しいジャンルになっているかもしれない。もうすでにパンクとも思わないし。でもそこには変わらずパンクの精神があるんですよ。ロックンロールは鳴り止んでいないのですよ。ずっと本気で音楽を背負ってく峯田和伸。峯田は結婚しないんだろうなって思った。できないと思うし。

峯田和伸は本物のロックンローラーだよ。アートマンだよ。崇拝でもなんでもいい。僕はもう、多分峯田が作るすべてを受け入れてく。新しくて、命があって、面白いもの。銀杏BOYZはアート集団なんじゃないかって。峯田は銀杏BOYZを1人で始めた時から銀杏BOYZでやりたいことなんでもやってくって言ってたもの。百瀬を見てるみたいに、峯田のやることを見てるのはきっと面白いよ。

記事でこう言ってた。
いなくなったメンバーに。
「光のなかに立っていてね」そんな言葉が浮かんだだって。

チンくん、アビちゃん、村井くん。ありがとう。最高傑作です。

そしてまたここから銀杏BOYZ第二章。

ハロー
それでも君には素晴らしい世界が見えるのですか?

信じますか?よどみ続ける愛を。



LOVE銀杏BOYZ
画像1

画像1

画像1

画像1

画像1

画像1

画像1

画像1

画像1

画像1

画像1

第三次世界対戦さ


なんのために幸せになろうとするのか。
誰のため。みんな幸せになって欲しいと願うけどそれはなぜなのか。



結婚… ですよね?

おれも結婚を前提にお付き合いできる方を探さなきゃ。いつだって。
別れるんなら最初から付き合いたくない。

誰とも別れたくない。誰も傷付けたくない。誰の涙も見たくない。もう充分だ。
覚悟のない人の言い訳かもね。

たった1人、心許せる人がそばにいてくれる、それだけでいい。純情可憐な君と恋愛革命起こしたい。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
最新コメント
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ