光のなかに立っていてね

人間は思い出に別れを告げることはないと僕は思うわけで。その中で、僕は自分のしてきたことや、やってきたことを常に笑って生きて行けるようなそんな人生を僕は一生過ごしていきたいです。

July 2013

神話になれ


人を好きになることと、セックスをしたいと思うことはイコールじゃない。

性欲にまみれ動かなければ、人間はもっと楽しい人生が送れると思う。

とても残念でもったいない人生をしている人ばかり。

誰よりも自分が大切なことを忘れないで欲しい。

自分についての幸せは一生考え続ける必要がある。自分と同じ気持ちを人ばかりを周りに集めて安心しているだけの人生なんて嫌だ。

成長しなけりゃ人は死ぬよ。

人を好きになるということだけわかっていれば大丈夫。そしてモテタイと思うこと。

誰とも違う人生が、自分では誰よりもかっこいいと思ってる。そこらへんの人よりは苦労をして努力をしていると思うから。そんなにやわじゃない。
頑張ることくらいしかできないんだよ。
頭悪いんだもん。体動かしてやっていくしかないんだよ。
もうすぐ30歳。あっという間だ。

ダメそうなら27歳で死にたい。
夢は見てるけど夢を叶えた自分は想像できていない。

僕はあれから進んでるの?立ち止まってるの?もっとダメになってるの?
まだわからない。

いつだって1人。
あっという間だ。

誰よりも光を放つ少年になりたい。

恋したいな、退屈。


ブランドでデザイナーとして働き始めて二ヶ月。やっと自分のいる位置が少し見えた。

ここで働けば僕はすぐに有名人になれる。なんてそんな感じで浮かれてたのかもしれない。そんなに甘くはなかった。とてもいい位置にいるけどそんなに甘くはない。
なにもわからずにやっていてやっと今いる位置がわかった気がする。

僕はもう一刻も早く報われたい。
本当はそんなに頑張りたくないよ。
ただ、今は人より頑張らないと生きていけない。お金だって、時間だって余裕あったらいいよ。今の僕にはなにもないのさ。
今の僕のことを素直に話したら誰も付き合ってくれないだろうな。こんな今の僕と付き合ってくれる子がいるのなら本当の愛だろう。理解して互いを高めあってくれるかもしれない。


いくら他のことで頑張っても女のことは女でしか埋まらないのかもしれない。付き合っていた時のことを思い出すことなんて1人の女性のことしか思い出せないんだから。

仕方ない。恋をするか。
僕が大丈夫になればすべて平和になる。
いつになっても大丈夫にならないんだもん。それじゃあもうまた誰かを好きになるしかないのかもしれない。

自分のこともしっかりできてないやつに女1人守れるか、そう思ってた。今の自分には誰かを幸せにできる力がない。
中途半端に夢と女を追ってどっちも中途半端になるのも嫌だった。
けど、今なら女だけを追うことはないだろう。恋人が夢を追いかける支えになってくれたら心強い。

本当はそんな余裕ないけど。恋なんてしてる暇ないけど。

もっと強くなるために恋人が欲しいかも。

作るもんじゃないけどね。
あああ、明後日花火大会。誰か女の子一緒にいってくれないかな。
あの子はどうなんだろう。

恋したいな、退屈。

月が綺麗ですね


久しぶりにあの子の顔を見てしまった。
幸せそうじゃねえか2人して。

俺はこんなことしてる。明日展示会だから2日連続徹夜で仕事してる。俺以外みんな寝てるのに。

かなり確実に変わってしまったね。

だけど俺も幸せだよ。これが俺の幸せ。
自分の人生を動かせないやつに大切な人が守れるかってんだよ。
どうなのかな。ただ俺は子供なだけ。それも違うかな。普通じゃないだけ。普通になりたくないだけ。

だいぶ違う道をきたね。もう3年くらい経ったのか?

はあ。

今は自分の人生を変えていくことが楽しくて他になにもいらないけど。
1人身でさみしいなんて思われたくない。
俺の方がもっともっとリア充になってやる。余裕出てきたら可愛くていい彼女だって作ってやるんだから。

誰よりも幸せになってやる。俺にはその資格がある。


今夜は満月だよ。
月が綺麗ですね。

今日もまた大事な日になるのかな。
曲がりくねった道をいく。

早く死にたいな。

青い夢


自分に同情しない。
けどここには書いちゃいます。
頑張るのは当たり前。自分のため。自分の未来のため。未来を切り開くため。
努力をしないからあなたはそこで見てるだけ。僕はどんどん遠くへいくよ。
僕がしてるのは仕事ではない。夢を追う、人生。デザイナーという職についてから、給料も安いのに働きまくり。デザイナーの仕事の給料では生活できないので休みの日はバイト、好きな服も売って、お金にならない仕事をする。
労働基準法なんて言葉は通用しないよ。そんなこと口にするやつは甘え。嫌なら辞めろよ。好きだからそんな言葉も出てこない毎日15時間働いてるよ。それを30連勤。それでも時間が足りないよ。入って二ヶ月で展示会だったからね。力の無さに悔しい思いをしています。
ただ夢が出来て、いくつも理想の未来が出来てきた。
人生こうでなきゃ。明るい未来しかみたくねえぜ。どうせいつか死んじまうだから。守りに入ってたってどうせいつか死ぬ。死ぬことを前提にしてれば今、体は動き出すはず。死ぬまで生きるなら仕方ないから楽しみたい。
いけるとこまで生きたいよ。

学生の時、一瞬でも夢見てたデザイナー。
デザイナーって仕事、ものすごい職業だと思った。世界を、人生をかけてる仕事。LIFE IS HARD。そして夢を与える仕事。時代の風を作る仕事。超自由でそれもまた大変。なにをやればいいかなんてわからないんだから。
ただ人生を最高に楽しめる職業かもしれないと思う。僕は思う。僕にはハマるのだろう。

僕が欲しいのはお金じゃない。
僕がここに生きていていい理由。
必要とされたい。そしてキラキラと輝いてたい。ただ華やかな世界じゃない。ものすごい苦労をしてる。それでも、素晴らしい人生。

掴み取りたいよ。
パリコレへいく。

展示会まであと2日。
たくさんの有名なお店のバイヤーさんたちがくるよ。オーダーが決まったら報告するかも。本当は内緒だけど。僕は知られたいよ。僕の存在を、世界中の人に。そして必要とされたい。生きていていい理由と、生きていなくちゃいけない理由が欲しい。
なにもしてない人は死んだっていいんだから。みんなそんなもんなんだから。僕は必死で生かされたい。生まれてきた理由をずっと探してる。

楽しければどこにでもいくよ。いつも同じじゃ飽きちゃうの。くだらないことはもうやめにしよう。世界に影響を与えていくことが、自分の存在を知らしめていくことがどれだけ楽しいか。
もう少し。いくよ。

だけどそんな大きな夢をもつみんなでも、核にあるのはものすごい小さなくだらないことなんだ。
モテたいだとか。
僕はただ見返したい。なんか知らないけど、もうこんな人生は終わりにしたい。
9回の裏、大逆転を狙う。
誰よりももう華やかになりたい。華やかに見えてたい。素敵なものがたくさんみたいだけなんだ。見たいだけなんだ。

それと僕の小さな夢は、まず一番に、新しくいいメガネを買いたいってのが一番の夢笑 それと、やっとすごい車に興味持ってきて、車が欲しい。高校の時に始めて見てからずっとミニが欲しかったけど、ビートルもいいかな。車の色は黒。多分乗り物の色はどれも黒を選ぶと思う。僕は服が好きだから。服が引き立つアイテムとしてあればいい。いいデザインで、色は服でつける。かな。

笑っちゃうよ。1年前に仕事辞めて、ちょっとだけ貯めてたたった50万の貯金。彼女と2人暮らししようと貯めてた貯金。
全部なくなってお金はない。だけど夢を掴んだよ。今は今までで一番幸福かな。頑張る理由があるし毎日歩いていける。
生きてることに自信も持てるかも。

ありがとう自分。これからもよろしく。
これからをよろしく。

大丈夫、まだいけるはず


金なんかですべて終わらせたくない。
金なんかで世の中すべて動かしたくない。

金なんかなくたって。
俺の人生は最高額だ。

大丈夫、まだいけるはず。
塗り替えてやればいい。

俺はここにいる。世界に見せつける。
私がしてきたすべてのこと無駄じゃないよって君に言って欲しい。

がむしゃらにただ走って、ダメだったらもう死ねばいい。

やりたいことやらせてくれてありがとう。
俺の人生。

僕をもっと輝かせてくれよ。
もっと輝いて、光の先を見たい。もっと見たい。見尽くしてなにもなかったって絶望してもいい。人生を虹色に。

飛べ

初恋


久しぶりに思い出話をすることにするよ。

僕は今年で25歳になるんだと思う。
この間幼馴染の女の子が赤ちゃんを産んだ。なんだかとても神秘的に感じられて、同い年の女の子がお腹が大きくなって、お腹の中から赤ちゃんが出てきて。
新しい生命ができた。
お母さんにも幼馴染が赤ちゃんを産んだことを伝えて写真を見せたら、赤ちゃん似てるねって言われて、僕もそう思った。
この子にはきっと僕の遺伝子もちょこっと入ってるかもしれないとラッドみたいなことを言ってみる。

その幼馴染多分僕の初恋の相手なんだ。
小さい頃のこと全然覚えていないから好きだったのかわからないけど、必ずお互いバレンタイン、ホワイトデーを渡す仲だった。お母さんと話していたら僕が好きでその子んちに遊びにいってたのかと思ったらその子がうちにいつも遊びに来ていたらしい。お互い好きだったのだろうか。わからない。
小学生も中学生も同じクラスには一度もならなかった。高校は違う学校へ。専門でたまたま同じ学校になった。その子はファッション系ではなかったけど。

Facebookで見ているけど、多分変わらない性格だろう。いい子だろう。料理もすごくて、きっといい奥さんになってる。そう思ったらとても羨ましく思った。
もしも初恋で幼馴染のその人と結婚していたら、どんなに素敵だっただろうか。


また次くる初恋を期待して。
恋するために生きるんじゃない。

自分の人生を中心に生きた方がいいぜってみんなにいってやりたい。
恋したいとか言ってるだけのやつ糞過ぎる。ああ〜恋したい。
そんな暇ない。そんなつまんないこと言ってる暇ない。
恋は勝手にするもの。勝手にしてろ。
待ってばっかの人生じゃなにも起きずに人生は過ぎていく。自分から変えていくこと。意志があれば自然とそっちへ流れていくから。自分を突き止めなさい。一生付き合っていかなければいけないんだから。自分のことを理解しなさい。

結局最後はまた今の話。
特別じゃない僕を僕は特別に変えたい。
僕はクズではありません。下の中で満足できる器ではありません。そんな天秤にも乗りたくない。僕は僕のもの。特別な存在にしたい。

百瀬が今世紀を代表する会社を作るなら、僕は今世紀を代表するブランドを作るよ。

なんて言わせておいておくれよ。

パリまではいくよ。世界と同等のレベルまで。負けるもんか。

人生を変えて僕は確立するよ。
大変だけど楽しいのよ。自分が動かなければ止まってしまうこの人生が。動かなければいけない状態が僕をずっと成長させて強くする。欲しいものは自分たちで作るし、お金だって自分で生み出す。
価値観を変える。

金ではない。愛のフリした愛でもない。
愛情と真心。

必ず変えてみせるよ。
極彩色に。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
最新コメント
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ