光のなかに立っていてね

人間は思い出に別れを告げることはないと僕は思うわけで。その中で、僕は自分のしてきたことや、やってきたことを常に笑って生きて行けるようなそんな人生を僕は一生過ごしていきたいです。

May 2013

閃光少女


今日現在(いま)が確かなら万事快調よ
明日には全く憶えて居なくたっていいの

今日は飲み会でした。
久しぶりにちょっと楽しみにしてました。知らない女の子と飲めるから。それでも一日休みにはせず働きました。仕事も、遊びも、夢も、思いっきりやります。もう5月はまともに休んでる記憶がない。
走ってないと、走り続けてないと。
疲れたけど、こんな自分が好きなんだ。頑張ってるのが。きっと頑張ってない人もいるから。見せて、教えてあげるんだ。
こんなに頭悪いけれども、がむしゃらに走るんだ。いつ死ぬかわからない。それはみんな同じ。呑気に暮らしてる場合じゃないんだよ。だからずっと前を見てる。

飲み会楽しかった。ちーちゃん、ねーさん可愛かった。なんとなく雰囲気が好き。いい気持ちでした。調子こいて飲み過ぎて目が回るけど、1人になったときにはもう前を見てる。余裕を出して生きるほどの暇はないの。
つまらないものは見ない。
自分の人生をよくするためにあれからずっと生きている。なにをしていいかわからなかった。

世界を意識してる人の話を聞くと意外と、簡単な話だ。もてたいだとか、結局は男で、シンプルなことだ。ただその度合いがどの程度のものかだ。だからすごいわかった。
おれだってもてたい。もてたいけどもてたとしても多分遊ばない。めんどくさいことはしない。たった1人でいい。そんな無駄な時間はない。

僕の武器はなんだ。
もう止まらないよ。あの時からずっと。

そういえば先輩の遊んでいる女の子の話を聞いて元カノと似ていた。話を聞いて、ああメンヘラだったのかと理解した。
女の子なんてみんなメンヘラだろう。だいたいメンヘラってなんだよ。どうでもいい。意外と好きだし。男と女は理解できない部分があるからメンヘラと毛嫌いして呼ぶのだろう。それだけの器があるかどうかだ。どちらにも。
くだらない。
馬鹿みたいだ。
なんにもわかってない。
セックスは愛の形ではない。
馬鹿みたいだ。

つまらないことで悩んでるやつらばっかだ。恋愛なんて。社会のなんの役にも立たない。恋したいなんて言ってばかりのやつが嫌いだ。するもんじゃねえし。
馬鹿ばっか。つまらないことしてるやつらばっか。みんな人生無駄にしてるね。

いつ死んだっていい生き方をするだけだ。
80歳まで生きる保証なんて誰にもないんだから。お前は明日死ぬ。そう言われたどうする?だからいつでも恩は返していきたいし貢献していきたい。
おれの存在は1人では成り立たないんだよ。誰かの中に残ってないと。

どうせどうしようもない人生さ。
それでも忘れられたくなくて。いつ死んでもいいように。
お前は明日死ぬ。
たとえばさ。

もしものときに大切な人を助けられる力が欲しい。必要。大好きな人なんだ。

そのくらいの力がないと生きていたって仕方がない。どうせあんたにはなにもできないない。もしかしたらできちゃうかもしれないよ。
お前は本当に馬鹿だな。

気持ちよく生きて、死ぬ。

そして大抵の人は早く死にたいと思っている。茜色の空を見なよ。

つまらない世界この世界。
糞だね。

早くぶっ壊れてしまえばいい。
当たり前とか普通とかどこにも存在しねえよ。馬鹿が。小さいやつらめ。ファック。

僕はやっと今働いてる力仕事の職場が見えてきた気がする。
どうしようもない人たちが、クズ共がたくさんいるわけだけど、その中でもやっぱりすごいなと思った。おれもそうなる。今は苦しくても、今は悲しくても。
世界を変える努力し続ける。
みんなが変わらないのは変わろうと本気で思っていないからだ。おれとは違う。
おれは人生を変えたくて仕方ない。大逆転がしたい。頭は悪いけど純粋にそう思っていろんなことをしてきた。
口だけのやつらばっかだ。

世界を変えたいと思うなら、まず自分から。
世界に対して、社会に対して文句ばっか言ってんじゃねえ。なら変える努力をしてみろ。考えてから言え。カス。
なにもできないやつになんかいう資格はない。
クズ共。

クズの中から光輝き飛んでいきたいよ。
そうなるもんか。
おれは走り続ける。

やるかやらないか


敵は自分の中にあった
どうせ今なにもない

やるかやらないかだったらやるしかない
たとえ後悔したっていい経験になる

これ以上ない機会

世界を変えるチャンス
自分を変えるチャンス

すべてを失うわけじゃない
覚悟を決めて、気楽に

行くぜ


今できなかったら一生できない
一生懸命生きて気持ちよく死ぬために

まずは神様ありがとう。
行動がすべてを繋いできた

答えるのは自分
変えるのは自分
変わるのは自分
自分が変われば世界も変わる

24歳で人生終わりなんてありえない

神様

そういえば5月の26日はハナちゃんの命日でした。たまに元気をもらっているよ。なにも言わずとも優しい目をしてる。天国からもありがとう。

行くよ

さようなら

負けない事、投げ出さない事、逃げ出さない事、信じ抜く事


ここ最近、ずっと忙しいけど全然頑張っていないことに気が付いた。すごい楽してる。なにも考えてない。
デザイナーさんの下で働くという話をもらってから。まだ決まっていないけど。
もう就活もしていない。
予定のない日なんていらないから空いている日は全部バイトを入れる。予定がある日も予定までの時間働く。お金はない。
毎日働いてる。仕事は楽なんだけど閉鎖的な空間で、自然とストレスたまってるのかもね。ヤフオクで服を落とすのが趣味になってきてる。無駄使い。自分で稼いだお金、消費することで発散してる。
これじゃ違う。

僕はどこにも属したくない。
一つのところにいてもつまらない。そうやって生きてきたな。そうやって逃げてきたんだな。責任から逃げてきた。

覚悟を決めなくちゃ。
死ぬまでになにができるかと行動は続けてきたけど、その先の目的地が見つかってない。結局、楽な方に逃げてしまうんだろう。違う。狙いを定めてそれに向かって努力していくんだ。一生懸命生きて、死ぬ努力。死ぬ。絶対に死ぬ。
いつ死ぬかわからないことを思い出せば、今頑張らなくちゃいられない。そうやって走ってきた。止まらない。もう止まらない。もう疲れた。本当は諦めたい。自分の人生諦めて死にたい。

死ねない。辛くても、辛くても、死にはしないと。世界を見返す。おれは此処だ。
中二病だからね。あきらめないって言葉が心に響く。諦めないからね。捕まえて見せるよ。

努力をしない人には見れない。
自分だけが捕まえてきた人生を。
素敵なものを見る。僕の人生は素敵だもん。素敵な人間だ。最高級になる。
アイアムシュプリーム。

生きたい。

L


研修一日目。

シャツを作りました。
パターンを写すところから始まって、作業台が低くて、中腰の体制が続き腰が爆発寸前。今やってる力仕事より腰を痛める。

お昼は近くでランチ。海が隣なので海鮮ばかり。お昼休みは熱帯魚観察。
画像1

職場はリゾート地のこんなところです。
画像1


最近近くに香取慎吾が家を買ったという噂があるそうです。

お世話になっているデザイナーさんはすごい方です。
来月からはアメリカからグラフィックデザイナーも引っ越してきて仕事に加わりさらに刺激を受けられそうです。

服でなにができるだろうか。

デザイナーさんの火が消えかけた時、父がガンになり、なにができるか考えたそうです。父はガンになって入院している時でも「パジャマは恥ずかしい、もっとマシなものが着たい」と言ったそうです。
そんな状態でも服が着たいんだなと思い、ファッションをやってく決意がより固まったと言っていました。
ファッションでなにができるか。
ファッションなんて興味ない人にはなんの意味もない。誰も彼もが自己満足で終わってしまう。自分は服を着て楽しいと思うけども。そう思わない人もいる。

ファッションでなにができる。
ただ着飾るだけになりたくない。
中身のある男になりたい。

ただ、やっぱり僕は一生服が好きです。
次の研修は買い付けに同行させてもらいます。業界人でも中々入れないところらしいです。お邪魔します。


おやすみなさい。

叶えたいVISIONに限界はないんだから


バイトばかりと休みの日も予定があって一ヶ月間暇な時なんてなかった。
今日は久しぶりのなんも予定のない休みでした。それでもやらなきゃいけないことはあるので仕事してたんですが。
進むの遅くてごめんな〜。
イベントのフライヤーとホームページを早く、早く作らないといけない。自分にできることは今のところこのくらい。
これも集客を担う大事な役目。

それにしてもFacebookで告知して速攻で会場のキャパを埋める集客を得るなんて、百瀬の人脈すごい。イベントへの反応も。
Twitterも自分がアカウントを作り管理してるが、知らない方からメッセージがきたり。今まで自分が企画していたライブとは趣旨が違うがこんなに反応が違うものなのだろうか。これが百瀬が作ってきた、個のブランド力なのだろう。
カナダと日本は違う。カナダで成功して同じやり方で日本で成功するとは限らない。
でも確かにカナダで力をつけた百瀬には日本でもやれる力をつけて帰ってきた。
イベントどうなるのだろう。こういうイベントは初めてなので企画側ではあるが楽しみ。百瀬の作るハンバーガーも初めて食べられる。楽しみだ。

画像1

僕が制作したイベントロゴ

Facebookイベントページ
https://www.facebook.com/events/184200998402557/




明日はこの前話したデザイナーさんの下で働くという話の研修。
ミシンの研修をやるそうです。
前の仕事辞めてから一年以上ミシン使ってないし、シャツなんて縫ったの学生の時だけだし、不安。
あと別の日に買い付けの同行と商品の撮影の研修がある。

その三日間で働かせてもらえるか判断されるし、僕もここで働くのか考える。

話をもらったばかりの時はやっぱり舞い上がる。冷静になって、やっぱり僕は人に影響を与えるということがしたいのは変わらない。自分にできるクリエイティブのあらゆるものを使って、人に影響を与えたい。それがファッションの可能性もある。
広い世界を見ようと思った。ファッションというジャンルにとらわれなくてもいいと思った。
この先にこの思いに合致するものがあればやっていこうと思う。

なりたくない自分がたくさんいて、なりたくない自分にならないように行動してきた。
今度はなりたい自分を探す時だ。
もうそろそろ自分の人生を明確にしなくちゃならない。自分の力で人生を大きく動かしていかなくちゃ。

気高く生きる道を選択します。

汚れた目を覚まして掴んだ数々のもの


今日も初めて出会う人と出会った。
思い返してみれば高校の時このブログを通して知り合った人と横浜で会ったこともあった。今はSNSが流行って、こうやって出会うのは普通だ。

年下だけどやっぱり考えをしっかりと持つすごい方でした。毎回話についていけない自分に少しばかり凹むし、なぜこの子はこんなにしっかりしているんだろうと思う。

若いうちからなにをするのか考え生きてきたからもう固まってきたのだろう。

いい話は聞けた。また刺激を受けた。
今現在ある普通や常識はやがてなくなる。
常にその時代の普通があって、それは50年前、100年前とは違う。
だから今普通に働き、安定した暮らしをすることが今後確かなものかなんてわからない。
そんな時でも自分自身に力があればどんな時代にも波に乗り生きていくことができる。この時代のこの国の普通は危な過ぎる。自分の人生を日本という組織には渡せない。


そんな中僕の人生はブレブレ。
目標といったら、人々に影響を与えらる人物になること。そのためだったらなんだっていいと思ってる。僕にはなにができるのでしょう。ファッションは表現であって、なにかを伝えるにはとても難しいものだと思う。
一年は修行の期間。広いデザインに触れられることはあるだろう。クリエイティブ力もあがるだろう。ただ服しか作れないとなると、それは僕が楽しむだけで終わってしまう。
新たな人との繋がりの機会もあればいい。
服作りというよりはグラフィックデザイン、デザインに関することならなんでも、そういったところも学びたい。学べたらと思う。
チャンスだとは思う。いい機会だとは思う。プロのそばで働くことは。
かなり確実に変わっていくだろう。
崩れていくことなんて、信じない。

誰のためでもなく、自分のため。

いかなくちゃ


人生ブレブレ。
またファッションに戻るの?
もっと広い世界をみようと幅広いクリエイティブに関わりたいと新しいことに挑戦してきたけどまたファッションに戻るの?

ファッションが好きだということは変わらなかった。だけどもう仕事はファッション関係じゃなくてもいいと思ってた。世の中に役に立たないから。好きな服を買って、コーディネートして、着るだけでいいと思ってた。

もしも、他の仕事をして、成功したら、余裕があったらまたファッションに関わることがしたいとは思ってた。


某デザイナーの下で働けるかもしれない。
これはチャンスなの?僕の人生をどっちに傾けるの。また修行の期間に入るんだよ。
ここで人生決めなくちゃ。これからもファッションに関わって生きていくのか。
ファッションのために自分の人生すべてをかけられるのか。

パソコンスキルを身につけて、デザインできるようになりたかった。デザインだったらなんでもよくて、Web、紙、映像、なんだっていい、それでもいいと思ってた。

こういうスキルを身につけてきたのもすべてまたファッションデザインをやりたかったからなの?自分の表現の可能性があるならなんでもよかった。
それは一方的ではなく相手に喜びや、楽しいという気持ち、感動を与えるため。
どんなに自分だけがよくなっていっても、満足できない。周りからの反応がなければそれは寂しくて悲しいもの。
仕事をする上で求めているのはそういうところだ。世間から評価されなければ意味のない世界。こんな世界に生きているのだから。自分の価値を高めたい。多くの人に知ってもらい影響を与えたい。
死ぬまでになにができるかというのはそういうこと。

きっとチャンスではある。
もしチャンスが来たときに、なにもできない人間だったら逃してしまう。だから僕は行動を続けてきた。じゃあこれは望んでいたチャンスなのか?広い世界をみようと新しいことに挑戦したけど、その世界に飛びこむ前にまたファッションに戻るの?
デザイナーさんに「いいものを見せらると思うよ」と言われた。
デザイナーさんのコネクションがすごくて、びびった。世界中の有名人と繋がってる。
ファッション以外にも見れるものはたくさんあると思うんだ。すごくやりたいと思ってる。

やりたいという気持ち、それを邪魔するのは、生活なんだ。生きていくにはお金が必要だ。家族を支えるほどの収入はすぐには見込めない。親不幸モノでなにもしてあげられない。両親はもう歳であと10年20年だろう。なにもしてあげられないかもしれない。だけど両親の望む普通には僕はもう戻れないよ。きっと僕の方がこれからの人生長いもの。親であろうと他人。自分の人生は諦められないよ。
わかってはくれないよね。ごめんなさい。


世界を変えるチャンスが欲しかった。
自分を変えて、世界を変える。
見ているものすべてを変えたかった。

なにが普通だとか信じたくないし、どんな人生も僕がやってしまえばそれは普通に変わる。

つまらないものすべて、もう切り捨てて。
前だけをみて、もう進んでいくしかないよ。ずっと。

飛んでいきたいよ


そろそろ本当に実家を出たい。
僕はちゃんとできません。もうちゃんとできません。普通に、安定になんていう暮らしまだ望んでない。そんなことはあとでもできる。今はまだ攻めてたい。こんな気持ちがなくなるまでわ。

家にいるとそれを邪魔される。惑わされる。親の言うことも聞けない子供でごめんね。僕の人生を邪魔になるから家を出たい。なにも言われたくない。もう最低さ。
こんな僕でも許して。

家出たいな〜 誰か一緒に住んでくれないかな〜 彼女作ればいいのか。そうか。
めんどくさ〜。
やりたいことが多過ぎて彼女なんて全然必要ない。僕のことを理解し、そっと支えてくれる彼女だったら欲しい。

僕はすでにそこらへんのやつらよりはリア充。生きるということをひしひしと感じながら全力疾走。明日には全く覚えていなくたっていいの。

私の今を輝きたい。これが最期だって、何度でも。

チャンスが巡ってきても僕がゼロなら意味がない。
チャンスがきたら飛びついてく。革命を起こしてやる。

コネクト


ものすごい出会いをしてしまったかもしれない。

名前は出せないけど某有名デザイナーと知り合いになった。日本だと伊勢丹などに取引のある。コレクションもやっていたブランドのデザイナーだ。


おととい、起きると一通のメールが届いてた。送り手の名前が出ていなかった。
どなたですか?と聞くとWebデザインスクールの人だった。

アルバイトの話をいただいた。
作業内容は、商品の撮影とソーイング。

詳しい話を聞きに今日、今朝職場へいってみたらものすごい人物と出会うことになった。


これは大きなチャンスかもしれない。
続くターニングポイントになるかもしれない。

なんてラッキーなんだろう。
ラッキーなんかじゃない。すべて自分の行動で手にいれて来たものだ。行動がなかったら新たな人との出会いもなかった。

かなり確実に変わってゆくだろう。
もう一度ファッション業界に関わることになる。そこで、新たなコネクションと、デザインスキルを付けられたらと思う。

やばい人生が僕を待っているのだろうか。
もっと広い世界を見れるのだろうか。
跳べ、跳べ、跳べ。怖がるな。いってしまえ。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
最新コメント
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ