光のなかに立っていてね

人間は思い出に別れを告げることはないと僕は思うわけで。その中で、僕は自分のしてきたことや、やってきたことを常に笑って生きて行けるようなそんな人生を僕は一生過ごしていきたいです。

February 2013


月曜日から前働いてた肉体労働のところへ戻り、帰ってきても疲れきってて月曜日、火曜日は速攻寝てました笑
一緒に働いてる人たちはあまり以前と変わりなく面白くて優しい人たちばかりで、でも働いてるとやっぱり速く此処から抜け出したいってすごく思いますね。自分にとってはすごいいい環境かもしれない。そこで落ち着こうなんてまったく考えられなくて。

水曜日、今日は学校卒業して以来久しぶりに学校の人たちと会いました。自分が特に仲良くしてグループの人たちは1人Webとは別の以前の仕事と同じ職に就職が決まった人だけで、他の人たちはまだ就活中でした。
話を聞いてるとやっぱり面接いけるだけでもいいらしく、本当に面接にいけるだけで嬉しいことなんだなって思いました。応募するときにポートフォリオサイトのURLを書いて送るので、面接が決まる前に技術、センス等は少しは見られてるみたいで。
面接に行けているということは1次試験通過のようなもので、あとは面接ですね。

久しぶりにみんなに会えて、落ち着いたし、情報交換も兼ねてとてもよかった。4時から10時くらいまでずっと飲んでたけど笑


同じ職、Webデザイナーを目指す人が周りにいるのでみんなのポートフォリオサイトを見てるんだけどやっぱりそれぞれ個性が違くて面白いね。みんな個性が出ててとても面白い。感性、センスは違うけどみんなそれぞれいいものを持っていて、やばい、負けてらんないわって。面白い面白い。

面白過ぎて、やっぱり自分のしてきた選択が最高だったなって思える。まだまだ思うには早いんだけど、やっぱりデザインに対して本気になってよかったなって。
これから技術をつけてもっと活躍していきたいと思う。わくわくして止まらないよ。
僕が目指すところはデザイナーという枠では留まらずクリエーターとして活躍したいと思ってます。
あらゆる制作をして、その制作、企画、デザインで人々に影響を与えたい。物事を伝える、面白いと思わせる、感動させる。

わくわくするね。



バイトしながらになったけど就活は相変わらず進めてて、明日も面接です。感謝。
速く働きたいよ。だけど、恋は焦らず。職探しも焦らずって感じで自分のペースで必ず自分に最良の環境を見つけてそこで働けるようにします。内定をいただけたら、それも縁だと思い、選択します。

ほんと仕事に関しては、バイトも前職も自分の実力で職につけていた感じがしないので、今回は自力で選択し、最高の選択をします。
わたしは自分の人生をあきらめません。
最高の光で輝いてみせますよ。本当にテレビなどで皆さんの目の前に現れるくらい活躍できたらなって思ってます笑 有名になりたいとかではないけど、いややっぱり最上級を目指すなら歴史に名前が残るくらい活躍したいですね。それは夢です。その夢に向かい、果てしない努力をしていこうと思います。

人がいつか死ぬっていうことを考えると、なにかやらずにはいられなくなる。
この世界に対し、愛を持って戦います。

やりたいことをやるだけさ、だからうまくいくんだよ。
男はいつでも本気になったときが青春だ。


死ぬまでになにができるか。気高く生きる道を選択します。



明日も頑張りますね。おやすみなさい。

うみべの女の子


浅野いにおの本を読んだときはいつもブログを書きたくなってしまう。
うみべの女の子はこの前発売された2巻で完結した。とてもエッチな感じだ。
どうなっていくのかとても不安だったけど。いにおさんのマンガはどこへいくのかわからないから。不安だったけど、珍しくはっぴいえんどだったんじゃないかと思う。
少しネタバレになってしまうんだけど、最後の方にはっぴいえんどの風をあつめてという曲が使われる。マンガの絵を見ながらYouTubeで検索して聴きながら読んだ。
それはちょっと新しい感覚で、マンガと音楽があまりにも合い過ぎててとてもいい気持ちになった。だからはっぴいえんどになったんだろう。
いにおさんのマンガは世界に引きずり込まれる。マンガを読んで以来僕はこんな生活にとても憧れている。本当にソラニンみたいな環境で暮らしたい。街並みもとても綺麗だ。憧れてる。マンガでは本当に幸せだと思えるものはないんだけど、なんとなく充実してるようなそんな話で。僕は誰も知り合いのいない新しい街に住んでみたいと思う。

リプトンの抹茶ミルクが美味しかったよ。
是非飲んでみてください。

ずっともう前だけを見て進んでいけばいいよ


さっそく今日以前働いていたバイト先へいって面接受けてきた。
月曜日からまたフリーターへ復帰です。

本当にただ考えてみれば甘い考えでいただけで働きながら就活をすることが本当は1番で、だけどめんどうになって仕事を早く決めれば大丈夫だと思ってた。なにかをあきらめたわけじゃないけど社会の壁に打ちのめされたような、ちょっとやられました。甘かっただけ。

バイト先へいったら以前働いてた人たちがいて、本当に自分本位なわがままな行動なのに暖かく向かいいれてくれて、本当に人には恵まれてます。
昨日、この決断をする前に新井に服を買い取ってもらった。本当は自分の好きな服売るようなことしたくない。着なくなってもういいやと思えるものならいいけど、自分が選んで見つけてきた服、ほとんどがお気に入りに決まってるからなんか手放せなかったりする。けど、お金に困って売った。
新井は古着屋をやってるしお互いに悪い話ではないんだけど、新井も友人だからと言ってできるだけ高い値段で買い取ってくれて、本当に感謝の気持ちでいっぱいだった。
またバイト先でお世話になれるのも、先輩のおかげだし、ただ感謝をすることしかできない。
周りの人に助けられてるとものすごい感じて、俺はまたしっかりと頑張らなくちゃな。

本当に俺が幸せになれたら、また仕事に就いて幸せになれたら、必ず恩返しをするから。自分が幸せになったとき、みんなにも幸せが訪れるようにするから。
俺はずっとそうしたいと思ってる。そう思って今頑張ってるっていうのもある。


また戻るバイト先には夢がないんだよ。
なに一つ、希望を見出せない環境だ。もう働いてわかったことだから、戻りたくないって思ってた。なにも学ぶことのできないところでは働きたくないって思ってた。一つ一つやってって卒業していくみたいに思ってた。だけど、また戻った。
つまり死にそうだったってこと。
このままじゃ死ぬと思ったから、生きるための選択をした。もうこんな生活があと一ヶ月も続くようだと思うと多分無理だった。ストレスを発散する場すらなかったから。お疲れ様。
またゆっくりでも進んでいけばいいよ。
それでも必ず前に進んでる。誘いも全部断ってた。お金がなくちゃチャンスも逃げてく。
楽しみながらいくよ。そう、楽しいことをするために仕事を探しているのに、こんな気持ちでいたら楽しいことがなんなのかわからなくなってしまうから。それは金で解決できることじゃないんだ。

なんだか勝手に悔しいような気持ちになってるけど、当たり前の決断、いいんだよ。


前職を辞めてニートになったりフリーターになったり学生になったり、この一年。
成長の年になったけどものすごい頑張ってたつもりだし疲れました。いろいろと環境が変わり過ぎたかな。どれもこれも自分を幸せにするための選択だからいいのだけど、楽しかったなんて一言で言えない年だったかな。
なぜか最後にこの一年の締めくくり笑
もうすぐまた春がきて、そのときにはまた違う仕事してたかった。どんな風になってるかわくわくしてたのに中々進めなくてまだ此処。だけど、あきらめないための選択だから。最高の選択をするため。

こういう夢だしもう一度かけたい。いつか。

壊れかけた夢


今日も面接だった。
もう、疲れちゃったや。
早いよね。やっと最近面接受けられるようになってきて、まだ三社しか受けてないのに。
気付いたら全然行きたくもないところ応募してて、志望理由なんて思い付かないし、むしろ御社で働く気はありませんだし、もう嫌んなっちゃった。

今日面接をしてくれた人たちすごく優しかったんだけど、制作物を評価してくれて嬉しかったんだけど、全然入りたくなくて、相変わらず伝えるのは下手くそだし、なんか自分が嫌になっちゃったのかな。
最後に一言なんかどうぞとかいう質問来てさ、俺さ、やっぱりすごいいい人だからさ、ありがとうございましたって言っててさ。なんでありがとうございましたって言ったのかまで説明しててさ。泣きそうなくらい馬鹿らしく思えたんだけど、俺はやっぱり俺っていいやつだなって思ったよ。意味わかんないよね。ありがとうございましたって言ったのは、本当にこの場を与えてもらえてありがとうございましたという感謝の気持ちで、今日の面接の中でも、学べることがあって、気付かせてくれてありがとうございましたっていうそんな感じなの。それと少し、「もういい、ありがとうございました」っていう気持ちもあったのかもしれない。入りたくもないし、もういいよって。

なんか特別大失敗をしたとかもないんだけど、なんだかもう嫌になった。
今朝面接の前、お母さんと話してる途中にメール来て、見たら企業からの合否通知で、結果はダメで。でもそんなことすぐにさっきまで話してたお母さんにこの前のとこダメだったなんて言えないし、なんだかここ最近ものすごい生き辛かったんだ。ただ生きてるだけということが辛かった。この歳でまだ親の世話になって、自分にしてあげられることはなにもないし、面接受けても合否を待つだけじゃいられないし、次のとこ次のとこって、本当は1番最初のところに行きたかったに決まってんだろ。
なんでもよくないんだけど。選んで当然だろ。働きたくもない会社に勤めてる方が馬鹿だ。

もうなんだか嫌になって、帰りの電車で時間を忘れた。昨日入れたばかりだったユーミンの守ってあげたいだとか、染みてきて、疲れきった体に染みてきて、そのあとはサンボマスターに励まされて。俺は諦めたわけじゃない。諦めたわけじゃないんだ。でももうこのままじゃダメだと思った。


地元の駅に着いて最近ずっと気になってた店に一度通り過ぎたのに入った。そのお店は洋服屋で、店の前の看板にデザイナー募集と書いてあってずっと気になってた。お店に入って看板読んで入ったんですけどって話して、店主といろいろ話をした。
この人もなにか面白いことをやりたくてそういった募集をしてる人だった。
今度一緒になにかできたらいいなと思ったし、就活帰り、スーツ姿だった僕は少し元気を取り戻した。


今までまだまだ甘ったれてました。
早く仕事決めたくてバイトもせずに就活に専念しようと思ってたのだけど、そう簡単にはいかないし、なぜかまたこんなところで道を間違えようとしてて、そこには生活的焦りとかもあって、もうなんだか諦めたって感じです。

就活することをじゃないですよ。
周り道をしても、もうゆっくりでもいいやって、やっと折れて。バイトしよう、と思った。職業訓練に入る前にしてたバイトに、すごいつまらないバイトに戻ろうとそう思いました。一緒に働いてる人たちは楽しい人ばかりなんだけど、あの現場には夢が全く見えなくて、ずっと働いてると死にたくなる。そんな環境だった。たった二ヶ月働いた中でそう感じた。その二ヶ月はかなり働いたのもあるけど。
今まで甘ったれたこと言ってました。まだ甘えがありました。バイトして、普通の生活を自分でしながらちゃんと仕事を探します。普通だよね。就活するのに、バイトしてると中途半端になると思って今までしてなかったけど、そんなのも全部自分の努力次第だよね。
早くハッピーになりたくて仕方なかった。
新しい仕事に就いて、早くもっと成長して、ハッピーにハッピーになりたくて仕方なかった。早く。でもうまくいかないし、だけど、どこへいってもいいわけじゃない。もうこれはだめだと思って。気長っていうつもりもないけど、ちょっとゆっくりします。
最近もう二ヶ月こんなずっと我慢する生活してて、それもよくないなって。
心が豊かじゃないと少し頑張るとすぐにへこたれちゃうなって。
辛い時こそうまいもんを食えと言われた。
いつもうまいもん食いてえよ。

夢がある。好きな服を好きなだけ買いたい。もう仕事辞めてから服なんて全然買ってないし、欲しくなるのも嫌だから全然服を見てない。
そういったことも叶えるために、夢を追いかけてる。幸せな気持ちでいっぱいになりたいんだよ。
頑張り続けていくしかないから、ずっともう前だけを見て進んでいけばいいよ。

そういう選択をしました。
全然悪い選択じゃないよね。普通だよね。
この二ヶ月くらいすごく辛かったや。もうおしまい。
また頑張ろ。

20130210 FLOL Vol.2


http://youtu.be/3u4h7-GvIco

http://youtu.be/edTkXV-JDA0

http://youtu.be/S_xOzkEObwY

http://youtu.be/slpW719pSpU

http://youtu.be/kiLVONNdQ3I


この前のライブ映像載せてなかったので、よかったらみてみてください。


自分がやってるのだと自分ばかり見ちゃうね笑

いいライブだったって思います。
駆け抜けての最後でダイブしてるとこのタイミングがものすごいいいなって思うし、銀河鉄道やBABY BABYもすごく気持ち良さそうに弾いてる。頷いてるのは目が会った人たちとのアイコンタクト。
漂流教室の最後「君と僕は一生の友達なのさ」のとこは微笑んでて、見てるこっちまで笑顔になる。自分なのに笑 誰を見てたんだろな。
楽しかったね。ありがとう。

夢は宇宙に追いた


俺さ、高校受験の時、もう頑張るの辞めようと思ったんだよね。
あの時、塾に通ってすごい頑張ってた。毎日毎日過去問やって、結局そんなに頭のいい学校にいったわけじゃないんだけど、それでも、頑張ってたんだよね。頑張ってなかったらもっと頭悪いとこ行ってた。

受験から解放されて、もう頑張りたくないって思った。もう受験なんてしたくないって。塾は勉強をするところだけど、別に嫌だったわけじゃない。むしろ学校より楽しくて好きだった。だけどもう受験は嫌だって思ってた。高校時代は勉学に対してなにも頑張らなかった。

あの時なんのために勉強してるかなんてわからなかったから。自分でやっていることが意味のないことだと思うとやる気を失う。当たり前のことをやるのに、なんの意味があるのかわからなかった。それは俺には必要ないんじゃないかって思った。
それからやりたいことしかやっていない。
別に興味ないことをやる必要なんてない。将来使わないもの。使うのであれば勉強する。物事を自分の頭で考えられない人が本当の馬鹿だと思う。世間のいう当たり前なんていらない人だっている。

自分の親の教育は自由に育ててあげるということだったらしい。今僕はこういう人間になったけど、自分では今最高の人間だと思ってるけど、もしかしたら酷い人間になっていたかもしれない。その可能性は十分にあった。中学まではどちらかというと悪いやつらとつるんでた方だから。

なぜ今こういう人間になったかはわからない。だけどなんとなくわかる。
本心ではこうなることを望んでいたんだろう。悪いことをしていたからわかることもたくさんある。身を持って体験してるから口だけじゃなく言える。誰かに教えられて言っているのとは違うんだ。これは俺が感じとって出した答えなんだ。



面接の話。
初めての面接、一社目。
僕以外にもう1人いて合同の面接だった。
久しぶりで、面接はやっぱり苦手で初っ端頭が真っ白になり話せなくなり失敗をした。練習しにきてよかったと思った。面接のマナーだとかあるけれど、もうなにも意識しなかった。思うようにしゃべれたところもあるし、自分らしく素直だったと思う。媚びを売りにいく気はないし、正直全然働きたくもない会社だった。
面接が終わり、一緒に面接を受けた人と帰りにお茶でもどうと誘われて話した。
多分自分の10個くらい上だと思う。音楽の話で共通するところがあり盛り上がった。
その人は面接をする上でライバルだったわけだけど、2人で話している時この会社はもう諦めると言っていた。面接の最後に課題を出されたんだけど、それがめんどくさいからやらないと言っていた。
話していて感じたのはその人の意識の低さ。いい人だけど、俺もその人とは働きたくないと思った。話を聞いているとすでに一社内定をもらっているらしい。楽な会社を探しているように感じた。まあ自分より10個も上で苦労もして、こころ折れてそういう風になってしまったのかもしれないけど、やっぱりつまらなそうな人だと思った。
その人の話によると、その人は僕と同じく職業訓練を経て今WEB関係でバイトしてるらしい。以前に就活をしてる時、やっぱり未経験のWEBデザイナーを正社員で取ってくれるところは全然ないらしく、面接にも呼ばれなかったと言っていた。だから僕が未経験なのに面接に呼ばれてすごいねと言ってくれた。ポートフォリオが評価されてるなら嬉しい。年齢が若いってのもある。
その会社の次の面接に進む気はないけど出された課題をこなした。これから勤める上でテーマを与えられ制作することが仕事だし、自分にはそういう経験があまりなかったからちょうどいいと思い、自分は課題をやることにした。その課題が気に入られ、次の面接に呼ばれればやっぱり自分にはそれなりの技術とセンスがあることが会社に認められるわけだし、自信にも繋がると思ったからだ。

二社目。
二社目の前日にブログを書いた。そのブログのおかげで思ってることがまとまっていたので一社目よりはうまく話せたと思う。
面接は苦手だけど、これも経験だよね。

どちらも2次に進めるといいなと思う。会ってみて、やっぱりコイツだめだなんてのはショックです。書類審査の際にポートフォリオを提出して見てもらってるんだから、1次面接にいけたということは技術面はOKだろうということだろう。
それで面接してダメになるということはやっぱり自分に問題があるということ。話すのが下手くそだから、特に面接みたいな場面では緊張してしまってダメダメだから。
それでも意識の高さ、熱さは伝えようと頑張ってる。少しは伝わってると思う。
面接通って欲しいな。
それが目的になりたくないけど。しっかりと自分が成長できる環境を求めてる。

明後日も面接。
今度は川崎。

どこでもよくない。
自分に最良の環境で、最高に成長したい。


いいところへいけますように。

ラストラブレター


僕があなたと別れて感じたことは、改めて人が好きだ、ということでした。

あなたのおかげで今、前以上に人生を大切に送れています。


とても辛い別れだったけど、ありがとう。

my life is normal life


自分のつぶやいたオリジナルの言葉が誰かにお気に入りにしてもらった時、とても嬉しい。その人になにか届いたということ。僕の伝えたい気持ちが伝わったってことだと思う。ネット上だけで僕のことをちゃんと知らない人であっても。

そう、僕はなにか人に影響を与えることがしたかったんだってことがわかったんだ。
今までやってきたことを考えなおしてみても、それはすべてに共通する。
ファッションを勉強してる時はファッションを通して自分を表現したかった。ただかっこ良さを求めてるわけではなく、ファッションって好きなように、自由に着ていいんだよって、面白さを伝えたかった。世間に出る中で、表に表現できるものなんだから。堅苦しい世の中だけど今時代は自由を求めてる。楽しむことを忘れて欲しくなかった。だから。

音楽をやっている時だって、僕は自分の気持ちに合う歌を歌う。ただ歌うことが好きなわけじゃない。音楽を聞いて感動するじゃない。コピーでもなんでも、もう一度伝えたかったから何度でも歌う。人間は忘れがちだから。ライブで、その生の空間で、また生き返ってもらえたらなって思う。うまく伝えられないけど、見てて欲しいんだ。僕が証明して見せるから。だからあなたにも勇気を。

今やろうとしてるWEBデザインはもろにそうだ。今までやっていたファッションというジャンルを越えて、もっともっと幅広く影響を与えるチャンスがあると思ったから。そして一瞬で世界へ。

やっぱり僕も世界を変えたかったみたいです。

今日面接いったんだよね。
そこの社長さんとお話をしたんだけど、世界一を目指してた。きっと会社を起こそうとする誰しも世界一を目指すんだと思う。
ワンピースで言えば海賊王にみんななりたがってるわけだ。
今日の面接の話に変わるけど、意識の高い会社でいいなとは思った。だけど最初、本当の最初、なにを目指してたのかわからないけど、なにか目的が変わってきてるんじゃないかと思った。ただ世界一を目指すために売れる商品を作る。つまらないと思った。世界一にもしなった時そこになにがあるんだろう。世界一になったという現実とお金だけ。それでおしまいなのでしょうか。追い続けなければ衰退していきダメになります。そうなると世界一なんていう夢も小さな夢なんじゃないかと思ってしまう。ジョブズは言ってた。宇宙に衝撃を与えたい。そのくらいの夢がちょうどいいですね。夢は叶わない方がいいかもしれません。だからものすごい高い目標を掲げ、そのためにやっていくことを一つ一つ小さな夢にして叶えていくのがいいんだなって思います。夢が現実に近付くにつれて多分、つまらなくなってきたなって意識が弱くなってしまうと思うんですよね。
夢のない世界一なんて言葉嫌いだなって思いました。
それならあなたも僕ももう世界一なわけだし。売れるものを探して日本で初めてやって売るなんて、本当につまらないことだなって思いました。僕のやりたいクリエイティブなことには当てはまりませんでした。
そういう会社が今はたくさんあるんだろうなって思います。

高校生の時感じた、周りのやつらどいつもこいつもつまんねーって感覚にとても似てると思いました。
みんなみんな、どいつもこいつもつまんねー。大人になってもやっぱりつまらない人たちで溢れていました。久しぶりに感じました。みんな世界を目指しているのは意識が高くていいんだけど、物足りない。結局この世界で生き延びたいって思ってるんだなって思いました。ジョブズはどう思っていたのでしょう。宇宙に衝撃を与えると言ったジョブズはどうしたかったのでしょう。
この前YouTubeの動画をあげたんだけど人間のクリエイティブってものすごいと思うんだよね。ただ生きるということとは離れているんだけど。生きてることを楽しんでる感がたまらなく感じて。
世界なんて、国とか考えちゃってる時点で考え方が狭いなって思いました。
もはや自分自身の目の前こそが世界で、世界はたくさんあって、その世界を変えてやりたいと僕は思いました。
つまらないと思いながら生活してる人たちをずっと助けてあげたいと思っているし、ずっと応援していたい。
根拠もなく、誰かを励ます言葉なんてかけられないから、まずは自分が自分自身の世界を変える。
そしてそういった人たちも幸せを感じて生きてもらいたいから応援したい。



もう僕の夢はこれで決まりです。
そのためになにができるか。一生をかけて、自分自身で証明し、自分自身とあなたの世界も素敵なものに変えたいと思います。


世界一になったとしても終わりが必ずくるということを考えた時それはとても意味のないものだと感じる。

カートコバーンの遺書を思い出した。
「徐々に色褪せていくなら、いっそ燃え尽きた方がいい」
この遺書を残してカートコバーンは全盛期に自殺をした。らしい。

カートコバーンは今でもこうやって一瞬の光を残してくれてると思うんだよね。

そういったことの方がよっぽど価値があると思うんだ。なにかを発明するように。世界一ではなく、世界に影響を与える。

アップルはやってくれたよね。エジソンも、ライト兄弟もやってくれたよね。

こんな夢なら死ぬまで追いかけられると思うんだ。むしろ命をかけて追いかけると思うんだ。一生成長し続けられるということ。
気高く生きる道を選択するといったよね。

change the world
pray for world

死んでもかまわない
あなたのために

め•ん•せ•つ!!!


明日面接です。
久しぶりって感じです。専門学生時代少し就活をしていたぶりなので。あの時全然頑張れなかったから僕はまたこうして就活をしているんですね。失敗はしてもいいけど同じことを繰り返しちゃいけない。

明日面接受けるとこ。
志望動機、特にありません笑
本当にいきたいところ意外志望動機って全然思い浮かばなくなるよね。元々僕はほとんどフィーリングで生きてる生き物だから。
つまらなそうって思ってます。
会社を選ぶ基準は面白そうかどうかです。求人みながら1人、「つまらなそう」とかつぶやいて探してます。
面白いことがしたいんだから、面白いことができる環境が必要なんだよ。そういうこと。

だから、先に言っておきます。
落ちてからの言い訳になる前に笑
明日受けるところは失敗しにいこうと思ってます。久しぶりなので、面接が苦手なので失敗して覚えないといけません。
たとえ、万が一内定をもらったとしても断ります。早く現状から抜け出したいけれど、また適当な会社に入ったって仕方がない。未経験だしそこで技術を積むのもいいけれど、僕はもうあまり時間を無駄に使いたくないので最初から見極めていきたいんです。やりたいことは決まってるんだから最初からそこへ飛び込みたい。
舐めた口です。
だけど、諦めたらそこで試合終了ですよ?

どんな状況下にいても、最初の気持ちを忘れずに、あの時思ったように、気高く。
必ず道はあるから。好きな場所へいこう。
僕ならそれができる。

明日、面接楽しめるといいな。
苦手なことも克服できるといいな。
1番いきたいところでもないからこんな気持ちでいられる。リラックスして、一応ちゃんと頑張ってきます。だからダメだったら凹むし、ちゃんと反省します。

というわけで、明日は8時起き、1時に青山。

画像1

頑張るね。

おやすみなさい。

糞野郎


最近の若者が心配過ぎる。こんなこと言える立場じゃないかもしれないが、おれよりもさらに頭が悪いと思う。頭が悪いというより考えた方が糞になってきていると思う。夢とかないでしょ。おれもないけどさ。ネガティブな子が多いよね。
そういう子見てると自分がポジティブだからムカつくし、なんでそんなつまらないことしか言えないのって思う。本当にかわいそうで仕方ない。
他人だからそんなことも関係ないんだけど、助言はしてあげたい。そのまま一生つまらない人生にしてしまうのはあまりにももったいないと思うから。
世の中のいろんなことは考え方次第だと思うんだ。それをプラスに変えられないやつは負にしかならない。申し訳ないけどクズだ。そうなって欲しくない。おれもそうなりたくない。諦めるたくないね。
他人の人生も、自分の人生も。
こんな世の中を笑って生きていこうよ。

意外と自分は意識が高い方なんだなと思った。つまらないまま終わる、そんなのは嫌だ。それだけのこと。誰だって同じでしょ。

つまらないから世界を変えたいと思ったよ。世界を変えたいと思ったから自分の人生を変えることにしたよ。
本当に世界が変わるのはこれから。
自分が変わったから周りも変わってきたよ。そしたら僕を取り巻く世界が変わってきたよ。そしたら僕は楽しくなってきたよ。
そうなるはずだ。

お金も女も別にいい。

最後笑って死ねりゃそれでいい。



就活の近況報告。
今朝、いくつかまあ働いてもいいと思える会社を100件から9件絞り応募したところ、日曜日と月曜日、2社面接が決まった。
今まで5社くらい応募したところ書類すら通っていなかったのに、今日はいきなりこんな感じだった。数打ちゃ当たると思った。面接が決まった途端急に上から目線になった。面白いことができる会社で働きたい、ただそれだけだ。
技術と経験を積んで、また新しいものを自分で1から作れる力が欲しい。だから働きたい。常に面白いことを求められる環境が理想。自分にはどんなことも自分の力に変えられるという自負があります。必ずすごいパワーをつけますよ。

まだ面接も通ってもいないけど、面接こそが1番の試練だけど。安定した環境は求めていません。面白いことができればなんだっていい。
まだまだ選択していきます。

おれ、今働いてなくてお金もなくて、なにもしてない環境にいるんだけど。
もちろんこの生活の中にもよかったなってわかったことがある。なにもしてない間も時間はたくさんあって、いろんなこと考えるんだよね。その中で、あれもしたいこれもしたいって、小さなことから大きなことまでいろいろと浮かんできたわけ。だけど今はなんにもできなくて。
だから仕事就いたら、金入ったら、あれもこれも絶対やってやろって。小さな夢ができた。絶対やってやろうって、そのために頑張ってやろうって生きる希望みたいなもんが。そう、ただなにもしてないだけじゃないんです。ない時にこそ夢を見て。
しかも、どれもこれも叶えられる気がしてなりません。
だからわくわくする。早くしたいと。

わくわくしながら生きていきましょうね。

あーあ、これからの自分が楽しみで仕方ないっつーの!
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
最新コメント
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ