光のなかに立っていてね

人間は思い出に別れを告げることはないと僕は思うわけで。その中で、僕は自分のしてきたことや、やってきたことを常に笑って生きて行けるようなそんな人生を僕は一生過ごしていきたいです。

October 2011

Halloween




ハロウィンってことでスカート履いてきます笑 仮装ってか女装笑
ジャケット古着、シャツネメス、スカートギャルソン、帽子ズッカとまとまりないですが笑

こんな感じで会社いってきまーす笑


今んとこ夜ハロウィンパーティの予定ないけど笑





これで自由になったのだあああああ!!!!!好きなことばっかりやっててすいません笑

楽しもうぜ、人生を!

変わらない日常


あああ

こんな言葉しか出てこない。
なにもないんだよ。ただ、なにもない。なにもなく平和。なんのために生きているのかもわからなくなるほど、なにもない。なにも信じるものがないというのはかわいそうなことなんでしょうか。こんな風に考えてるやつなんて最近の日本の若者なんてたくさんいると思うんだけど、これは本当に日本が糞なんでしょうか。若者が糞なんでしょうか。なにも努力できないで、自分かわいそうみたいなふうに思っているだけのやつら。まあどうだっていいから考えるのはやめるけど、俺は今日は駅の階段を下る時、60歳くらいかな、2人のおっさんの間をすり抜けて歩いた。おっさんの格好、おれの格好。本当に同じ時代なのだろうか。今俺は金髪で世間的にちょっと外れてる。でもそれが俺は気持ちいい。気分がいい。人と違うと思いたかったから。明らかに見た目からして人と違う。糞みたいにいる人間の中で当たり前とか、常識とか、俺はそれをそう簡単に受け入れたくないというか、新しい視点でみたかったり、するんだ。つまらないのはごめんなんだよ。あっ、先に言っておくけどいつも通りまとまりないから笑

それと、
俺は今22歳。
きっと女の子たちはそのうち結婚していくよ。今遊べているのもきっと全然遊べなくなるんだ。きっとそう遠くない。男は一人の方がいい。夢があるなら女は作るな。女がいると守りに入るから。
だから最近の俺は、久しぶりに攻めてんだ。金髪にして、それでそれで、ファッションも、最高に楽しい。楽しみたい。大好きだよ。音楽もファッションも。そしていろんな人と遊ぶことも。自由過ぎてどうしよう。俺ってなにやってもいいんだなって思うとすげえ。彼女がいる時どうなってたのか、束縛されてたとか全然思ってないんだけど、やっぱり幸せで満足しちゃってたのかなあ。
今はなにも満足しないだろうな。なにをしても満足しないだろうな。やってることに意味がないからかな。それでもこの季節、彼女が欲しくなっちゃっりして笑 それも俺の思うことだからなんだっていいんだけど。
ひとつだけ目標というか、ふと思ったんだ。こんな俺が10年後も同じままだったらと思うと、糞だと思った。30歳になったときまだこんなこと言ってるような中二病だったら。
それは嫌だと思った。アンチエイジングだけど。少年の心忘れないだろうけど。
だから俺は30歳くらいには結婚してたい、思った。まあなあなあとそのくらいなんじゃない?と思ってたけど、今は30歳までにというタイムリミット付き。
学校卒業してからさ、俺らの人生って、自分で区切りつけていくしかないわけよ。3年で卒業とかないわけよ。仕事について、辛いけどなにも言えずに耐えて死ぬまで働くのも自分で決めることなんだよ。だから今をなあなあに生きてるやつは終わってる。早く気付けと言いたい。焦るべき。人に言えることじゃないんだけどね。俺も最近になってわかったばかりなんだ。俺にはまだ道が見えてない。だけど、俺は高校卒業からずっと自分でやりたいことをやってきて探そうとはしてるんだ。だからやっと今の仕事も辞められる。初めて仕事に就いて、社会人として世の中の奴隷になり、つまらない世界を見た。俺はもう疲れてすべてから解放されたくなったよ。なにもやりたいことなんて見つかってない。ただやりたいことはたくさんあるんだ。ただどれも信じられない。自分を信じられていないんだね。ナルシストくらいがちょうどいいよ。
いやいやいや、俺はまだまだ面白いこと探してくよ。みんなマジで楽しもうぜ、人生を。今、究極に、ハイパーに自由だから俺は。なんだってできるんだよ。思ったことなんだって。ものすごい幸せなのに、横浜駅や富岡駅で探してしまうのはなぜだろう。あああ早く立派になって、見返したいな。俺は今が幸せですって。

なにもなさすぎて、たまにものすごくだめになるのは俺の中がからっぽだから。叩いたらすぐ壊れるよ。埋めてかなきゃな。満足できることして、達成感とか感じて。俺はもう一度一人でも全然大丈夫になりてえ。
って結局またそういう話かよ笑 つまんね〜な〜

なあなあな日記。
おしまい。

死にたい季節


を超えていけ



吐き出し過ぎて、強がっていたところまで吐き出し過ぎて、弱ってしまったんだ。仕事も忙しくてね。辞めると決めているともう一刻も早く辞めたいと思う。ストレスが貯まる一方。頑張って3年働いて、そのご褒美として、退職金をもらうんだ。もらってやるんだ。ボーナスだってでない会社だったんだから。
こんな時期から糞忙しくて、うわああああもう辞めたい。年寄りばかりの職場。うざったくてノイローゼになりそう。俺正直年寄り嫌いだわ。頭硬くなってんじゃん。自分が正しいってもう決まっちゃってんじゃん。うぜえ。めんどくせえ。ぜってーこんな頭の硬いやつらになりたくない。だからこんな職場にいてられない。もう俺はすべてから解放されたい。

もうすぐ11月。
今年もあと2ヶ月。
一番の出来事は東北地震。それと俺は大切なものを失ったこと。
嫌なこと、忘れなきゃ。
ただ簡単に忘れちゃいけないけど俺の憂鬱を撃ち抜いてぶっ殺さないと。年内に。
ということで、年末に忘年会を計画中。意味のあるね。泣いて、笑って、笑って、笑う。最後笑って死ねるそんな歌が歌いたいだけさ。
大きなことを計画中だよ。頑張りたいことができた。糞ったれの俺なんかになにができるのか、それを見つけ出し、変えていく。リバース。
生き返らせる。生まれ変わらせる。
震災した街を。なにもせずに生き残り、当たり前に生きる自分を。

変えていきたい。



また熱く燃え始める。


変わらない日常

変わらない世界

変わらない自分





本日、青天の…

新しい文明開化


輝くことを忘れちゃいけない。みんな輝ける場所を探してる。だからたまにライブやりたくなるんだろう。
輝くことを忘れちゃいけない。
新しいことからなにも逃げちゃいけない。向かうべき。新しいなにかを見て面白いことを感じるべき。男の子なら誰でも。

難波さん「マジでもっと楽しんで行こうぜ!人生を!」


輝くことを忘れちゃいけない。見失っちゃいけない。なにもあきらめちゃいけない。俺が思ってることはすべて本当の俺。なにもあきらめちゃいけない。できる男とできない男の境目。

人生を楽しむことを、輝くことを決して忘れない。




金ピカあああああああああ!!!!!!




マジで、もっと楽しもうぜ!人生を!




瀬戸内寂聴のありがたいお言葉

「生かされているということは生きる価値があるからです」

スティーブジョブズのお言葉

「自分が本当に心の底から満足を得たいなら進む道はただ一つ、自分が素晴しいと信じる仕事をやる、それしかない。そして素晴らしい仕事をしたいと思うなら進むべき道はただ一つ、好きなことを仕事にすることなんですね。」

「その他大勢の意見の雑音に自分の内なる声、心、直感を掻き消されないことです。自分の内なる声、心、直感というのは、どうしたわけか君が本当になりたいことが何か、もうとっくの昔に知っているんだ。だからそれ以外のことは全て、二の次でいい。」





輝くこと忘れない。輝きたいと思うこと忘れない。

人生をもっと楽しんで行こう。目の前のことにたまにとらわれ過ぎになってしまうんだよね。もっと広く考えればすべてはちっぽけなんだ。その中からもっと楽しいこと考えよう。FEELING FREE!!

閉ざさずに開いていかなきゃ。
忘れんなよ。忘れなんよ。

俺はなにもあきらめねえ


朝から定期を忘れて取りに帰って遅刻。弱っている時にこういうことが続くともう嫌だと思う。仕事も超だるい。早くやめてーなー。だけど声かけてもらっただけのなんの変哲もない優しさに簡単に泣きそうになる。めっちゃ憂鬱な朝だった。どうでもいい日の始まりだった。
仕事中いろんなこと考えてた。俺はなにもあきらめたくない。そう思った。Twitterで瀬戸内寂聴のありがたいお言葉botを読んでた。


どんなに好きでも最後は別れるんです。どちらかが先に死にます。人に逢うということは必ず別れるということです。別れるために逢うんです。だから逢った人が大切なのです。

別れの辛さに馴れることは決してありません。幾度繰り返しても、別れは辛く苦しいものです。それでも、私たちは死ぬまで人を愛さずにはいられません。それが人間なのです。

あなたは苦しんだ分だけ、愛の深い人に育っているのですよ。




ありがたや〜。
なんかいい言葉聞きたかった。



あきらめないでいようそう思った。
会社出たらふとこの前までの自分に戻った気がした。また馬鹿なこと考えてた。俺は今自由なんだ。人のために生きるんじゃない。自分のために生きるんだ。あぶない。また一つのことだけに気を取られてた。この世界にはたくさんの可能性があることを。そう思うと気分は楽になってった。忘れなくてもいいけど、俺も次へ行かなくちゃいけない。わかってるのに、たまに見失う。ていうかまだなにも。だけどそういうこと。
昨日、今日の憂鬱。くだらねえ。
俺はなにもあきらめたくねえ。弱音ばかり吐いてるのがパンクロッカーでしょうか?口ばかりなのがパンクロッカーでしょうか?俺は心優しきパンクロッカーに。いや。
人間なんです。

なにもあきらめない。なにもわすれない。なにも失いたくない。なにもかも手に入れたい。それが人間なんだ。

最後笑えればいいんですよね。早く笑いてえ。早く笑いてえ。早く年越したい。早く新しいことしたい。なんかしたい。やっぱりしたい。


早く越えていきたいんだ。
どうだっていいんだよそんなこと。くだらねえ。くだらねえ。くだらねえ。

もっといいことがあるぞ!この世の中にはもっといいことがあるぞ!そう思うしかねえんだよ。まだ見ぬ明日になにがあるのか僕は知らない。
待つべきなのか、向かうべきか。

さあまた明日から少しずつ頑張ってこ。

さよなら


返事が返ってくるのを待っているのだろう。本当は俺から消さなきゃいけないのに。
まだ彩の優しさ信じてるんだろう。

忘れたい。
弱っ弱っ弱っ。


さよならと言われても僕は忘れられないのだろう。もし言われたら僕はどうなってしまうんだろう。これ以上傷付きたくないのに君に近付きたいって思うんだろう。それを堪えて毎日生きているのに。たまに抑えられなくなるんだ。会いたいよって泣くんだ。本当はありがとうなんて言葉じゃないのに。なにがしたいのか自分でもわからない。繰り返しているんだ。どうやって大丈夫になったのか教えて欲しいな。


寒くなってきたね。

ありがとう




マジでなんでなんだろう。
せっかく楽しかったのに最後こんな風になっちゃうのは。ごめんなさい。今回はぶっつぶれる前に家に帰ってこれてよかったと思うけど、すいませんでした。なにもしてないし、なにもしてないで死んじゃって。

最近一番の楽しみは軽音のみんなと遊ぶことだなー。幸せだなー。高校時代が蘇ってくるようだ。ありがとう。いつか恩返しができるといいな。ありがとうございます。いつも大きなことを企画してくれる晴さんにマジで感謝。絶対にいつか返さなくちゃな。みんなに。



生きている今日に、
明日からまた、頑張ろう。

どうかしてるみたい


あああほんともうそろそろちゃんとしなくちゃ。
だめだ。ずーっとだめだ。

いつか忘れてしまう今日だね、なんて、言わないで欲しいよ。

どのくらい経ったかなあれから。まだ半年も経ってないのか。

どうか、早く僕も大丈夫なところまで連れてってください。死にたい。ほんと死にたい。死ねるのなら。
くだらないことだなって思うのに。くだらなくなんてなくて、俺の中で一番大事なもんだから。

俺はあれから毎日頑張って生きていたのでしょうか?だんだん慣れてきて、ああ平気になれるかもって思ってた。でもなにも変わってなくて。ポッカリ空いたまま。埋まることはなくて。ふといつも思い出して。そんなことはもうあの子にはないんでしょうか。毎日のように考えるのは俺だけなのでしょうか。今でも俺は馬鹿みたい。なにも手に入れてないのに。なにか変えようと、埋めようと必死で。なにも変わらない日々が退屈で。なんとなく生きていくことがそう難しくはないんだけど。毎日泣きたくて。本当は泣きたくて。話とかもうなにもないんだけど泣きたくて。そばにいてくれたらな。手繋いでくれたらな。もう目覚めなくてもいい夢なのに。なにをしてるのかな。きっと君もそんなに忙しくないと思うのに。大丈夫なのかな。俺ってそんなに大きな存在じゃなかったのかな。

卒業はできないよ。消えたい。あの子のこと思い出さないところに。無くしたい。記憶。君の声。影。
消え去りたい。いなくなりたい。さよならしたい。
大丈夫だろうか。
明日からまた平気なふりできるだろうか。

ほんとどうにかしてほしい。どうにかなりたい。俺なんて、糞ダメ人間なんだ。なにもできない。俺がだめなのに人のこと気にするなんて。
アンダーグラウンドに消えたい。薄暗い秋のように。これはセンチメンタルじゃない。
俺のただの病気だ。糞みたい。いつか忘れてしまうんだ。忘れないでいて欲しいよ。忘れないって言ったよね。約束は守るよ俺は。そうやってずるいんだ。いつも君はなにも言ってくれない。悲しくなるのは俺なんだ。俺だってそうなんだ。届いたのか届いてないのか俺の気持ち。なにか言って欲しいよ。大丈夫になんてなるもんか。死ねない今日を、死にたい今を、越えてやるんだ。どうなったっていいよ。俺なんて別に。
俺は今でもずっと思った通りに生きているのさ。だからこんなこと思ってる今も俺のすべてで、大好きなのさ。嘘なんてないのさ。だからどうだっていいのさ。ボロボロになってもいいのさ。気持ちがいいのさ。ただ俺の気持ちはずっと手を繋いだままなのさ。大丈夫だろうな。きっと。信じれるものは俺の気持ちただ一つ。俺の気持ちには嘘つかないのさ。なんか最近どんどん馬鹿になっていく気がするよ。脳みそなくなってってんじゃないの?

変わらない明日、
なにも変わらなければいい。
俺の心も動揺しなければいい。

なにも探さないでおくれ。記憶よ、蘇らないでおくれ。

普通に、普通に、感情のない一日を送れたら満足なのさ。なにも望みたくない。馬鹿みたいに舞い上がらないで欲しい。俺の心なんて死んで腐ったまんまでいたらいいよ。今は。

それが一番楽なんだ。


明日もカスみたいなこの俺がなにも思わず楽に生きれますように。

帰りたくなかったよ


あんな楽しく飲んでたのになんで。乾杯のテキーラで初っ端から酔っ払って。なんで帰る頃に気持ち悪くなるんだ〜 俺も次行きたかったよ。
俺糞だな。カスだな。またこんなになるなんて思ってなかった。今回はなにもすっきりしてないし。やっぱり残ってたから同じこと繰り返しちゃって。全然覚えてない。
最初かけたら繋がらなくて。まだ仕事の時間かって思って。そしたらかかってきて。ケータイ変えたのかだれの番号かわからなかったみたい。登録しとけよ。あと、この前のことなんか謝られた。えっ?意味わかんない。それだけ。

俺のこと置いてけるほど彩はどこかに行ってしまったんだ。俺も追いかけたくはない。ただ思い出されて仕方なかったのは彩のやさしさ。そばにいてくれ。ずっとそばにいてくれ。世界の終わりきても僕らは離れ離れじゃない。忘れないことを誓う。君が僕にくれたこと。忘れないよ。俺は絶対に忘れないよ。
忘れたいと思っても忘れられないなら。俺は忘れないよ。
ずっと大事なんだ。だからずっと俺の心の中でそばにいてくれ。やさしくしてくれ。俺のこと、忘れないでくれ。

俺はずっと好きだ。



愛じゃなくても、恋じゃなくても、君を忘れはしない。俺は君が好きだ。元気でいてくれ。俺から言える言葉じゃないか。笑顔俺にも見せてね。元気で、笑っていてくれ。俺もそのうち一緒に並べるくらいになるからさ。忘れないよ。俺はまだ君といて、幸せなんだ。どうか。ほんと元気でいて。なにも起きないでね。
君のそばにいつまでもにいたかった。生まれ変わったら一緒になろうよ。花咲くこの街で。もっともっと大事にしなくちゃいけなかったな。なにもわかってなかったな。ただ俺は幸せだった。ごめん。
さようなら愛しい人よ。とてもひどい男だけど。
君のそばにいつまでもいたかった。生まれ変わったら一緒になろうよ。花咲くこの街で。





いつもありがとう。



帰りたくなったよ


君のいたあの頃に。
また電話しちゃった。ごめんね。一番に考えるのは君しかいないんだ。
この前とまったく同じだったな。なんでなんだろ。軽音で飲んでたら。楽し過ぎて飲み過ぎちゃうのかな。全然平気だったのに帰るころに気持ち悪くなってきて、吐いて、涙出てきて、そこから記憶が曖昧。

馬鹿みたい。馬鹿みたいにさみしくなって、もう我慢とかできなくなるんだ。
泣いた。吐いた。うなされるように彩ってつぶやいてた。助けてって。
苦しくって、このまま死んだらいいのにって思った。

朝まで吐いてた。寝れなかった。また仕事休んだ。もう俺カス過ぎる。死にたい。大丈夫のはずなのに。俺の心の角に残って剥がれないものだからもう一生忘れることなんてできないんだ。たまに泣くのもいいんだ。だけどこんなになるほどになりたくない。俺のどこからやってくるんだろう。
さみしかったよ。でももう電話はしなかったよ。彩が遠くにいることはわかっているから。そばにいてくれ。ずっとそばにいてくれ。なに話したか憶えてないな。その声が大好きで、落ち着いてる彩の声に俺は死にたくなった。置いていかないでくれよ。手を繋いでくれよ。そばにいてくれ。置いていかないでくれよ。
死にたい。あの頃に戻りたい。彩。いつかきっと。俺は。君を、忘れないよ。もっと話したかった。
ほんともう、死にたい。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
最新コメント
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ