光のなかに立っていてね

人間は思い出に別れを告げることはないと僕は思うわけで。その中で、僕は自分のしてきたことや、やってきたことを常に笑って生きて行けるようなそんな人生を僕は一生過ごしていきたいです。

March 2009

新社会人


明日、入社式。
10時15分に池袋の本社。

場所わからない。地図ない。GPS使って頑張ろう。


いよいよ明日だー。
明日から社会人だなんて。うそだー。ありえなーい。ありえなーい。信じたくなーい。昨日だって朝まで高校の友達と遊んでたのに。妄想天国。

もっと遊びたかったー。
3月いっぱい遊べばよかったー。ちょっとバイトし過ぎたね。やっとこの前スノボ行ってきたよ。清沢とKIDと。

いつも通り夜行バスは一睡もできなくて、後ろの女がみんな寝てんのに二人だけしゃべっててイライラして舌打ちしてて、景色は白い山ばかりになって、バスのみんな北志賀竜王で降りてバスの中俺らとあと一組になってちょっと心配になって、着いたは野沢温泉!!!

バスから降ろされたけど意味がわからない。案内所とかいってやってないし。地図なかったら終わりだったね。

泊まるところは民宿。
部屋入った時、ちょっぴりビビった。自分の部屋並。隣の部屋の声丸聞こえ〜。

だけどなんだか適当な感じがちょっと居やすかった。



さっそくウェアに着替えてボードを借りに行った。

お腹が減ったので近くのお店で朝ごはん。そのお店の人が優しくていろいろ教えてくれた。近くにいくつもある温泉の中でおすすめのところを聞いたので夜行ってみることにした。


バスに乗ってゲレンデへ。
ゴンドラに乗って上へ、上へ。


山の上はちょっと曇ってた。やっとこ今年初滑り。

やっぱ気持ちぃ〜笑


お昼も食べずにずーっと滑ってた。



宿戻ってきて、靴下くっせー。顔面真っ赤。そういえば日焼け止め忘れた。

みんな寝てないし疲れ果ててご飯食べて部屋戻ったら爆睡。温泉… お、おんせ…

なんとか根性で2時間後に起き、みんなを起こして温泉へ。


夜中9時頃の外出。
雪が降っていた。スウェットで寒い、寒いと言いながら地図を見て温泉を探した。

15分くらい歩いて着いた。


硫黄くせー!
雪道を歩いてきて寒かったのですぐに服を脱ぎ捨て温泉に入った。
あっちー!と思ったけどすぐに慣れた。先にいた地元のおじさんがこの温泉の説明をしてくれた。どこへ行ってもみんなやさしくて心も体もあったまる。

温泉から出て、すぐ隣にお好み焼き屋がやっていたので入ることに。
みんなで乾杯。焼きチーズうまかった。KIDはいい感じに酔ってたかな。


スノボに来て、夜は旅行気分も味わえてとてもいい気分だった。

部屋に戻ってきて布団敷いて、3時頃までずっと吟じてた笑




朝、7時30分。
アラームをかけた僕のケータイが鳴る。

みんな起きないので布団を取り上げて強制的に起こした笑



朝ごはん食べて、ウェアに着替えてしゅっぱーつ!

昨日滑ったので少し筋肉痛。今日はすごいいい天気。リフトから見る雪を被った木が真っ白の桜の木みたいで本当に綺麗だった。

山の頂上行って、「ここからの責任は自己負担です」って看板みっけて、危険な感じにテンションあがって、看板と一緒に写真撮った笑

KIDが本当にドMで、危険なところばっかり行きたがって滑るとこじゃない道を滑るからそれに付いていくのに大変でした笑

自然にできたハーフパイプみたいなところあるし、雪は深いし、木をくぐったり笑

あそこだけで30分くらいかかって超疲れた笑


それから滑走距離10,000メートルを下まで一気に滑って帰ることに。


あぁー 楽しかったー!





ボード返して昨日とは別の温泉に入りにいって、お土産買って帰ってきましたー。

新宿でラーメン食べてたら終電で文庫までしか帰れなかった笑







って感じでした。
楽しかったです。


あー、もっと遊びたかった。



うわー
明日から社会人。

頑張ります泣
8778542e.jpg
8531a7c2.jpg
1a9620d6.jpg

この支配からの卒業


卒業式だった。
最後の最後まで遅刻をした。式の始まるギリギリ5分前くらいに着いた。

卒業式。なんにも、とくになんにも感じていなかった。腰をかけてだらし無く上を見上げるとキラキラと光るシャンデリアがいくつもついていた。学園長は本当にいつも死にそうだ。先生達みんな噛み噛みの卒業式だった。

卒業式を終えて謝恩会。なにも食べなかった。やっぱりビールはまだまずい。2時間つまらなかった。本当は騒ぎたかった。どこにいようか、ずっと2時間歩き続けた。


謝恩会が終わって、最後のホームルーム。この二年間のことが走馬灯のように蘇らない。ただ卒業だということだけ。とても不思議だ。


打ち上げにも参加した。なんで打ち上げに出たのだろう。一次会で帰ってきた。












卒業、この支配からの卒業。

負けずによく一人で頑張ってきたと思う。ただ自分のために。それだけ。楽しいこと、なかった。服を作っていることは楽しかった。もう二度と学校に行きたくない。僕の思い出に専門でのことはなにもない。

二年間早かった。
この支配からの卒業、おめでとう。

自分では本当によく頑張ったって思ってる。永久にさよなら。永遠にさよなら。さようなら。

春からは新社会人としてまた頑張っていかないと。

Do It Yourself

958fcffe.jpg
17d8c1bc.jpg
a9401925.jpg
fab0f950.jpg




今まで予定はケータイのスケジュールに書いてたんだけど、もうすぐ社会人だしスケジュール帳を持ちたいなって思って、でも全然いいのなくって、ないなら自分で作っちゃえと思い、生地屋で本革を1000円くらいで買って、スケジュール帳の中身は無印で1000円くらいで買いました。

見た目結構シンプルになっちゃったけど、オレンジに近い色合いの革と端にだけ付けた赤に近いステッチがちょっとかわいらしいかと思います。(tsumorichisatoのパクリみたいだけど)

革だし長く使っていけば味が出てもっとしっくりくるかなって思ってます。
なにより自分で作ったモノだから愛着が湧く。
中はちょっとガタガタだけどそれも愛嬌ということで。







よーし、寝るっ!

お世話になりました

843f1c10.jpg

「お世話になりました」


今日、やっと免許を手に入れた。一昨年の冬に教習所に入校してから一年かけて卒業(期限が切れて一度再入校した)。10月くらいは就活と教習所で頭がまいってました。
一年も通ったおかげで運転は結構上手だと思います笑

これでもうなにもかもやることがなくなった!やらなくちゃならいことがなくなった!



そして4年働いたミスドでのバイトももうすぐ終わる。入った頃はものすごい仕事ができなかっただろう。バイトの人達とも全然仲良くしないで「バイトなんだから仕事だけしてればいい」と思ってた。働けてないくせに。

時間がかかった。時間がかかったけれどバイトの人ともコミュニケーションを取るようになり、それなりに働けるようになっていったのかな。いつの間にか僕はシフトの一番上。そんなのバイトに入った順だからどうでもいいんだけど、気がついたらみんな後輩だらけで、わからないことがあるとみんな自分に聞いてくるくらいになっていた。
なんだかよかった。人に少しでも頼りにされてる感が僕は嬉しかった。なにを頑張ろうと思ってたわけでもないのにいつの間にか自分がこんな風に自然と成長していたことにもびっくり。この成長はこれから社会に出て仕事をしていく上でもすごくためになるだろうと思う。バイトだって仕事だって大して変わりはない。

もしバイトで成長出来ていなかったら就職出来ずにフリーターだったかもしれない。どうだったのかはわからないけれど僕だってミスドで働いてきてお世話になった人に感謝している。


そんな僕にも
「お世話になりました」と言ってくれる人がいた。

僕はもうあと2、3回しか入らないので今日で一緒に働くのが最後の子がいた。そしてその子があがる時に僕に「お世話になりました」と言ってくれた。

なんなんだ。僕はなにかしてきたのか。教えるのも下手くそであまりちゃんと教えてあげられたことはないと思うのに。その子は同い年の男の子なんだけど、何回か仕事が出来ていなくて僕は厳しく言ったことがあった。僕だって人から嫌われたくはない。けれど僕が教えなきゃ、きつく言わなきゃいけないと思った。何回も言ったもんだからウザいと思われても仕方がないと思っていた。

でも、そのことも「これからためになるもんですもん!言ってもらえてよかったです!」って言ってくれた。

僕はなんだか嬉しかった。そのことが嬉しくてこの日記を書いているんだけど。


よかったと思っています。ミスドで働いていて。こちらこそお世話になりました。本当は今日で最後でもよかったんだけど、みんながもっと入ってくださいよって言うから笑

16日、17日、もし予定がなかったら21日まで。
それで最後にしようと思っています。



ミスドで働く僕の姿がもう一度最後に見たいと言う方はもう残りわずかですが会いに来てくれても構いません笑





さようならミスタードーナッツ〜

DekoPon

18c9d9d3.jpg

はいっ!デコポン!
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
最新コメント
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ