光のなかに立っていてね

人間は思い出に別れを告げることはないと僕は思うわけで。その中で、僕は自分のしてきたことや、やってきたことを常に笑って生きて行けるようなそんな人生を僕は一生過ごしていきたいです。

December 2008

まっすぐでした



最近時々卒アルを開くのです。

やっぱり高校時代にはなにかぎっしり詰まってる。僕の青春が。


ただまっすぐにしてればよかったかな。それも僕の青春だった。






12月29日に野郎共と暴年会をする。初めてみんなで飲む。いつもはカラオケばっかりだから。
楽しみだ。










思い出すと高校に戻りたくなる。

人生大人編






2008年12月12日の金曜日。僕はまた一つ歳をとった。それは今まで毎年あった誕生日よりもとても重いものだった。

日付の変わる前すごくドキドキしていた。急に嫌で、嫌で仕方なくなった。なんだかあり得なく感じた。意味もわからずこんなことを感じていた。時間から逃げきれずに、

テレビから時報の音が流れた。そして0時00分。日付が変わった。



僕の歳が19歳から20歳へと変わった。こんなことになるとは思っていなかった。20歳になんて全くなりたくもなかった。体はなんにも変わっていない。誰にもバレることはない。それなのに。





生まれてから20年を生きてきた。今、人生の大人編に突入したらしい。世間的には。そんなことは知ったこっちゃない。昨日も今日も明日もなにも変わることはない。












お父さんに「20歳になったんだからな、お祝いしよう」と言われた。誕生日なんかで家族にお祝いなんてしてもらったことはもう記憶にないよ。子供の時はしてくれていたのかな。覚えていない。

「一緒にお酒が飲めるな!すぐに酔っちゃうんじゃねぇか?」なんて言ってくる。

「お酒飲んでも全然酔わないよ!」って言ったら「飲んだことあんのか?」なんて飲んだことないと思ってたみたい。


なんだかそのときお父さんこそ酔っていたのか、少し温かさを感じた。











これから先、ずっと幸せでいられますように。








なにも変わらないけれど



人生大人編の始まり、

グッバイイエスタディ



















さよなら10代。

招待状

62ac6f0f.jpg


僕に招待状が届いた。

家に帰るとお母さんに「これ、届いてたよ」と言われた。


成人式の案内の入った封筒だった。




お風呂に入って、今、開けてみたところだった。。なんだろう。少し中身が楽しみだった。開けてしまったらもう大人になってしまうんじゃないかとも思った。「今日からあなたは大人です。」なんて書かれてるじゃないかと思った。
大人としてなんて生きていかない。別に今まで通りでいいんでしょ。


開けたら成人式の入場券とハタチのマナーみたいな本が入っていた。

なんだ、おもしろくもない。







そんなことを思いながらこれから一応大人という社会に出ていくんだと少し思った。



20歳まであと5日。

師走


今年もあと1ヶ月で終わりです。あぁ早いなぁ。

師走。やらくちゃいけないこといっぱいで、そしたらもう終わってる。

1月になったら落ち着いてるよ。あとは卒業するだけ。



だから今月は師走。
教習所やばいからね。頑張んなくちゃ。それさえなくなればなにも頭を抱えない。


僕ももうすぐ20歳になるよ。これからは20代を生きていくことになる。もうガキんちょなんかじゃないんだ。甘ったれてるけど。来年から社会に出るんだ。


今ため息が出た。






これからは、これからだ。

頑張ろう。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
最新コメント
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ