光のなかに立っていてね

人間は思い出に別れを告げることはないと僕は思うわけで。その中で、僕は自分のしてきたことや、やってきたことを常に笑って生きて行けるようなそんな人生を僕は一生過ごしていきたいです。

August 2007

課題はお絵描き

40124047.jpg
あぁー 夜が明ける。夜が明けた。課題をやっていた。夜の方が静かで集中できる。集中力が必要な課題だ。高校の時、宿題なんてなー、やってなかったな。数学とか夏休み明けに答え貰えたから写して提出してたなー。適当に間違えてまぁまぁ頑張りました的に演出して。きっとバレてただろうけど。課題なんてやったことなかったなー。なんとも集中力が必要な課題でね、専門は。頭は使わないんだけどね、集中力が必要。なんか体力的に疲れる。お絵描きしてるだけだから楽そうに見えるだろうけど。これを何枚も書くって大変なんよ。一枚一時間はかかるし。

そんなこんなで夜が明けてしまったの。まだ2枚しか書いていないのに。集中力も切れちゃってね。しかも久しぶりに書いたから書き方忘れちゃった。すんげー下手くそ。もう課題が終わればなんだっていいやい。





あー 北見眠いですー

雨が泣いてる


なんだかね、なんだかね。すっからかんだよ。今日は雨も泣いていてね。空もどんより曇っててね。


なんだかな。夏休みはあと4日。もう楽しみだったことはすべて終えてしまった。それだからかずっとだらだらしてる。今日だってなーんにもしてないんだ。昨日、今日、やっと休みを取れた。何かなくしてしまったように心にぽっかり穴が開いてしまったようだけど。


切り替えていかなきゃ。いけない。楽しいことだらけで充実してた夏は終わる。もうすぐ秋。落ち着いた季節になる。冬になってまた一年が終わる。冬も好き。年が明ける前にもう一度ライブをしてやろう。文化祭の次はクリスマスライブだ。ステージに立ってやろう。やっぱり僕はバンドが好きだ。僕は僕自身をバンドマンだとは思わない。そんなかっこいいこと出来やしない。ただバンドをやってる人ってだけなんだと思う。それでいい。それで楽しんだからそれでいい。今は自分で作った歌じゃない歌を僕が自分の声にして歌ってる。そのうちオリジナルもやるようになるかもしれない。なんでもいい。ずっと輝き続けることができれば、それでいい。楽しいだけでいい。


この前のライブから耳鳴りが止まない。




学生に戻る準備をしなきゃ。課題全くやってなかったな。スタイル画とブランド調査。しっかりこなしてやるよ。現実だってしっかりと。今までの夏休みは夢だったんだ。悔しいけど目を覚ます。


目を覚ます。

僕の文化祭


昨日の話になる。もう昨日の事だ。昨日家に着いてからすぐに寝てしまった。今から昨日の事を書こう。昨日、8月27日はライブだった。僕が主催した磯高軽音部OBのためのライブだった。
企画タイトルの通り僕たちのための文化祭だった。高校を卒業してみんなと離れ離れ。高校の時、一年で一度の大イベントだった文化祭。文化祭は僕たちのためにあった。毎年、毎年、軽音部が文化祭の大賞を取っていた。

どうしてもやりたかった。一年で一度だけ一番に輝ける日だったから。みんなが揃えばいつだってそこに僕の青春は蘇る。




本当は、本当は、やらないつもりだった。友達と免許合宿に行こうと思ってた。本当はなにもなく終わる予定だったんだ、この夏休み。

やってやりたい気持ちもあった。楽しいことをやらないなんて気持ちを抑えられなかった。前にバンドメンバーで高校に行ったときの帰りに話したんだ。それでやっぱりやりたくて、みんなもそう思ってて。だからその次の日にすぐに企画したんだ。やりたい気持ちを思うがままに。




それから夏休みになって、なんとなく忙しかったな。毎日予定がぎっしり埋まってた。バイトだったりスタジオだったり。ちょこっと遊んだり。充実してた。こんなに充実していたのはライブを企画したからだったんだと思う。27日という日が楽しみで仕方なかったんだ。



ライブの前日、いや当日かな。明日の事が楽しみでなかなか眠れなかった。いつものことなんだ。なんか楽しみなことがあるとなかなか眠れない。心臓がドクドク言うんだ。頭の中に明日のことが浮かんできて消えなかったり。それでもまだ寝れた方。2時間寝れた。


7時に起きる予定だったんだけど1時間も早く目が覚めた。金色の朝焼けの光が僕の部屋を照らしてた。

9時からPANDORA PANTSでスタジオ。3回目の練習だった。一曲カーペンターズのカバー曲、YESTERDAY ONCE MOREを初合わせしたんだけど、なんかしっくりこなくてセットリストから外した。それ以外は完璧だった。3年間組んできたバンドだもの、練習していなくてもみんなの息はピッタリだった。



練習が終わってライブハウスに向かった。みんなのリハーサルの光景を見て僕はうずうずしていた。きっとこの会場がお客さんでいっぱいになって僕の身長じゃステージを覗くことができないくらいのたくさんの人が集まって盛り上がっているんだろうって。うずうずして仕方なかった。

リハーサルが終わってneverlandのバンドメンバーで飯を食いに行った。時間があったので近くのゲーセンで遊んでいた。全然緊張することはなかった。







さぁてライブ本番。

先に僕が出演したバンドのセットリストから書いておこうかな。

2.neverland

01.Turning Back/Hi-STANDARD
02.Standing Still/Hi-STANDARD
03.-MC-(最近のうまい棒について)Funny Things/Ken Yokoyama
04.New Life/Hi-STANDARD05.Fighting Fists,Angry Soul/Hi-STANDARD
06.Stay Gold/Hi-STANDARD
07.This Is Love/Hi-STANDARD
08.-MC-(オレオレ詐欺)Football Freaks/BBQ CHICKENS
09.The Sound Of Secret Mind/Hi-STANDARD
10.Brand New Sunset/Hi-STANDARD
11.-MC-(みんなでミッキー)Funny Things/Ken Yokoyama
12.Hungry/BBQ CHICKENS
13.Love,Love,Love/BBQ CHCKENS
14.Summer Of Love/Hi-STANDARD
15.Turning Back/Hi-STANDARD




5.PANDORA PANTS

01.愛しておくれ/GOING STEADY
02.DEAR MY FRIEND/Hi-STANDARD
03.STAY GOLD/Hi-STANDARD
04.Saturday Night/Hi-STANDARD(カバー曲)
05.COUNTRY ROAD/カバー曲
06.Can't help falling in love/Hi-STANDARD(カバー曲)
07.BABY BABY/GOING STEADY
(08.夜王子と月の姫/GOING STEADY)
(09.銀河鉄道の夜/GOING STEADY)
10.線香花火/ガガガSP
11.童貞ソー・ヤング/GOING STEADY








なにを書こう。なにから書こう。なにを書いたところでライブを見た人にしかわからない。だから細かくは書かない。

neverlandは本当に自己満だった。30分で15曲。実際には40分はやっただろうな。無理がある(笑)
2曲は3秒もない曲だったけど(笑) いつもの練習と同じように笑いながらできた。おもしろけばいい、そんなバンド。僕の演奏は酷かったな。ベースアンプの音がクソでよく聞こえなかった。何回もずれてただろうな。でもそんなの関係ねぇ!



PANDORA PANTSの時には会場内もみんな暖まってて盛り上がってくれてたな。本当に緊張もなくできた。いつもならガチガチになってしまうのに。僕はすごく自由にやっていた。やらかしていた。やりたい放題やっていたね。気持ち悪かったかも。どうしたんだろ。あれは。僕の中の化け物が出てきたのかな。テンションが最高潮に達していたのかな。なんでステージの上で寝たのかも覚えていない。楽しかった。寝ている時幸せだった。なぜだか。なにをしたかったんだろ。とにかく楽しくて仕方なかったんだ。麻薬中毒者のようだったのかもしれない。なにもかもが楽しかった。

時間がかなり巻いていて急遽、夜王子と銀河鉄道をやることになった。全く練習していなかったので歌詞が飛んだり弾けなくなったり、あの時はもう疲れきっていた。

最後二曲。
夏の締めくくりに線香花火。
僕の文化祭の締めくくりに童貞ソー・ヤング。またいつか「誰も俺らの青春は殺せやしねぇんだよ!」と叫びたい。叫べる日まで。




自分のライブが終わって、最後のバンドまで暴れ続けた。最高だった。最高だったとしか言いようがない。去年、一昨年の文化祭を思い出した。軽音部のみんながいればどこだって輝ける。そう思った。



ライブをやっている時きっとピッカピカに輝いてるんだ。ライブが終われば輝きを失う。

こんなことがあったのがもう昨日の話。僕はもう輝きを失った。僕の夏はもう終わる。今日一日中寝てた。なんども起きたのに、なんども寝てた。途方もなく。もうなんにもやる気が起きなかったんだ。本当に24時間寝てた。今まで寝てない分を取り戻すかのようにひたすら寝た。その中で何回か夢を見た。どれも昨日のライブの事だったと思う。何回も寝てたからもうはっきりは覚えていないんだ。でもきっと夢を見た。耳鳴りが消えない。





昨日、出演してもらった皆さん、見に来てくださったお客さんの皆さん、本当にありがとうございました。僕の思い出がまた一つ増えました。昨日の光景が目に焼き付いて離れません。素敵な思い出になりました。皆さんが最高だったから。

みんな輝いてました。みんな、みんな。





ありがとう。
82408469.jpg
BGM♪
童貞ソー・ヤング
/GOING STEADY

蛍の光

7a01a730.jpg

感じるね。夏が涼しくなってきた。蝉の鳴き声が鈴虫の鳴き声に変わってきた。感じる。終わりが近い。夏の終わり。


花火大会だった。きっと僕が今年見る最後の花火だった。僕の地元が活気づいた1日だった。その中で僕はかわいい子を一人見つけた。あれは、あれは、きっと僕のタイプだ。服装もなにもかも。中身はどうだろう。高2くらいかな。地元の子なのだろうか。もしもまた会ったならアドレスを聞いてもいい。きっと会うことはないよ。


花火綺麗だった。すごく。とても。花火を見て泣きたくなった。なぜだか。僕が泣きたくなった気持ちがわかるような彼女とこの花火を見たい。また来年。来年こそ。きっと来年は最後の夏休み。かな。

花火大会の終わった会場に蛍の光が響き渡る。人ごみは出口へと流れ出る。終わった。終わりの合図だ。花火大会が終わった。もうすぐ夏も終わる。夏の終わりも知らせていたんだと思う。ほた〜るのひ〜か〜り

ふとイヤホンをして音楽を流したらガガガSPの線香花火が流れた。それを聴いていたらまた泣きたくなった。





いよいよ、いよいよ明日ライブだ。夏の最後に燃え尽きる。

ライブが終わったら僕は準備をするんだ。専門学生に戻る準備を。高校生に戻っていた夏が終わる。遊び呆けて課題も全然やってない。夏休み最後の2日間でなんとか終わらせる。




終わる。終わる。すべてが終わるんだ。夏休みが終わって、楽しいことは終わって。



ドキドキで今夜も眠れないのかな。

BGM
東北新幹線はチヒロちゃんを乗せて/銀杏BOYZ

好きでした履歴ください


思った。思いました。思いましーた。恋愛履歴があればいい。僕のこと好きでした履歴があればいい。実は前好きでしたなんて履歴があればいい。あっ、こんな履歴があったところで僕には意味がないものか。告白されたこともないんですもん。きっと意味がない。いや、もしかしたら秘めたる気持ちがあったかもしれない。そう願おう。

今までに何人の人が僕の事を気になってくれただろう。かっこいいだとか思ってくれただろう。

そんな履歴があればいい。そんな履歴があれば僕はもっと自信をもてるのに。




ん、んんー



恋してー

限一夜暴動

2847ce7a.jpg

BBQ CHICKENS PRESENTS

ONE NIGHT BODO(暴動)
@SHIBUYA QUATTRO

UNITED SKATES/RAZORS EDGE/BBQ CHICKENS



あー 行ってきた。行ってきて帰ってきた。死ねそー。心地よく眠りたい。頭痛い。うん。これ書いたら死ぬように寝てやる。待ってろ。


行ってきた。一緒に行ったのはバンドの奴ら。4人で。ちょっとたんまー!今足つってる。



おし。あ、ああ、だめだ。またツった。



おしおしおし。そう、4人で行ってきた。ライブで暴れやすいように超ラフな格好。Tシャツ、短パン、スニーカー。装飾品だって一切付けてない。渋谷に。

早く着いたから、近くで飯食ったり、ゲーセン行ったり。お腹痛かったからトイレ行ったり。


開場が近くなったから階段で並んだ。目の前なのに整理番号順でなかなか入れなかった。なんせ500番代。その時暑かったせいかふらふらした。二回ほど。ふらふらした。

ライブが始まる。みんな背中にはPIZZA OF DEATHの文字。ライブが始まるとすぐにみんな暴れ始めた。びびった。PIZZA KIDSは強かった。負けてなんていられなかった。前から3列目くらいのところでずっとモッシュしてた。みんなダイブしてた。女の子も。あれは危険だ。足が。
でもそんなの関係ねぇ。

僕もダイブしてやった。うわー、やばい気持ちいい。何回もダイブしてやった。でもやばい。みんな強すぎ。体力もやばかった。少しおっかなかった。もう歳や。何回か後ろで休もうとしたけど後ろもモッシュでやばかった。

最後のBBQ CHICKENSの時にはもう疲れ果ててた。

健さんが出てきたときは嬉しかった。生で横山健見れた。ごめん、ライブ経験ないから単純に喜んだ。
もうほとんど覚えてないんだなー。ずっとモッシュやばくて、なんども「もうだめー」とか思って後ろ下がって、後ろも後ろでモッシュやばくて。体が、体がやめてって言ってた気がする。だけど、気力でなんども前行って。モッシュやばくて一回しかダイブできなかったな。

疲れた。あー、疲れた。

RAZORS EDGEよかったなー。一番楽しかったかも。全然曲知らないんだけどずっとモッシュしてた。ダイブしてた。適当にイエーイとか叫んで。会場の真ん中らへんでみんな回り始めて。あれが楽しかった。みんなニコニコして回っててさ。めちゃんこ汗垂らして。あの円にいる時みんなの気持ちが一緒になれてたんだろうな。わかんないけど、みんないい人に見えた。みんなと手を繋いで回りたかった。もっと一つに。もっと一つになりたかった。

BBQ CHICKENSはそのあとだったから疲れちゃったんだよね。途中、横山健の子供の風太君出てきた。かわいかった。なんかわめいて泣いてた(笑)

風太君にも是非ダイブして欲しかった(笑)

あー 疲れたー。


女の子もダイブしてたしね。すごいね。

なんか、汗の匂いやら、ビールの匂いやら、ワキガの人の匂いやら。どこからか香水のいい匂いも。女の子かな。モッシュの時はみんなぐちゃぐちゃだから、ふと顔上げたら目の前に女の子の顔があったり、うほっ。拳上げたらおっさんのヒゲに当たりジョリジョリ。もうなんでもいいやー。


なんかいっつもちっちゃいライブハウスでやるライブしか行ったことなくて。そんなかで暴れまくって「死んでもいいやー」ってくらいに暴れてるんだけど、今回は違ったね。

死にたくなかったもん。たぶん本当に死ぬかと思ったんだと思う。今まで甘かった。
ダイブに失敗して落ちてこのモッシュの下敷きになったらぐちゃぐちゃに踏みつぶされて大ケガするんだろうなって考えたときに身の危険を感じた。でもみんなやさしい。モッシュのなかで転んでいる人がいると誰かしら、いや、みんなが手を差し伸べてくれる。パンクロッカーのルールなんやね。もちろん僕だってなんども手を差し伸べた。

みんなで死なないライブを作っていこう。死ぬギリギリまで頑張ろう。



死んでもいいって気持ちは死ぬギリギリまでなんかやらかしてやろうってことだと思う。僕はそう思う。てか僕はそうやって暴れてる。




あー 疲れたー。何回目だ。


ライブハウス出てすぐにコンビニに行って飲み物、飲み物。喉カラカラ。ポカリスエット1リットルの半分をすぐに飲み干す。吐きそうになった。




メンバーのドラムは馬鹿だからサンダルで来てて、モッシュ中に足を踏まれて爪が割れてた。親指から血がにじみ出てた。ちなみにそいつ明日仕事。ギターのKIDは腕時計付けてたところが後になって赤くなって。僕は、僕は、ライブの物販で買ったばかりのTシャツが毛玉だらけになってた。みんなもなってたけど。汗でびっしょりだった。


疲れ果てた。飯食って帰った。




あー もう体中が痛い。筋肉痛って明日なるんじゃないの。アザも出来てるかもな。あー もう死ぬように寝たい。



ってさっきまで思ってたんだけど、これ書いてたら眠気冷めちまったよ。

いや、でも寝る。





明日バイトやー。ずっと寝てたい。休息を欲する。きっと明日になったらもっと体中痛くなってる。ラストまでバイト。しかもー、そのあとー、スタジオオール。終電ないから原付で行くしかねー。ベース肩に掛けて関内まで。しかもあんま道わかんねー。てか、雨降ったらいけねー。



ん、んん、このあともハードスケジュール続きますな。死ねるかも。頑張ってる自分大好き。死ぬか死なないかで頑張ってる。体力的に。

夏休みなのに一日中寝てたってことがない。てかあんま寝てない。


あははー




そんなことより余韻に浸って寝よう。疲れ果てて寝よう。死ぬように寝よう。気持ち良く。




気持ち良く寝よう。


純粋可憐な僕を気持ちよくして。

BGM♪
THE THEME FROM BBQ CHICKENS/BBQ CHICKENS

あいわどんなんだい

e05d3849.jpg
純情可憐な君をきもちよくしたい
純情可憐な君をぐちゃぐちゃにしたい
純情可憐な君を踏んだり蹴ったり
純情可憐な君の正体は魔法使い

I don't wanna die
I don't wanna die
愛はどんないだい?

純情可憐な君と杏仁豆腐食べたい
純情可憐な君とweezer聴きたい
純情可憐な君と手裏剣なげたい
純情可憐な君の家系は魔法使い

I don't wanna die
I don't wanna die
愛はどんなんだい?

恋の呪文唱えないでよ
僕はもう君のことしかみえなくなるよ
じーざす

イエス イエス イエース 抱きしめたい
イエス イエス イエース 抱きしめたい
イエス イエス イエース 抱きしめたい
イエス イエス イエース こわれるほど

おっぺけぺー
おっぺけぺー
おしべとめしべがおっぺけぺー

恋の呪文唱えないでよ
恋の呪文唱えないでよ
ラブラブシール貼らないでくれよ
僕はもう骨になるまでキスしまくるよ
じーざす

イエス イエス イエース 抱きしめたい
イエス イエス イエース 抱きしめたい
イエス イエス イエース 抱きしめたい
イエス イエス イエース こわれるほど










ポップやー。なんてポップなんやー。うきうきしちゃうメロディー。いい歌だー。

横浜のタワレコで予約してたにも関わらず地元のCD屋で初回限定が無防備にも並べられていたので発売日より1日早いけど買っちまいました。横浜に行く時間なかったんで。予約なんて知らねー。目の前にあったのでね、そりゃね。

銀杏BOYZ 1stシングル
「あいどんわなだい」
01.あいどんわなだい
02.東北新幹線はチヒロちゃんを乗せて



おっぺけぺー おっぺけぺー おしべとめしべがおっぺけぺー

恋の呪文唱えないでよ。


好きな人も同じ音楽を好きだったらいい。嬉しい。好きじゃなくても好きになってくれたらいい。そこで僕と君は繋がることができる。同じ音楽を好きだと少し相手のことがわかったみたいになる。仲間って見方になる。味方になる。単純に嬉しい。僕のことも好きなんだなって勘違いしちゃう。そのくらい嬉しい。







あー 明日ライブ。BBQ CHICKENSの。生でケンさん見れる。横山健。プロと言うのか、こういうちゃんとしたライブ見に行くの初めて。いやー、前にシーパラでマシューやら、FLOWやらいろいろ見たな。そんなの別に。

楽しみ。うきうき、わくわく、どきどき。今日は寝れるかなー。




夏休みの最高のプレゼント。毎日充実してるから。そんななかで最高のプレゼント。

銀杏BOYZと明日のライブ。





うきうき、わくわく、どきどき、らんらんらん


おやすみBGM♪
あいどんわなだい/銀杏BOYZ

興奮冷め止まぬ


興奮冷め止まぬ。一時間経った。眠れない。ふと目を開けたら時計は4時27分。

興奮して眠れない。馬鹿だなー。気が付いちゃったんだよね。今まで気づいてなかったのに、寝る前に。

来週ライブだって。



頭に浮かぶよー。僕すんごいはしゃいでる。お客さんいっぱい。ステージの上でぐるぐる回ってる。柵に足掛けてカッコつけてる。叫んでる。興奮するー。眠れない。


馬鹿だなー。



ホント馬鹿。


輝いてる。輝いてる。



どきどき。

好きだとか、好きだとか


退屈ー。恋がないので退屈ー。夜一人で部屋にいるのは退屈。意味もなく夜更かししてるんだから。せっかくの夏休み、朝まで眠れない。やがて疲れはてて眠る。



退屈。好きな子が欲しい。メールしたい。ドキドキしたい。頑張りたい。好きだとか好きじゃないとか考えたい。好きな子のこと考えてたい。



あー 夏も終わっちゃうよ。好きな子と行きたいイベントがたくさんあったのに。

次は冬かな。冬は寒くて寂しくて彼女が欲しくなる。町中を歩くカップルを見てるとうらやましくてうらやましくて仕方がなくなる。電動ノコギリでバラバラにしてやりたい。


冬とか関係なく最近はいつでも彼女欲しいけど。





夜が長いなー。短いなー。女の子とメールしたい。

秋だとか冬だとか



夏はやっぱり暑いね。今年の夏はめっぽう暑い。毎年毎年暑くなってる気がする。


なんて昼間の太陽がカンカンと照りつける時間を出かけたことはないや。今年は。いつも朝方、7時とかに寝るから。それはそれで暑すぎて中々寝付けない。暑すぎてすぐに起きちゃうんだよね。部屋にいるときはいつもエアコンをつけてる。

朝方寝るもんだから起きるのは3時とか。だからそれほどでもないんだよね。この前朝から出掛けたら本当の暑さを知ったよ。外に出たくなくなっちゃうね。

夏だからさ、夏だからさー、最近毎日原付乗ってるや。もう原付ぶっ壊れそう。エンジンつけると白い煙が出る。でもそんなの関係ない。
夏だから原付に乗るのが気持ちいいんだな。今までで一番原付に乗ってるかも。どこに行くにも原付だし。


今日も原付で肩にベース掛けてスタジオ行ってきた。


練習が終わったあとラーメンを食いに行った。お腹が減ったから。そのラーメン屋の場所はね、つい2ヶ月前まで僕の思い出がいっぱい詰まった場所だったんだ。だけど潰れちゃったんだ。繁盛していたと思うのになぜ。

「いっぱつ屋」


その場所に、また新しくラーメン屋ができた。

「あいうえおラーメン」

ダサい店の名前。僕は警戒した。どうせ、どうせ、僕の青春の味はもう戻ってこないんだ。だけど食べてみたかった。思い出深い場所だから。どう変わってしまったのか。あれから。




変わってた。外装も少し。内装も少し。働いてる人もみんな知らない。だけどなんとなく面影は残ってた。綺麗になったななんて思った。

おいしいかな。どうせおいしくないんだろ。なんて。


前の店はコテコテのとんこつラーメン。

今はさっぱりとしたしょうゆラーメンに変わってた。



うん。おいしかった。普通かな。しょうゆラーメンにめちゃんこおいしいとも驚けない。普通においしかった。普通。
潰れるだろうな。普通だもん。あの場所は場所的にもお客さんの気安い場所じゃない。あそこまで行ってまで食べたい味じゃない。魅力が違う。


ラーメンを作ってる人も嫌だったな。目つきが悪い。ピアスしてるし愛想が悪い。

前のおじちゃんはさ、大らかな人だったよ。麺を追加でくれたり。おばちゃんだって笑顔が素敵で大好きだった。


どこにいってしまったんだろ。同じ場所に来てみたけど残っていたのは雰囲気だけ。周りの景色だけ。

文化祭が終わったあと軽音部で貸し切ってたな。軽音部御用達だったな。

何年か経った時またみんなで集まって同じ場所で食べたかった。









今日の空は曇ってて涼しかった。秋はこのくらいの気温かな。今年もあと4ヶ月で終わるんだね。なんだか早いや。

夏が過ぎて、秋が来て、冬が来て。

夏と冬は彼女が欲しくなる。冬は特にかな。冬も好きだな。待ち遠しい。イルミネーションが綺麗で目が回っちゃうんだな。彼女とこんなところ行きてーなんて。スノボも行きたい。ゲレンデにいる女の子はみんなかわいく見えちゃうんだな。


あー 冬までには彼女できてんのかなー できてないのかなー



早いよなー




秋だとか冬だとかさ。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
最新コメント
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ