光のなかに立っていてね

人間は思い出に別れを告げることはないと僕は思うわけで。その中で、僕は自分のしてきたことや、やってきたことを常に笑って生きて行けるようなそんな人生を僕は一生過ごしていきたいです。

朝を待つのが怖いから


毎日、毎日、弱音を吐いていたらキリがなくなって、どんどんと弱くっていきそうだよ。

助けを求めて、友達を頼りに弱音を吐いていたけど別に報われない。分かってる。それでもいて欲しい。一緒にいて欲しい。
ただ楽しく飲んで欲しい。

前の会社に入ったきっかけは彼女がいたからだったな。
フリーターをなんだかんだで2年くらいやっていたのかな。そんな中で彼女が出来て、情けないままでいられないと思って仕事を探した。
今よりは辛くなかったと思うけど、辛い時もあって、その時は彼女が支えてくれた。

まーたインスタの過去の写真見てたら彼女が作ってくれた美味しい料理とか一緒に行った旅行の写真とか残ってるもんだから。
その度に思い出して。ああ君は今なにしてる?

シンシア

君の部屋のカーテンやカーペットは色褪せてはいないかい

シンシア 帰る場所も シンシア 無いのなら
シンシア 君の腕で眠りたい


思い出すことと後悔しかできない。
この先を想像して創造することができない。

弱った弱った。

これが夢だったら。


あの時に戻りたいなんて思ってみても、
戻っても同じことを繰り返しそうだし、いやいつも同じことを繰り返して来たし、こうやって弱音吐いて、また諦めたくなっても、やっぱり戻れるところも、なくて、というか、やっぱり、

これが最後だと言う気持ちでいたのに、やっぱりこんなところで中途半端に終わることなんて出来やしない。
失敗なんてしたくない。もしかしたら失敗するかもしれない。だからこれ以上先に進むのが怖い。

自転車で旅をしていた時と同じ、前に進めば進むほど、時間が経てば経つほど、どんどん怖くなってきて、もう戻れないんじゃないか。今ならこれより進むよりもうちょっと簡単に戻れるんじゃないか。もういいよ、やめようよ。なんて僕を引き止める気持ちがやってくる。

でもこれをやめたら、戻るところも、なーんにもないんだよな。

また中途半端だけが残って。

本当にこれで人生にもう夢を持たないで生きていけるのか。また違う夢ができるだろうけど。もう挑戦しないで生きていくという道を生きていけるのか。

きっとそれもできるよ。

なにも頑張らないのは楽だもの。

どうしてどうしてこんなにめんどくさいことしてしまうのさ。

親からも同じこと言われた。

そんなことやらなくていいじゃないか。


やらなくていいよな。


でもやりたくなったんだよな。



馬鹿かよ。
馬鹿だよ。
もっと馬鹿になりたいよ。
いっそ振り切れたかったよ。
中途半端に生きてきたからまた怖気付いて。

これがさ、まだ25くらいならよかった。
今年で30歳だ。
周りはどんどん結婚し始めて、子供もいる。
やっぱりそんなの見てるといいなって、僕もそうなりたいって思うよ。

それなのに僕はいつそうできる?

あーあやってしまったな。


あーあまた弱気なことばかり。
良くない良くない。これじゃいつまでも憂鬱は消えてくれない。
そろそろやめにしたい。
大丈夫になりたい。
もう全然大丈夫になりたい。
そのうち余裕になりたい。

かっこ悪いのもかっこいいのもどんなのか知ってる。
だから今すっごいダッサイのわかってる。
いっそ死にたいくらいだし。

そんなことよりやっぱり僕は好きな人たちの前でまた喜んで笑えるようになりたいよ。
今は苦しくても。
もうすぐ春だよね?

春にはさ、大丈夫になってできたら心に余裕があったらいいな。

こんな時に言うのはだけど恋だってしたいし、というか恋人よ僕のそばにいてくれ、頼む。


恋と退屈とロックンロール
いまの僕には全部ない。

また燃やしてくれ。
光、僕を包めよ。

STAY GOLDをくれ。


朝を待つのが怖いから。

幸福論


さあ僕の幸せってなんだろう。

夢を追いかけてもダメかもしれない。

あれやこれや、あの娘といれたらとか言い出すかもしれない。

夢を追ってる今は友達と飲める時が、ただ幸せで。
本当はそんなのくだらないって思ってたのに、そんな時くらいしか楽になれないんだ。

君はどうしてる?
君はどうしてる?

幸せか?

なにが幸せか?


いつも今ある幸せにうまく気付けないでいるから。
なにも望みませんように。

本当の幸せを探した時に愛し愛されることは本当にすごく幸せなことだけど。

僕はどうすればいい?
夢を追いかけることはかっこいいことだと思ってた。
普通にサラリーマンみたいな仕事してるなんてかっこよくないよって思ってた。
でも夢追ってたらいつも、ただ好きな人と一緒に暮らせたらって、幸せだって、思うんだよね。

なんなの。

幸せはどこだ。

もうなにも望みませんように。

好きな人に出会い、結婚式を挙げて、子供を作って。
それだけは叶えたい。

幸せになれるかな。結婚できるかな。
もう30なんだよな。


友達さえいれば大丈夫そうだよ。

なにも望まないで、幸せになりたい。

そう今は思います。

友達1年記念月


トシくんと飲んだ

トシくんと友達になって、2人で飲んだ時から約1年だ。


すごくいい友達が出来てしまった。大好きだ。先輩だけど。大好きだ。



毎日飲んで、酔っ払って、そのテンションで書いてごめんね。

前に言われた。
酔ってるいる、高ぶった感情が本当の感情ではない。

でも本当の感情だ。

酔った勢いはよくないのはわかるけど。


その時感じた感覚は、確かなものだ。



高円寺に小さなハンバーガー屋さんがあって、そのお店の名前はHAPPYって言うんだけど。僕はそのお店が大好きです。
ありがとう。


はーあ僕も幸せになりたいよ!
そんなお話!バレンタインは貰えることになった!そんなお話☺️

自分に負けるな


誰かにどうにかしてもらえると思ってるのは自分。そう思ってる人が嫌いとか言っておきながら自分。

自分には頭がなくて、その先の想像ができない。いつも誰かを頼りにしてたなあ。

僕は、「できない」なんて言うより、
人ができない、やらない、やれない、ことをやることができたらかっこいいと思ってた。そういう意味では自分は捻くれてないと思ってたけど捻くれてた。

できたらいいな。

でもそんなに頑張りたくない。


子供の時から勉強は嫌いだった。
友達と遊ぶのが好きだった。

同じように遊んでた友達は元々の能力が違うのか、どこかで努力してたのか、僕より頭が良くなってて、小学生の高学年、中学校で僕とは違うところへ行ってしまった。

いつからそんなことを思うようになったのか。

子供の時はずっと自分が仕事をして働く時が来るなんてって思ってた。高校の時まで思ってた。

専門学校で好きな事を選んで、洋服の勉強をして、でも就活は大してしなかった。なんの努力もしないでなんとなく社会人になれた。
ミシンを使う職場で、服をもっとうまく作れるようになれたらいいなくらいの気持ちを後付けにして、2年くらい働いたら「おれこんなこと一生続けたくねえ」なんて思い始めて。そりゃそうだよ。なんとなく入った会社で一生って思ったら、そんなの僕には無理だよ。

3年で辞めて、辞める時には金髪にして、
フリーターやってみようとか思って、ああもうおれは自由に生きるぞ!みたいに思ってて。23歳くらいかな。2012年。

結局、自由にやっても、どこでも大して努力してなかった。なんとなく仕事をして、なんとなくうまく仕事ができるようになってきて。
本当はもっと、上へ上がって、なんてことばかり言うけど、それ以外の努力はいつもしてなかった。欲だけ言って、そんなのできるはずなかった。


さあ、今はどうだ。

今、百瀬の船に乗って、「さあ、おれも百瀬と一緒に夢を叶えるぞ!」と言って、じゃあとりあえず飲食で働くか!となって、今すごくそこに目先が言ってて、お店を出すことは目標だけど、なにが楽しくて今この生活をしているのかわからなくなってきてて、

でもさ、ただ働いてるだけで努力と言えるのか。努力ではあるけど、なんのための努力?本当にただのマゾでしかないよ。
頑張るのが好きだとか言って、頑張ってるように見える自分が好きで、でも大して頑張ってない。ただちょっと辛そうなことをやっているだけだ。
おれは頑張ってる。なんて思って。夜になれば酒を飲み、すぐに楽になろうとする。

でもそれで今はなんとかやっていけると言うか。この生活の中で幸せとか楽しさとか感じながら送れていて。
頑張ってるつもり。

全然頑張ってないよ。

そりゃあ百瀬は頭もいいしモテるわ。
なんてひがみではない。

僕にはない。

少年のようなままで、ただやりたいという好奇心だけがある。それでやってしまうくらい僕は子供のままで馬鹿なんだ。

ああまた怖くてたまらなくなってきた。

僕はなんでこんなことをやっているのか。
1年前に戻りたい。

なんの計画もなく、ただやりたいと思ってしまったあの時に。

百瀬が昔から夢を追っていて、ただそれを見ているのがかっこよくて、僕はダメでも百瀬の火は見ていたいと、あわよくば僕も一緒に燃えたいと、それはずっと思ってた。

ただそれだけなんだよなあ。


自転車で数100キロの旅をするだとか、
青春18切符を使って北海道まで旅をするだとか。それだけで楽しかったなあ。
早く楽しくなりたくて僕にはいつもそんな未来の計画はできなかった。


百瀬はただハンバーガー屋をやりたいわけじゃないから。うん。そういう夢も好きだった。そう話してくれた時、なにもわかってないのに楽しそうと思った。
世界を変えるってのは一体なんなんだ?

世界を変えたい、世界を変えたいなんて言うけれど変えてどうする?おれが変えたらどうする?どう言う風に変えたい?
だって僕は今多分日本に生きて、こういう風にやれているだけで充分に幸せなんだから。他の人も幸せにしたいなんて、そりゃあできたらいいけどさ、そのためにもしかしたら僕は不幸になるかもしれない。なんてことはないけどさ。
本当はいつも自分のことばかり、幸せになりたいとか思ってるくせに。人のこと本当に幸せにしたいなんて今僕は思っているのかな。友達だとか大好きだけど、それでも自分が1番幸せになりたいよね?
自分が幸せな時には他の人にも幸せになって欲しいと思えるけど。本当は自分が1番幸せになりたいよね?


なにか始めればなにもやりたくなくなる。
なにもやってなければなにかやりたくなる。
普通のことだ。
僕は特別じゃない。
あなたを守るそんな偉大な力さえ手に入れられると思ったのは本当なのに、それはやっぱり平凡だっていいんだ。
だって僕はソラニンにも憧れたし。
やっぱりもうなにも希望とか持ちたくなかったな。なんて言ったら僕は普通で、僕の魅力さえ失くしてしまいそうで。というかこういう風に生きてる自分が好きだったよな。

おれは自由だ!みたいな。

自由にはなにもない。

ダッサイなあ。


百瀬なんかに出会わなければよかったなあ。出会っていなかったら僕はどうだったろう?と思ってもただ今のことがなかっただけだろうな。

本当にいけるかな。君のいう場所へ。
そしてそこに言ったら僕はなにを思うだろう。本当に幸せなのかな。
夢を叶える=幸せじゃないのはわかってる。ただ達成感があって、幸福感もあったりする。でもあまり幸せに感じなかったりする。

僕はもうなーんにも希望を持ちたくない。
頑張りたくない気持ちでいっぱいになる。


家族に会いたい、友達と遊びたい、恋人と抱きしめあいたい、結婚して子供も欲しい。僕が生まれ育った街がやっぱり大好きだし戻りたい。人にやさしくしたいしやさしくされたい。

これは人生ゲームじゃない。
あの娘と幸せになりたかった。

ただそれくらいだ。僕が思うことは。


逃げるのはダサい。ダサいのは嫌なんだ。
できることならかっこよくいたい。
それだけだ。

さよなら。
また君を思ってしまいました。
助けて。電話したいと思ってしまいました。
ダメなんだ〜

そう、◯◯◯でもやりたい気分だよ。

さようなら。

くだらないの中に


最近弱音を吐いて、弱ってるアピールアピール。
別に毎日に楽しいことがないから、嫌だなって思うことを耐えてやっているからなにも楽しくなくて。誰かに会いたい。ただ酒を飲んで楽になりたい。そういう毎日。

くだらないよなあ。わかってる。
ダサいよなあ。わかってる。

こんなの格好悪いって思ってたけど、こうでもしなけりゃ、毎日毎日なにもいいことはないよ。ってのは、毎日毎日いいことがあって欲しいというだれもが欲しがるような欲求なんじゃなかろうか。


今日働いて感じたこと。
僕は嫌われているようだ。まるで。
クラスで省かれてしまったような。でもそれは僕もいけなかった。
専門の時に感じたようだよ。
ああ僕はこの人たちはなんでかうまくやっていけないのかって。
自分に問題があるのかな。外では友達たくさんできるのにな。なんでかうまくやれない。それが職場でのいろんなところに影響を出してる。僕も仕事へ行くのが憂鬱。
自分がこんなにダメなんて思ったのは初めてだよ。別に今までそんなことなかった。

ダメなんだなあ。

今日はありがとう。付き合ってくれて。
幸せだなあ。
でも本当どうしようもないしくだらなく思う。


やるよ明日も。
一緒にいてくれてありがとう。
ずっと一緒にいてくれ。

できるようになるまでやるから。
一緒にいてくれ。

なんでできんだよ!


仕事も、彼女も、セックスも、
なんでできんだよ!!!

おれオナニーばっかだよ

こんなこと言ってもしょうがない


あーあ、自分も百瀬みたいに頭良くて仕事ができたらよかったな。

僕は馬鹿だなあ。仕事もできないのか。
なんか飲食の仕事を始めてからまだ1年も経っていないけど、おれって馬鹿で仕事できないのかって感じる。向いてないのかと思う。まだ半年くらいだけど。
飲食で働いている人たちが苦手なのかも。
毎日怒られて嫌なんっちゃうな。「すいません」と「ごめんなさい」が口癖で。
頭悪いからそんなにいっぺんに言われても全部覚えきれないしできないよ。
料理できるようになることはこれからやりたいことだけど、やっぱ前の洋服の仕事とかと違って自然と好きだとか思うことではないから、やっぱ前の仕事は向いてたんだなとか思う。好きなことを仕事にしてたから緩かった。仕事は辛いね。

ハンバーガー屋と他に蒲田の居酒屋でも働き始めた。そこに、まだ年齢不詳だけど僕みたいにメガネをかけていて、キッチンの周りのおっさんたちによく怒られている人がいる。僕はまだ入ったばかりでその人が仕事ができる、できないってのはわからないんだけど、きっとできないんだろう。
その光景を見て、これ僕みたいなのかなって思う。僕もこんな感じでハンバーガー屋で怒られてるのかな。なんかかわいそう。
僕たちは弱い人間だから頭をぺこぺこ下げるだけで、怒鳴られて、胃がキリキリしながら耐えて働いている。夜になれば酒を飲み、すべてを忘れる。
こんな風になりたくないな。
頭元々悪いけど、仕事できないなんて思われたくないんだよな。でもうまくできないんだよな。そりゃ最初だからしょうがないんだけど、だけど、それでもやっぱ最初は辛い。いつになったらうまくできるようになるだろう。そしていつになったら僕は楽しくなってくるだろう。
早く早く辞めたい。今のバイト2つとも早く辞めたい。僕がやりたいことはこれじゃない。29歳今んとこ負け組。
な〜んにも幸せじゃない。馬鹿が馬鹿が馬鹿が。こんなの面白くない。こんな人生ゲーム面白くない。
早く気持ちよくなりたい。あとどのくらい経てばいい?
今すぐ気持ちよくなりたい。すべてを解き放ちたい。それじゃあダメなんだよね。
頭悪過ぎて悲しい。
行き当たりばったりで僕の人生の向かう道はどこ?どうしたら幸せになれるの?終わりにしたい終わりにしたい終わりにしたい。
夢を追いかければこうやって前の自分に戻りたくなる。なにも飛び出さずに当たり前になっていた毎日へ。
その毎日に戻ればなにかやりたいとか言い始める。無い物ねだりだよ。

本当はなにもできない。
僕たちは世界を変えることができない。
悲しい。僕は僕自身を変えたいんだ。悲しい。できるようになりたい。でもできない。きっといつかできる。でもそうしたらそこになにがあるだろう。それで幸せになれるかな?

毎日お酒を飲んでいるのは、その時くらいしか1日で「あ〜よかった〜」って思えることがないから。溜めて帰ってきたストレスをすべて解放させてあげるため。明日もポジティブに頑張るため、なんだ。そうなっちゃってる。酒がないと楽しくないなんてクソだよ。僕はもうクソ。人生は負け組。ありがとうございました。


いいやん。おれも恋して〜!
なんでやねん!なんでやねん!

別にいいんだけど、僕の恋人はアルコールだけでも。

毎日嫌な気持ちで仕事行って、帰りにはビール飲んで気持ちよくなってる毎日さ。
酔っ払ってないと憂鬱で息が上がる。

鬱だよ。行きたくないよ。なにも頑張りたくないよ。
早く自由になりたいな〜。

天まで届けこのメロディ〜

元カノの話


元カノなんて呼び方はなんか調子乗ってるようでそんなに好きじゃない。
前に付き合っていた人という方がしっくり来る。

フラ〜っと自分のインスタグラムを見ていたら、前に付き合っていた時に撮った写真が。
一緒に写っている写真や、彼女が使ってくれた料理。美味しそうな料理。ああ食べたい。彼女の手作りのご飯が食べたいよ。
今飲食で働いて、料理にすごく興味があるし教えて欲しいよ。
みーくんは1人暮らしするといいよと言っていたよね。
1人暮らしではないけれど実家を出たんだよ。だからまた僕を見てみてくれよ。
なんて。
ハロー 今君はどうしているのですか?

今日は実家に帰って来ました。


実は僕、元カノ、いや前に付き合った人との思い出の品を捨てたことがありません。
と言っても2人しかいないんだけど。

初めて付き合った子との手紙や、デートで描いてもらった一緒の絵とか、ペアリングとか、全部取ってあるんです。

初めて付き合った子なんて、もうあの子と戻りたいとか全く思わないし、悲しいことにどんなデートをしたかも覚えていないんだけど、一緒にいたことは確かだったことで、それだけは僕は失くしたくないと思うんだよね。自分がやってきたことをなかったことにするようなそんなことは僕はしたくないし、確かに僕らは付き合っていたんだ、そういった事実はなにも恥じることなく持っていたい。あの子たちはもうなにも一切持っていないかもしれない。僕とは違う気持ちかもしれない。けれど、僕の中では確かにそれを持って証明したい。
付き合って、別れてしまっても、あの時一緒にいたことや、あの時感じた愛は確実にあった。嘘だったの?なんて、嘘なんてどこにもないよ。
2人とも僕から同じような別れ方を切り出して別れてしまったけど。それも嘘じゃないんだ。なんにも嘘じゃないんだ。



だから、寂しくなった時にばかり思い出してごめんね。

僕は忘れはしないよ。

君と付き合っていたあの日のことは僕は多分一生忘れることはないだろう
なんせ僕の人生で今でも1番幸せだったものになっているから
思い出になってしまったことは月日が経つにつれ美化されるけど
これからもきっと君との出会いを素晴らしかっと思うに違いない

君はあれからどんな思いをしながら生きているのでしょうか
僕は多分次の彼女ができるまで君を好きでいると思う


ああ 君よ幸せであれ

池袋の方まで行けば君の家まで通った道のりをみてまた思い出すだろう。
あの夏の日。

君と、あの子よ。どうか幸せであれ。

あなたを守るそんな偉大な力さえ手に入れられると思ったのは本当なんだ


みんなこのブログにどうやって辿り着くのか、なんて検索して辿り着くのか。

最近見られた記事の中に5年前の正月のものがあったから覗いてみたらこんなこと書いてあった。

image



おれらしくて元気出るけどさ、毎年こんなこと言ってんだなって思った笑

今までちゃんとした目標とかも持っていなかったからなんとなく、「今年は!今年は!」みたいなとりあえずよくなるようにみたいなことばっかり思ってるんだと思う。

道を作ってるよ、なんて嘘っぱちだったけど、結果、道になって僕は30歳手前で今こんなことしてる。

5年前の僕が今日までの道を作ったとは到底思えない。
けど、ずっと好きなやりたいことをやってきたから今ここにいるとは思える。

これからやることに大しては無駄だったように感じることばかりだけど、なにも無駄ではなかったんだよなあ。
28歳になるまで結局動けなかったんだから。そうなるしかなかったんだ。


この前2017を振り返ろうとブログを書き始めたんだけどやっぱり気が乗らなくなっちゃって下書き保存にしてお蔵入り。

ここでしか僕のこと知らない人ももしかしたらいるかもしれないから今なにやってるのかとも書きたいなとか思うんだけど、ここで書けるのは思いが募り過ぎた時だけだ。ツイッターみたいにおちゃらけて書けない真面目な気持ちだけだ。



一つだけずっと書きたかったことがあるとすれば家族についてかな。

大晦日、元旦には実家にいて家族と過ごしました。
実家に帰る、ということについても始めてで、みんなが帰るその意味、僕も感じました。実家に帰るなんて僕は大した距離ではないけれど、それでも家族と会うということに大して、前とは違う気持ちになりました。会いたいと思いました。
本当は、本当は、僕は年越しはいつもどこかでハッチャケてて、今年そういう年越しがしたかったんだけど、でもそういうことする友達がもうみんな家庭持っちゃったりでいなくなってちゃって、仕方なくじゃあ家でゆっくりしようという感じでした。
ダラ〜っとテレビを見ながら除夜の鐘が鳴り、そこには年越しまで持たずに眠ってしまった父と、眠いのに頑張って起きているお母さんが一緒にいました。
あけましておめでとうなんて言葉と言わずになんとなく0時を回り、平成30年になりました。
その前、父は酔っぱらってまた僕にちゃんとした仕事に就けだの言っていました。前と言っていることが違うな〜と思ったけどもう大丈夫です。そんな風に思ってるのは当たり前でずっと心配してるってことだよね。でもそれ聞いて、やっぱり家を出てよかったなとも思えたし。そんなの毎日言われてたら嫌になるし、そういうの言われたくないから出たってのもあったし。
まあなんとか1人暮らしではないけれど、父が作った家に守られることなく、僕は僕の力で生き始めたよ。
家を出て父が今までしてきたことの偉大さも本当に感じられたし、本当によかった。
だって家もそうだけど、家にあるものすべて父が働いて手に入れてきたものだったりするわけだし。だから、夢とかじゃなくても、きっと父は父でこういうことをしたかったってのもあると思うし、すげーなって思えたよ。おれは今やっすいボロいアパートに住むので精一杯で、もしも僕が体調を崩せばもう僕はおしまいみたいな生活を今している訳だから。そういうことも感じられて、29歳でやっとだけど、よかったよ。
って。




なんだか今日は寂しくて、久しぶりにあの娘に連絡したいなって思っちゃいました。

元気でいますか?
たまにインスタであなたの顔を見かけます。元気になりましたか?
君が言ってたように僕は家も出たし、かなり環境が変わったんだ。
って。たまには話を聞いてくれよ。なんて。すごい自分勝手だよね。いつも。
僕もやっと1人に慣れてきたから、君には連絡したくないんだ。優しくしてもらえたら嬉しいけど、優しくされたらもう甘えん坊になってしまうから。
さよならさ。
また会えますように。
また会えますようになんて、どうかしてるみたい。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
最新コメント
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ