この世界の片隅に

人間は思い出に別れを告げることはないと僕は思うわけで。その中で、僕は自分のしてきたことや、やってきたことを常に笑って生きて行けるようなそんな人生を僕は一生過ごしていきたいです。

面が減らる


今の自分、ああ超メンヘラだ
全然かっこよくない
最低
なにがしたいのかわからない
って思う。
わかってる。

けど感情に身を任せて、前にもあったなって

おれいつもこうだな こうだったなって

好きってこれでいいの?
これがおれの好きの表現なの?

それは最低だ



ただ、いかないで欲しい
離れないで欲しい
諦めないで欲しい
一緒にいて欲しい


それは好きなのか、それが好きなのか
なにが好きなのか

面が減らる


ほんとは僕こんなんだよ
こんなんだし、いやほんとはもっといいとこもあると思う

こんな言い方しかできなくてごめん

それでも、これは好きだし、愛情表現なのかと思う 怖い えっ それは違うでしょ
こんな言い方しかできなくてごめん

それでも好きだ

なにが好きだ

好きじゃないのならいなくなってくれ
おれの気持ちを連れて 持って帰ってくれ
どこかに捨ていい おれにわからないように捨ててくれたらありがたい

全然よくないと思う
魅力もない
これじゃあダメなのわかってる
よくないもん

でもどうすることもできないのも嫌だし
可能性はおれにあればあるし
そう気持ちだけは思ってる 相手のことなんて知らない だからついて来ない 引くよ
どうしたらいいの
気持ちは捨てて
無になって
逝けばいいの

嫌いだ
なにもかも
世の中の
うまくいかないところ
恋愛の、2人がうまくいかないことも
なんでだ
大嫌いだ
面白くないし詰まらない

幸せをくれよ
喜びをくれよ
愛してくれよ


くっそだ

知らない


想いはずっと残ること、知っている。
二度と会えなくても。
終わりの先に長く長く続く知らない景色。
だから、さよならはまだ言わないで。
物語は続く、絶望を連れて。
寂しいのは生きていても、死んでいても同じことだ。その手繋いでまた歩こう。
海辺でそっと思い出す。
明日が来る。
涙焦がすように。
終わりのその先に遠く遠く伸びるしぶとい景色。
だから、さよならまだ言わないで。
温もりが消えるその時まで。

何も聞いてくれない君に僕はどんなことが言えるだろう。夜を越えて。
止まる胸の音に高く高く響く思い出がある。
さよならもまだ言えないで物語は続く、絶望のそばで。温もりが消えるその時まで。
さようなら。

あんなに近づいたのに遠くなってゆく


もういいよ、もういいよ。
あんなに近づいたのに遠くなってゆく。
大丈夫。
ちょっとゆるやかに だいぶやわらかに
かなり確実に違ってゆくだろう。
もう大丈夫。別に。
寝息声遠くに逃げてあの娘と僕とさようなら。

3日後に忘れる。すぐに忘れる。考えなければ。余裕。そうね。そうね。君は言う。


髪の毛の匂いを嗅ぎあってくさいなってふざけあったり。心が割れる音聴きあって馬鹿だなって泣かせあったり。くだらないの中に愛が。

子供の僕はさようなら。
さようなら。さようなら。さようなら。
もう二度と。大嫌い。私を好きじゃないのならば。

君が笑えば解決することばかり。
僕が笑えば解決することばかり。

考えない。
もう考えない。いらない。いない。最初からいない。そんな人いない。好きな人なんていなかった。初めから誰も好きじゃなかった。
そうね。そういうことにしときましょ。

さよならだけの人生か


つまんな過ぎる
もう人生つまんな過ぎる

服やりたい

楽しくなりたい
嫌なこと起きないで欲しい いなくならないで欲しい

希望がない

私を好きじゃないのならば


やっぱ無理かも〜 31歳

この気持ち久しぶり過ぎて辛い。
別れたくないな。誰とも。
誰もおれの前からいなくならないでくれ。
ずっと好きでいてくれ。離れないでくれ。

くだらな過ぎる。つまらな。

ほんとつまらな。
誰にも会いたいとも思わない。

つまらな。人生つまらな。

俺よ届け


ああやっぱりやっぱりつまらないよ
君からラインが来ないから

ああ、負けた

離れないでくれよお


こんなこと考えてる間は
なにも進まない日々で嫌だ
無意味だ
ベッドに寝転がって

ただ、あああああって
なにもやってこない
なにも変わらない
なにも起こらない

ただ自分の気持ちだけが起こるだけ

悲しい、虚しい、不甲斐ない
なんなんこの気持ち

超いらない


あと家にいるとめんどくさくてもうなにもしない ご飯も食べない 冷蔵庫に入っているビールをひたすら飲むだけ

もう最悪

こいのうた


せっかく好きになったのに
今日でもうさようなら
君のこと少しずつかわってきたばかりなのに

とっても楽しかったのに
今日でもうさようなら

なんて歌詞をまた思い出す。
なんでだー なんでだー
なんだか悔しい
こんな気持ちになるなんて
こんな気持ちにさせられてしまうなんて


ほんとにいいやつだな〜
そういうところも

さみし

誰かを愛することなんてできるかな こんなに醜い僕だから


最近、心が汚すぎるのでどうにかして欲しい

今朝聴いたGOING STEADYのTHE BRIDGEがとてもよかった

おれは汚れているなと
そんなことにもボーッと

30さい


大人とか、歳をとったとか、いろんなことを知ったとか、超くだらない。偉そうにすんな。

純粋とトキメキほど素敵なものはないし、無くしたらもう二度と手に入らないぜ。

でももう無くしてしまったかもしれない。
知ってみたかったから。大人とか、歳を取るとか。それすら子供。

クソみたいになっちまったみんなみたいに。
つまらん。つまらん。

さよなら前夜


早く奥さん見つけよう
そう誓う
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
最新コメント
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ